infy [インフィ]

鼻の中にタンコブ・・・?「鼻茸」ができるメカニズム

鼻の中にタンコブ・・・?「鼻茸」ができるメカニズム

鼻の中にタンコブができた!?それ、「鼻茸」っていうんです。そのメカニズムや改善策を紹介します。

| 1,723views
お気に入り追加 0
鼻が詰まる、違和感があるといった症状、
それ、「鼻茸」かもしれません。
今回は、鼻茸ができる原因や
改善策について詳しく紹介します。

鼻茸って一体何なの!?

鼻を押さえる女の子1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

鼻茸とは、別名鼻ポリープともいい、
名前の通り鼻の中にできる
ポリープのようなものです。

悪性ではないので命に別状はありませんが、
あると日常生活に支障をきたすこともあります。

実は、小さい時は自覚症状がほぼないので、
鼻茸ができていても気づかない場合もあります。

鼻茸は、副鼻腔という鼻の奥にでき、
鼻の粘膜の一部が膨らんで、
白くブヨブヨとした塊になっています。
名前の通り、見た目はキノコのように見えます。
鼻茸とは、鼻の奥にある空気の通り道「副鼻腔」という空間にできる良性のポリープのことをいいます。

鼻茸ができるメカニズムとは?

鼻を押さえる女性|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

では、どうして鼻茸は
できてしまうのでしょうか?
鼻茸の大きな原因は、ズバリ鼻炎です。
風邪や鼻炎を放っておくと、
鼻の粘膜が刺激を受け続けてしまいます。

そうなると副鼻腔炎の状態が続いて、
鼻の粘膜の血管が腫れてしまい、
鼻ポリープに成ってしまうのです。

しかし、鼻炎を放置していても
鼻茸ができない人もいて、
個人差があります。

鼻の穴の空間が狭い人はなりやすいので、
赤ちゃんや小さい子供、
鼻づまりを起こしやすい人は注意が必要です。
副鼻腔粘膜や、鼻腔の粘膜が長い間に刺激されることによって、炎症を起こし細菌を増やしてしまうのです。
そのため、粘膜の血管が拡張し鼻の中にキノコのように膨れた異物が出来上がります。これが鼻茸なのです。

鼻茸に改善策はないの?

外国人女性16|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ただの鼻づまりだと思って
放っておいたら、
実は蓄膿症や鼻茸だった
ということもあるので、
改善策を実践しましょう。

さらに、鼻茸は大きくなってしまうと
鼻が変形してしまったり、
最悪呼吸困難を起こすこともあります。

具体的な改善策としては、
病院に行くのが最も簡単です。
病院に行けば、鼻茸に効果的な抗生物質や
ステロイドの塗り薬をもらうことができます。

鼻茸が大きい場合は、
レーザーで摘出手術をすることもあります。
あまりにも鼻づまりが続いて
おかしいなと思ったら、
早めに病院に行きましょう。
比較的軽症の鼻ポリープや急性副鼻腔炎などの場合、保存的治療として抗生剤や消炎酵素剤などを処方することがあります。ほかにも、抗生剤や血管収縮剤を含んだ薬液を霧状にして鼻などから吸い込んで鼻腔や副鼻腔に送り込むネプライザー療法が行われることもある
単なる鼻づまりだと思って放っておくと、
実は深刻な鼻茸だったりすることがあります。
おかしいなと思ったら早めに病院へ行って、
改善策を講じるようにしてください。
14 件

このまとめのキーワード