infy [インフィ]

介護福祉士になるには。取得するメリットや受験資格について解説

介護福祉士になるには。取得するメリットや受験資格について解説

介護の資格の中で数少ない国家資格である「介護福祉士」。介護福祉士は高度な知識や技術を生かして、介護の現場で働くことが出来ます。

| 2,052views
お気に入り追加 0

介護福祉士とは

「介護福祉士」とは、「社会福祉士及び介護福祉法」により定められた国家資格です。
そのため、資格を取得するまてに必要な知識と技術を習得し、必要な単位をクリアしなければ
国家試験の受験資格を取得することもできません。

高齢化社会である現代、介護を必要とする人がますます増えていくことが予測されます。
それに伴い介護施設も新設され続けているため、今後、活躍できる場がさらに広がることが予測される資格です。

高度な介護の知識と経験を持つ人だけが取得できる国家資格

「介護福祉士」は名称独占の国家資格です。

介護福祉士の仕事は、おむつ交換や食事介助などの日常生活援助はもちろん、口の中の喀痰吸引、
鼻の中の喀痰吸引、気管カニューレ内の喀痰吸引、胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養、
経鼻経管栄養の医療行為を行うことが出来ます。

そのため、高度な知識と技術を習得することになります。
どの医療行為も行える範囲が決まっているため注意をする必要はあります。

リーダーとして介護の現場で活躍できる

「介護福祉士」は高度な介護の知識と技術を習得しているため、介護の現場ではリーダーを任させることもあります。

介護現場のリーダーは特に設置義務はありませんが、現場だからこそ司令塔となるリーダーと言う存在が必要になります。

そのため、責任も大きくはなりますがやりがいも感じます。

また、リーダーは高度な知識や技術だけではなく、人をまとめる能力やスタッフと信頼関係を築くことが
大切であるためコミュニケーション能力も求められます。

さまざまな福祉の現場で働くことができる

「介護福祉士」の資格を取得していると、介護施設や医療機関で働くことが出来ます。
介護福祉士は介護が必要な人に対しておむつ交換や、食事介助などの日常生活援助や、スタッフの指導や
他の職種との連携をとります。

介護を必要とする人は増加しており、介護施設などの福祉施設もたくさんあります。
そのため、介護福祉士という資格を取得していると、高度な知識や技術を習得しているため引く手あまたです。

働くには、資格取得後に登録申請が必要

「介護福祉士」として働くためには、資格を取得後に「登録申請」を行う必要があります。

登録申請ができる条件は、「介護福祉士国家試験に合格をしていること」、「介護福祉士の養成学校で所定の科目を修了して卒業(修了)していること」、「欠格事由に該当しない事」です。

どちらの条件も満たしていれば、必要書類(登録申請書、登録免許税(収入印紙)、登録手数料「振込払込証明書」添付用紙、登録手数料「振込払込証明書」添付用紙等、介護福祉士の養成学校等の卒業(修了)証明書、「戸籍抄本」か「戸籍の個人事項証明書」または「本籍地を記載した住民票」のいずれか1点)を提出して登録申請の手続きを行うことが出来ます。

詳しくは、「公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページ」を確認してください。

介護福祉士になるには、3つのルートがある

「介護福祉士になろう」と決めても、実際にどのような方法で資格を取得できるのかわかりませんよね。ここでは、「介護福祉士」資格を取得するための3つの方法をご紹介します。

実務経験ルート

一つ目は「実務経験ルート」です。
この方法は、実務経験を積みながら資格取得を目指します。

まず、「実務経験3年(従業期間が1,095日以上でかつ、従事日数が540日以上)」で「実務者研修を修了」する必要があります。

従業期間と従事日数は両方とも条件を満たす必要がありますが、試験実施年度の3月31日まで通算することは可能です。

従事日数などの細かい規定や、日数の計算は「公益財団法人社会福祉振興・試験センター」で確認してください。

養成施設ルート

二つ目は「養成施設ルート」です。
高校卒業後に「介護福祉士養成施設(2年以上)」、「福祉系大学等」、「社会福祉士養成施設等」、「保育士養成施設等」のいずれかに進学をします。

「介護福祉士養成施設(2年以上)」に進学をした場合、「福祉系大学等」と「社会福祉士養成施設等」は卒業後に「介護福祉士養成施設(1年以上)(社)」に進学をし、「保育士養成施設等」は卒業後に「介護福祉士養成施設(1年以上)(保)」に進学をする必要があります。

いずれかを卒業後をすると、「平成28年度までに卒業した人」は介護福祉士に登録することができます。
「平成29年~33年度までに卒業した人」は「筆記試験」を受けるか受けないかを選択をします。
「筆記試験」を受けて合格した場合、介護福祉士に登録をすることができます。

不合格だった場合と筆記試験を受験しなかった場合は、介護福祉士資格を取得することはできますが
「卒業後、5年間の期限付きの登録」をすることはできます。

そこからさらに「5年間の継続勤務」をするか「筆記試験」を受けると、正式に介護福祉士に登録をする
ことができます。「平成34年度以降に卒業をした人」は、「筆記試験」を受けると介護福祉士に登録をすることができます。

卒業をした年度で登録までの手順が異なるため、自分が何年度に卒業をしたのかを確認をして、
それに合った登録手順で登録をすることになります。

福祉系高校ルート

三つ目は「福祉系高校ルート」です。

福祉系高校ルートの場合、「平成21年度以降に入学した人」は「新カリキュラム」になり、
筆記試験に合格をすると介護福祉士に登録をすることができます。

「特例高等学校」に「平成21年度以降に入学した人」は、「実務経験9か月以上」が必要であり、
「介護実技講習」を受けてから筆記試験を受験する場合と、「介護実技講習」なしで筆記試験を受験する
二つのパターンがあります。

どちらも筆記試験に合格をすると介護福祉士に登録をすることができます。

介護福祉士を取得するメリットとは

国家資格である「介護福祉士」の資格を取得するメリットはいろいろあります。
例えば、介護福祉士資格は国家資格であるため、一度、取得してしまえば全国どこでも働くことはできます。

国家資格を持つことで、キャリアアップが望める

「介護福祉士」は介護の資格の中で唯一の国家資格であるため、資格がない状態で働くよりも
キャリアアップを望めます。

国家資格を取得するまでに必要な高度な知識や技術を習得するため、職場で責任あるポストを任されやすくなります。

また、他の資格を取得したいときに介護福祉士資格を取得していることで、免除される科目などもあります。

介護現場で責任者として活躍。昇給も期待できる

「介護福祉士」の資格を取得していると、介護の現場で責任者などのポストで働くことができます。
また、介護福祉士の資格があることで昇給も期待でき、正社員として採用されることも多くなります。

専門知識が増えることで、仕事のやりがいに繋がる

58 件

関連するまとめ

誰でも受講できる、介護職員初任者研修。介護のプロへの第一歩

誰でも受講できる、介護職員初任者研修。介護のプロへの第一歩

| 2,017views
介護の資格。介護の仕事で役立つ資格とその取り方

介護の資格。介護の仕事で役立つ資格とその取り方

| 1,311views
介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

| 2,068views
介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

| 2,645views
介護の仕事の志望動機を書くときのポイント、面接での伝え方とは

介護の仕事の志望動機を書くときのポイント、面接での伝え方とは

| 2,507views

このまとめのキーワード