infy [インフィ]

看護師が語る!オペ室で起こった信じられない出来事3選

看護師が語る!オペ室で起こった信じられない出来事3選

今回、看護師が見たオペ室で起きた信じられない出来事を厳選して紹介させて頂きます。

| 10,792views
お気に入り追加 0
病院の中で手術が日々行われており、
看護師もその最前線に携わっています。

そんな中、オペ室では時として
誰もが予想だにしていない
出来事も起きたりします。
今回はそれを知って頂けたらなと思います。

恐怖!手術器械の使い回し!?

手術を行う上で手術器械や患者の肌の清潔、
不潔というのは厳しい所があります。
看護師以外の医療現場に携わっている方も、
それは何となく理解できると思います。

ところが、中には手術器械や注射薬を未滅菌で
使い回すケースも存在しているのです。
これではオペ室の衛生管理も疑われてしまいます。
手術器械の使い回しが行われる原因の一つに
高価で揃えるのが大変というものが挙げられます。

予算の都合というもので簡単に洗って、
消毒剤で簡単に消毒する、
注射器の使い回し部分の撤廃や
ハンドピース先端チップの
交換だけ行う場合もあります。
酷い場合は洗浄もしないという
ケースもあったりします。

何かあってからでは遅く、
リスクを回避するためにも
衛生面を徹底するのは大事です。
特に手術室なんて、医師たちと器械出しと外回りナース二人だけの密室の世界。ナースが口をつぐめば決して表には出ない事故や事件が沢山あります。

技術の伴っていない医師の手術

医学は発達しており、
平均寿命延びている昨今ですが、
医師の技術がそれに伴っていないという
看護師の声も多いです。

例えば、直腸がんにおける腹腔鏡手術の場面で
経験の浅い医師が手術に立ち会った際、
手つきがぎこちなく、前立腺を傷つけてしまい、
オペ室が騒然としたケースがあります。
出血が止まらず、緊急輸血が必要に至ったそうです。

他にも開腹手術ですぐに済むはずが
腹腔鏡手術で誤って
切ってはいけない所を切ってしまい、
1時間で済む手術が10時間も
かかったという話も存在します。

これは新人に限らず、
ベテランの医師でも新しい手術方法に
慣れていないケースもあるため、
オペ室には様々な
リスク管理が必要となります。
信頼できる病院・医師を
見つけることが大事です。
どれだけ医学が進歩しようが、治療する医師に技量がともなっていなければ、患者にとって意味はない。そして、実はそんな医師が山ほどいる。

麻酔科医の嫌がらせがあった

オペ室で麻酔科医とコミュニケーションを
取った際の出来事になります。

今回のケースはオペ室にて
看護師が患者に離皮架と呼ばれる
顔にシーツが当たらないようにする棒を
かける時に麻酔科医は指が挟まったふりを
行うというものです。

看護師は冗談を止めるように
麻酔科医に注意した後、
麻酔科医は逆上するという驚きの行動を取ります。

その後、その時いた同僚と直属の上司に
看護師が報告した結果、
麻酔科医の異動が決定したのです。
今回は看護師が語るオペ室で起きた
信じられない出来事を3つ紹介しましたが、
いずれも許されるものではないです。

人の命の大切さについて
考えていかなければならないと思います。
13 件

関連するまとめ

オペ室で働きたい!手術看護認定看護師になるためには

オペ室で働きたい!手術看護認定看護師になるためには

| 2,344views
知っておこう!担当別の労働環境の違い

知っておこう!担当別の労働環境の違い

| 1,796views
オペ室での補佐だけじゃない!オペナースとして働く看護師に大切なこと

オペ室での補佐だけじゃない!オペナースとして働く看護師に大切なこと

| 3,653views
【あるある】手術室看護師の実態!!

【あるある】手術室看護師の実態!!

| 20,669views
看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

| 3,010views

このまとめのキーワード