infy [インフィ]

結婚式をしない人が増えている?!結婚式をやりたくない人に、結婚の思い出を残すためにどんな選択肢がある?

結婚式をしない人が増えている?!結婚式をやりたくない人に、結婚の思い出を残すためにどんな選択肢がある?

最近、結婚式をしたくない人が増えていて、お金を掛けないで結婚式をする「スマ婚」や「ナシ婚」などの言葉もよく聞きます。結婚式をしなくても後悔しないために自分の予算や自分の満足のいく結婚の思い出を残しておきたいですよね。

| 1,895views
お気に入り追加 0
結婚は人生の中で大きな区切りですし、結婚式で、たくさんの人に祝福され、一生に一度になるかもしれないイベントです。それに女性は一生に一度のウエディングドレスや和装の白無垢や色打掛を着ることに憧れますよね。結婚式は自分たちが主役になれる晴れやかな舞台ですし、両親や大切な友人などに囲まれて祝って貰いたいです。

しかし最近は結婚式をしないカップルも昔に比べて増えていて、「ナシ婚」という言葉もよく聞くようになりました。また大きな費用を掛けないでシンプルに結婚式をする「スマ婚」もあります。結婚式をしないカップルは半数くらいにも増えてきています。結婚式をやらない理由やメリット・デメリットなど後悔しないためによく自分に合ったプランを立てることが大切です。

結婚式をやりたくない理由とは

結婚式を彼か彼女、一方がしたいと思っていても、一方があまり乗り気でない場合もありますよね。お互いの意見がありますので同意して決めていくことが大事です。結婚式をしたくない相手に嫌々、結婚式をして貰っても嬉しくないし楽しめません。でも、ほとんどの親が子供に結婚式をして欲しいと思っているはずです。

結婚式をやりたくない理由をあげてみましょう。

費用が掛かる

結婚式に掛かる費用の総額は200万~250万が一番多く、挙式や披露宴また衣装などにお金が掛かります。ご祝儀を貰えることを計算すると自己負担額は50~100万くらいになるのが一番多いようです。

結婚すると、他にも考えなくてはならないのが、ハネムーンや結婚生活への準備費用などです。結婚資金をしっかり独身時代から準備している人や両親から出費してもらえる人はいいですが、このような大きな出費で結婚式貧乏になるなら、やらない方がいいと思う人も少なからずいるはずです。

結婚適齢期を越えている

他に結婚式をやりたくない理由として挙げられるのが、年齢があります。

日本の初婚平均年齢は、年々上がっており、特に都会では上がっています。
2018年の男性の初婚平均年齢は30.7歳、女性は29.0歳です。周りの友人がもう結婚していて大きな子供がいたりして、結婚式を呼ぶのに躊躇してしまうこともあるかもしれません。

目立ちたくない

結婚式では、自分たちが主役になって皆に写真を取られたり、皆にスピーチをしたり、皆の前で両親に手紙を読んだりしもするでしょう。挙式では誓いのキスを皆の前でしますし、みんなシャッターチャンスを待っています。恥ずかしいな、と思う人や自分が表に出ることが苦手な人もいるでしょう。

準備に時間が掛かる

結婚式をすると決めてから半数以上の人が半年以上掛けて準備をすすめています。式場の手配、招待客のリストアップ、受付やスピーチをお願いする、招待状の発送、衣装やヘアメイク選び、当日のビデオ撮影や写真、料理や飲み物、演出の仕方、引き出物を決めるなど何度も打ち合わせをしなければなりません。

結婚式、当日のために花嫁はダイエットをしたり、エステや脱毛に通ったりすることもしておきたいですよね。

結婚式はやりたくないけど、これだけはやっておきたい!

結婚式をしたくなかったけど、して良かったという人もたくさんいます。結婚式をするメリットとして、親に感謝の気持ちを伝えられることや結婚式をすることで結婚したという実感が湧く、一生に一度ウエディングドレスを着てみたい、皆に祝福されるなどメリットはたくさんありますので、後悔はしないようにしたいものです。

ウェディング写真

結婚式をしないとしても、写真にはウェディングドレス姿や和装の衣装も着て思い出に残したいですよね。

ウェディング写真の撮影はスタジオだったり公園、神社、海辺であったり、自分の好きな場所を選べたりしますし、プロのカメラマンに撮ってもらうので素敵な写真に仕上がります。結婚式で和装を着ない場合は、和装のウェディング写真を撮っておきたいものですよね。

新婚旅行

結婚式はしたけれど、新婚旅行には行っていないという人もいるかもしれませんが、結婚して子供が生まれて、子育ての時期になると、なかなか海外旅行へ行く機会が少なるかもしれませんので新婚旅行には行っておきたいですよね。独身時代は、海外旅行が楽しみで年に何回か海外に行っていた人は、今まで行ってみたかったけど、なかなか行くことのない国に行くのもいい思い出になりますでしょう。

カップルによって選ぶ場所は大分違いますが、メジャーな旅行先はもう既に行ってしまっていて普段なかなか行けない場所をハネムーンの場所として選びたいという人もいます。海外へのハネムーンの人気先はハワイやイタリア、フランス、モルディブ、グアムなどがあります。国内では沖縄や北海道といったところが人気なようです。

両親や親戚との挙式や会食

挙式と披露宴の違いを知っていますか?挙式は結婚の儀式ですが、披露宴はいってみれば皆の前でお披露目するパーティーのことです。

大きな披露宴はしたくないけど、挙式に家族や親戚を呼んで、挙式が終ってから会食するのもありです。今は披露宴をせずに挙式と会食のみのプランもあるので、結婚式をして思い出は残したいけど披露宴はしたくない人にはおすすめです。

費用を抑えてお手軽に結婚式

会員制結婚式

大きな披露宴をするとオプションで衣装や引き出物、料理、司会など出費がどんどん増えていきます。会員制の結婚式はカジュアルパーティースタイルで、食事も立食やビュッフェで出費を抑えられます。

通常、式と披露宴でのご祝儀の相場は一人3万円位ですが、会員制は経費が安く抑えられますし招待される側も出費が少なくて済みます。形式にこだわらずアットホームな感じのパーティーにしたいという方には出費も抑えられておすすめです。

小さな結婚式

家族や親しい友人だけでの小さな結婚式をすれば費用がかなり安く抑えられます。

結婚式をするのには通常、半年くらいは準備に時間が掛かりますが、小さな結婚式は準備に時間を掛けずに行うことが出来ます。大きな披露宴をする場合は、友人や知人に余興を頼んだり、司会を頼んだりと打ち合わせにとても時間が掛かります。

旅行先での挙式

日本で結婚式を挙げなくても、ハネムーンと挙式をセットにしたプランもおすすめです。ハワイなどが人気ですが、費用をもう少し抑えたい場合にはグアムやサイパン、バリは少し安くてすみます。

といっても、旅費と海外での挙式で値段はかなり高額となりますし、2人だけで挙式をするか両親や親戚の人達が海外にまで来てくれるかどうかにもよりますが、シンプルにすれば安く抑えられます。

まとめ

32 件

関連するまとめ

結婚の決め手って一体なに?失敗しない男性の選び方とは?

結婚の決め手って一体なに?失敗しない男性の選び方とは?

| 2,283views
席次表はどうしている?結婚式での席次表の作り方

席次表はどうしている?結婚式での席次表の作り方

| 4,571views
平日の結婚式はどう?平日に結婚式を挙げるメリット・デメリット

平日の結婚式はどう?平日に結婚式を挙げるメリット・デメリット

| 3,847views
結婚したいけど、デメリットが。慎重な結婚が長続きするコツ!?

結婚したいけど、デメリットが。慎重な結婚が長続きするコツ!?

| 6,807views
結婚する理由って。なんで結婚したい人が多いの?

結婚する理由って。なんで結婚したい人が多いの?

| 5,770views

このまとめのキーワード