infy [インフィ]

こんな激務、耐えられない...新卒看護師が「辞めたい」を乗り切る方法

こんな激務、耐えられない...新卒看護師が「辞めたい」を乗り切る方法

「辞める」かどうかの判断と「辞めない」場合の考え方を少しお伝えしたいと思います。

| 948views
お気に入り追加 0
「辞める」かどうかの決断は客観的な視点が
必要となってきます。
後悔しないためにも適切な判断を行い、
乗り切るのか得だという結論が出たら
対応力をつけていきましょう。

もう、無理! その決断を後悔しないかどうかじっくりと考えること

まず、自分が今「辞めたい」と思っている原因を
客観的に考えてみることです。
今、あなたの置かれている状況は自分だけ
特別なものなのでしょうか。
他の人も乗り越えることが出来ない程のものでしょうか。

現状と辞めた後のことを冷静に比較したらどうでしょう。
辞めた後のプラスのほうが明らかに大きくなるでしょうか。
「辞めたい」と思ったのは感情的で一時的なものではないでしょうか。

今の職場が自分を採用してくれた意味と
「辞めたい」という気持ちが安易なものではないかどうか、
冷静にゆっくりと考えてみることが重要です。

辞めることが正解の場合はこんなケース

でも、だからといって辞めることへの
後ろめたさだけを過大に考えてしまい、
続けることが不幸な結果を生んでしまうことがあることも事実です。

激務と感じている労働時間や業務量など、
自分の負荷が過大だと感じていることを
客観的に整理してみましょう。
それが標準的なものとくらべて
明らかに過大である場合は「辞める」理由になりえます。

また、人間関係も「辞める」理由として
大きな割合を占める1つです。
明らかなハラスメント的な要素がある場合、
回避、解消できる方法が見つからない場合は、
そこから離れることが最良の解決手段になります。

「辞めたい」を乗り切る方法は?

まずは自分が「辞めたい」と思った理由を
人に話してみることです。
同じ職場や看護師以外の人に
自分の素直な気持ちを吐き出してみましょう。
聞いてくれた人の反応によって、
自分の「辞めたい」という考えが妥当なものか
どうかの判断がつくことと、話すことで
自分自身が気づくこともあります。

人間関係が「辞めたい」原因の場合に
考えるべきことをいくつかあげると、
時間によって改善される人間関係もあること。
味方となる信頼できる人の存在があるかどうか。
問題となっている人間関係を
自ら改善する意義を見いだせるかどうか。
など、解消、打開の方法は思っている以上に
あることが多いものです。

なによりも、自分自身の心身が健康で正常で
あることが第一です。
食事と睡眠を十分にとって、冷静で客観的な視点で
自分を見つめてみること重要です。
「辞めたい」という気持ちは社会に出たら
誰もが経験することです。
多くの場合は「辞めない」決断が正しいことがほとんどです。

現実を冷静に分析して結果がプラスになる
行動を選び取りましょう。
11 件

関連するまとめ

【必見!】激務にやられないための上手なオン・オフの付け方

【必見!】激務にやられないための上手なオン・オフの付け方

| 785views
小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

| 562views
夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

| 651views
氏名が変わったら必要な看護師免許の変更手続きの方法と注意点

氏名が変わったら必要な看護師免許の変更手続きの方法と注意点

| 1,177views
無理なく続けることはできる?喘息のある看護師の働き方とは

無理なく続けることはできる?喘息のある看護師の働き方とは

| 1,227views

このまとめのキーワード