infy [インフィ]

ナース服にもルールがある?ナース服を選ぶ時の注意点

ナース服にもルールがある?ナース服を選ぶ時の注意点

最近は様々な種類・デザインのナース服がありますが、どんなナース服でも選んでいいわけではありません。ナース服の種類や、ナース服を自分で選ぶ際の注意点などについて紹介しますので、参考にしてくださいね。

| 7,818views
お気に入り追加 0
看護師は仕事をする際ナース服の着用をします。
最近は、白衣だけでなくスクラブなどのナース服もあり、皆さんも仕事のときは着用しているでしょう。

多くの病院では、自分のサイズに合ったナース服を病院側が用意してくれています。
しかし、中には自分でナース服を用意しなければならない病院もあるでしょう。
また、用意してくれているナース服だけでは足りず、自分で何着か用意しなければならない場合もありますよね。

今は看護師の通販サイトなどで、様々な種類のナース服が販売されています。
しかし、ナース服を選ぶ際に、守ったほうがいいルールがあるということをご存知ですか?

ナース服の種類や、ナース服を自分で選ぶ際の注意点などについて紹介します。
購入する前に必ず確認しておきましょう。

簡単にナース服の種類をご紹介!

最初に、ナース服の種類について紹介します。皆さんは、どの種類の白衣が好みですか?

スクラブ

スクラブは半そでで首元がVネックになっている白衣を指します。
海外の医療ドラマなどで目にしたことのある方が多いのではないでしょうか。
最近では、多くの日本の医療施設でもスクラブが導入されてきています。

スクラブには「ゴシゴシ洗う」という意味があり、その意味の通りに生地が丈夫で、強く洗っても生地が傷みにくいという特徴があります。
清潔を保つ必要のある医療の現場ですので、スクラブは好評のようです。
また、ジャケットやワンピースよりもカラーバリエーションが豊富です。

ゆったりとしたデザインですし、ボタンやファスナーがないため着替えやすいです。
また、花柄やキャラクターがデザインされているスクラブも、小児科では人気が高くなっています。

ジャケット

最もよく使用されているナース服が、ジャケットとパンツがセパレートになっているタイプではないでしょうか。
大きなポケットがついていたり、腰の部分にベルトがついているもの、刺繍の入ったもの、丸襟のものなど、様々なデザインのジャケットが販売されています。
パンツタイプのナース服は動きやすいため、看護師に好評です。

最近では、白のジャケットだけでなく、ピンクや水色など、さまざまな色のジャケットも販売されています。
カラーバリエーションが豊富になってきたので、職種によって色を変えているという病院もあるでしょう。

ワンピース

ナース服と聞いて、まずイメージするのがワンピースタイプのナース服でしょう。昔から多くの病院で採用されていたデザインですよね。皆さんの中にも、ワンピースタイプのナース服に憧れを持っていたという方がいるかもしれません。

ジャケットタイプに比べると少し動きにくいというデメリットはありますが、体系のカバーができますし、夏はパンツタイプよりも涼しく着ることができます。
また、かわいらしいデザインということも、魅力的ですよね。

ナース服を選ぶ際の注意点とは

最近では、様々なデザインのナース服が販売されています。
自分でナース服を準備しなければならない場合、どのデザインを選ぼうか迷ってしまいますよね。しかし、選ぶ際に注意しなければならないことがいくつかあります。
紹介する注意点を守って、ナース服を選ぶようにしましょう。

透けにくい素材か

白やピンク、水色などの薄い色のナース服を準備する際、注意しなければならないことが「透けにくい素材か」ということです。
素材によっては下着の色が透けてしまうものもあります。

生地が薄くないかということだけでなく、透けにくい加工がされている白衣を選ぶといいでしょう。
実際に試着して購入することができればいいのですが、看護師の通販サイトで購入するのであれば、「透けにくい素材」「透けない加工をしています」などが記載されているナース服を購入するようにしてくださいね。

また、ワンピースタイプよりもジャケット・パンツのセパレートタイプ、スクラブの方が透けにくいものが多いです。
ワンピースタイプと指定されていなければ、ほかのデザインのナース服を選んだほうがいいかもしれませんね。

伸びがいいか

体位変換や移乗介助、心臓マッサージなどをする際、伸びにくい素材のナース服であれば動きに制限がかかってしまいます。
できるだけ、伸びのいい生地・デザインのナース服を選ぶようにしましょう。

乾きやすいか

医療の現場で働く看護師は、感染予防をするためにも清潔が第一です。
そのため、使用する度に洗濯をすることになります。
多くの病院では、病院でクリーニングをしてくれます。
しかし、中には自分で洗濯しなければならないこともあるのではないでしょうか。
次の勤務までに洗濯が間に合うよう、乾きやすい素材・デザインのナース服を選んでくださいね。

また、シャワー介助中などに、ナース服に水がかかってしまうことがあります。
自分でナース服を洗濯しなくていい方も、すぐに乾かすことができるように乾きやすいものを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

しわになりにくいか

無地の布24

無地の布24

記録をするときや病状説明に同席するとき、カンファレンスを行う時など、座る場面がいくつかあります。
どんなに気を付けて座っていたとしても、ナース服にしわが入ってしまうことがあるのではないでしょうか。
ナース服にしわがいっていると、清潔感があるようには見えませんよね。

ナース服を選ぶときは、しわになりにくい素材かということも確認しておきましょう。
ワンピースタイプよりも、パンツタイプの白衣の方がしわになりにくいですよ。

汗が目立ちにくいか

仕事中、患者さんの介助やナースコールの対応などを休む暇なく行うため汗をかきますよね。
素材によっては汗ジミが気になってしまうということもあります。
ナース服に汗ジミがあると、気になって仕事に集中できなくなってしまいますよね。

そのため、できるだけ汗が目立ちにくいナース服を選ぶようにしましょう。
特に、色のついたナース服を選ぶ際は、素材に注意してくださいね。

病院によってはNGなナース服

バツを持つ女の子

バツを持つ女の子

最近はかわいらしいデザインやおしゃれなデザインなど、様々なデザイン・種類のナース服がたくさん販売されています。
しかし、病院によってはNGなナース服があります。
NGになりやすいナース服を紹介しますので、購入するときは注意するようにしましょう。

黒色や赤色

53 件

関連するまとめ

できる看護師に愛用されている時計「ナースウォッチ」の魅力とは?

できる看護師に愛用されている時計「ナースウォッチ」の魅力とは?

| 10,772views
ナース用品はお得に、賢くナース用品専用通販で揃えよう!

ナース用品はお得に、賢くナース用品専用通販で揃えよう!

| 1,933views
長時間履いても疲れない!私に合ったナースシューズの選び方のマニュアル

長時間履いても疲れない!私に合ったナースシューズの選び方のマニュアル

| 4,391views
シフト制で働くナースにオススメのシフト管理アプリ5選を紹介します!

シフト制で働くナースにオススメのシフト管理アプリ5選を紹介します!

| 3,394views
なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

| 10,236views

このまとめのキーワード