infy [インフィ]

意識レベル評価指標、JCSとGCSの特徴をおさらい!

意識レベル評価指標、JCSとGCSの特徴をおさらい!

看護師なら覚えていて当然。JCS(ジャパン・コーマ・スケール)とGCS(グラスゴー・コーマ・スケール)の内容をおさらい!

| 3,382views
お気に入り追加 0
意識レベルの低下時には、低下の度合いを評価する必要があります。
いくつかある評価指標があり、数値により評価することで、
経過の確認や、院内での情報の共有に役立ちます。
そのなかで代表的なものが
1.JCS(ジャパン・コーマ・スケール)
2.GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)
です。

それぞれの特徴をおさらいしていきましょう。
きこえますかー?

きこえますかー?

JCS(ジャパン・コーマ・スケール)

意識障害のレベルを、痛み刺激や呼びかけに対する反応の有無などによって評価する分類方法です。
JCS主に、日本で使用されている指標であり、病院内で全体的に使われています。

JCSには、覚醒のレベルごとにⅠ~Ⅲの三段階があります。
Ⅰ~Ⅲのあとにある数字は点数です。

Ⅰ.覚醒している

Ⅰ-1.見当識は保たれてるが、意識清明ではない
Ⅰ-2.見当識障害がある
Ⅰ-3.自分の名前、生年月日が言えない

見当識とは、日付や時刻、今どこにいるのかなどの状況把握のことです。
見当違い、の見当ですね。

これらの状態は、覚醒してはいるが、状況が理解できないなど、異常がある状態ですね。

Ⅱ.刺激に応じて、一時的に覚醒する

Ⅱ-10.普通の呼びかけで開眼する
Ⅱ-20.大声での呼びかけや揺さぶりで開眼する
Ⅱ-30.痛み刺激を加えつつ、呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する

この状態では、患者さんは覚醒しておらず、刺激を加えないと目を開けない状態です。
数字が大きくなるにつれて、強い刺激が必要になります。

Ⅲ.刺激しても覚醒しない

Ⅲ-100.痛み刺激に対して払いのける等の動作をする
Ⅲ-200.痛み刺激で顔をしかめたり、手足を動かしたりする
Ⅲ-300.痛み刺激に反応しない

これらは、刺激を与えても目を開けない状態です。
Ⅲ-300では、痛み刺激を与えても反応さえしない、最終段階です。

JCSの+α判断基準

JCSは、覚醒状態かどうかを判断基準としていますが、それだけでは判断しづらい患者さんもいます。
そこで、以下の3つの状態にあった時には、これらの頭文字を後ろに付け加えます。
R.Restlessness(不穏状態)
I.Incontinence(失禁)
A.Akinetic mutism:無動性無言症、Apallic state:失外套状態

GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)

こちらは世界的に使われている指標で、E・V・Mの3つに分けられています。

E.Eye Opening(開眼)
V.Best Verbal Response(言語)
M.Best Motor Response(運動)

それぞれ見ていきます。

E.Eye Opening(開眼)

24 件

このまとめのキーワード