infy [インフィ]

収入ゼロにならない?看護師が産休を取るときに気になる、お金のこと

収入ゼロにならない?看護師が産休を取るときに気になる、お金のこと

看護師が産休を取った際の、給料の代わりに支給される手当についてご紹介します。

| 1,512views
お気に入り追加 0
産休を取っている間は看護師は給料をもらうことができません。

その代わりに支給されるのが手当です。
収入がゼロにはならないようになっています。

この記事では、産休中に貰える手当について解説します。

健康保険から支給される出産育児一時金

出産育児一時金は、健康保険から支給される手当で、
子供一人当たり約40万円もの金額を受け取ることができるため、
必ずチェックしておきたい手当です。

受け取りには2種類の方法があり、
直接支払制度と産後申請方式があります。

直接支払制度とは、健康保険から病院へ
直接出産費用が支払われる仕組みで、
病院で同意書に署名するだけで手続きをすることができます。

手持ちのお金がなくても
出産費用を支払うことができるため、
一般的にはこちらの方式がオススメです。

産後申請方式は、出産後に申請をして
給付を受け取る仕組みです。
この場合は出産費用は最初に病院へ自分で支払う
必要があるためまとまったお金が必要になります。

特に理由がない限り、直接支払制度を利用するのが無難です。

健康保険から支給される出産手当金

出産手当金も、出産育児一時金と同じく
健康保険から支給される手当です。

勤務先の病院の健康保険に加入していれば、
正職員やパート等雇用形態に関係なく
手当を受けることができます。

ただし条件があって、
産休後に職場に復帰することが条件となります。
また、扶養に入っていると対象外です。

受け取ることができる金額は、
「日給の3分の2×産休の日数」ですので、
例えば30万円の月収を貰っていて
産休を100日取った場合には約66万円が支給されることになります。

申請の方法は、出産手当金支給申請書に記入をして
健康保険組合に提出をします。

職場復帰の意思があるのなら、
こちらも必ず申請しておきたい手当です。

雇用保険から支給される育児休業給付金

産休と同時に育休も考えると思いますが、
育児休暇の期間中にも受け取ることができる手当があります。
それが育児休業給付金です。

こちらは「月給の半分×休んだ月数」の
金額を受け取ることができます。
仮に月収30万円で12ヶ月休んだら
180万円の金額が支給されます。

手続きは勤務先で行うことができますので、
担当者に確認をしてみるとよいでしょう。

但し、給付には条件があります。
以下にまとめてみました。

・過去2年間に12ヶ月以上働いている
・雇用保険に加入している
・休業中に給料の8割以上を貰っていない
・毎月20以上の休業がある
・育児休業後には復職する予定である

育児休業中も産休と同じく収入を確保する必要がありますので、
必ずチェックしておいてください。
産休中の給料がもらえない時期に頼りになるのが各種手当です。

給料の5割~7割ですがお金を貰えるので、助かりますよね。

各種手当の申請を忘れないよう、
手当内容を確認して、
お金の心配から解放されて下さい。
11 件

関連するまとめ

取得しやすさに違いはある?看護師が産休とる前に知っておきたいこと

取得しやすさに違いはある?看護師が産休とる前に知っておきたいこと

| 316views
看護師の転職にも志望動機は必須!書き方サンプル付き

看護師の転職にも志望動機は必須!書き方サンプル付き

| 592views
小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

| 1,219views
夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

| 1,357views
「スッキリ休みたい!」産休前にやっておきたいあんなこと・こんなこと

「スッキリ休みたい!」産休前にやっておきたいあんなこと・こんなこと

| 1,595views

このまとめのキーワード