infy [インフィ]

後輩に伝えたい…看護師に必要なプロ意識を教えるコツ

後輩に伝えたい…看護師に必要なプロ意識を教えるコツ

看護師の中には、後輩に技術などのノウハウだけでなく、プロ意識を持ってほしいと思う方もいます。

| 2,239views
お気に入り追加 0
看護師として働く際、新人研修で
後輩の指導を行っていく場合もあります。

新人研修では知識や技術を伝達するだけでなく、
看護師に必要なプロ意識を持たせるのも大事です。
今回はそれを教えるコツを紹介します。

褒める時は褒める、注意する時は具体的に

後輩を指導していく際、何かを
褒める所から始めます。

それにより、相手のモチベーションを
下げないようにします。

褒めた後で注意していきます。
その際、間を置かずにすぐにします。
内容も抽象的なものでなく、
具体的でないといけないです。

相手に伝わるようにすることが
指導していく中で求められます。

勿論、褒めるだけでなく、時には怒
らないといけない場面も出てきます。
いきなり「ここを直してね」と言ってしまうと「ダメだしされた!」と受け取られてやる気に水を差しかねません。フィードバックをするときは、何かひとつほめてからにしましょう。

聞く姿勢を作ることが大事

後輩と接していく中で相手の姿勢だけでなく、
自分も後輩の話を聞く姿勢になることが大事です。

後輩が先輩の看護師の聞く姿勢次第で、
モチベーションを落とす場合もあります。

後輩の看護師がなぜそれを行ったのかなどを
理解することで適切な指導を行えます。
指導の中でプロとしてどういう姿勢を
持たないといけないかを伝えたりできます。
先入観にとらわれると、新人の話を聴くことができなくなり、途中で口をはさんだりしてしまいます。

後輩の知識・技術などスキルを把握する

指導を行う前に後輩の看護師の知識や
技術はどの程度かを把握することが大事です。
それにより、どのような指導を行わないと
いけないかが見えてきます。

人によって伸び方が違うので、それを
いかに引き出すかがポイントになってきます。
相手は何ができて、何ができないのか把握して指導にあたってください。そうすることでそのスタッフを知ることにもなり、どのような指導が必要か見えてきます。

自主性を持たせることが大事

指導を行う際、自分で考える場面を
作ることが大事です。

それにより、後輩の思考力を高めて
問題を解決するための力を養っていきます。

時にヒントを出したり、フィードバックを
行っていくことも必要です。

いつも答えを教えるだけでは、
指導にはならないです。
医師に言われたことを、ただそれに従って行うだけではなく、一人ひとりの状態に合わせて援助の仕方を考え、課題を見出していくことが大切です。

見本を見せることが大事

後輩を指導していく際、まず自分が
見本を見せることが大事です。

それにより、相手にこの場面では
どういった処置が必要かなどを理解させます。

見本を見せるために指導者自らの知識と技術を
伸ばすことを怠ってはいけないです。
あくまで補佐として2人の看護師で行うのです。こういったさりげない見本の見せ方は、慣れていない看護師にとってはかなり参考になります。
新人研修などで後輩にプロ意識を
持たせることは大変です。

ですが、指導ひとつで職場の質や
印象も変わってくるので重要です。

この記事が少しでも参考になれ
ば幸いです。
22 件

関連するまとめ

必要なのは自分で考える力!看護師に求められるプロ意識とは

必要なのは自分で考える力!看護師に求められるプロ意識とは

| 1,645views
もうすぐ看護師2年め!プロ意識をもう一度持つためにするべきこと

もうすぐ看護師2年め!プロ意識をもう一度持つためにするべきこと

| 1,104views
看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

| 2,983views
8話。『連絡先』

8話。『連絡先』

| 8,259views
奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

| 21,022views

このまとめのキーワード