infy [インフィ]

医師と結婚するとどんな感じ?メリットや注意点をお教えします!

医師と結婚するとどんな感じ?メリットや注意点をお教えします!

「医師との結婚」と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?一般的には、経済的にも安定し、良いイメージを持たれることばかりかと思います。その一方で、モテる職業がけに、色々不安になったりしないのかなと疑問に思ってみたり。実際のところ、医師との結婚とは、どのような感じなのでしょうか?詳しくみていきましょう。

| 3,058views
お気に入り追加 0

医師はどんな性格の人が多いか

医療病院 に関するベクター画像、写真素材、PSDファイル | 無料ダウンロード

コミュニケーションが苦手な人も多い

普段患者さんは病人やお年寄りの方が多く、患者さん以外は医療従事者としか会話をする機会がない人が多いようです。

そのため、コミュニケーションが苦手な人も多いかもしれません。
現在は、電子カルテが普及しているため、患者さんとの会話ですらパソコンの画面を見ながらというケースも多くなっています。

一概には言えませんが、口下手な人は多いようです。

勉強期間がとても長かったため、努力家で真面目

そもそも医学部に入学できる時点で、それまでの人生かなりの勉強量を求められます。
そして医学部に入学してから、またさらに勉強漬けの日々となります。

定期テストや卒業試験前などは、フラフラになりながら勉強する医学生を沢山見かけました。そして、最後に医師国家試験がやってきます。

晴れて医師になってからも日々進化する医学についていくために、勉強は必須です。
専門分野の専門医の認定試験などもあります。

そのため、いつでも勉強とは切っても切れない間柄となります。
このように勉強期間が一般の方と比べ物にならないくらい長いため、努力家で真面目な人が多いと言えます。

若いうちから「先生」と言われ続けて、俺様気質に

長い勉強期間を経て、ようやく医師になると周りからは「先生」と呼ばれるようになります。
たとえ同期入社だとしても、医師と看護師では、支持する側とされる側になります。

若いうちから、患者さんからも他の医療従事者からも、「先生」と一線引いて接すられることとなります。

そのため、医師としてのプライドが生まれ、俺様気質となってしまう人も少なくないようです。

病院内での世界しか知らないので、一般常識を知らないことも

こちらも医師あるあるかもしれませんが、多忙のため病院内と家の往復しかできない人も少なくありません。

そして、ニュース番組を見る時間も無いため、世間での動向がまったくわからないという医師も多いようです。

また、医学に関する勉強ばかりであったため、一般常識を知らないという医師も多いようです。。

医師と結婚するメリットとは

経済的に安定している

医師と結婚というと一番に浮かぶのがこちらではないでしょうか。
手に職のため、めったなことがない限り、収入は保証されていると言えます。

一般的には、勤務医の場合は700万円~2000万円、開業医は2000万円以上程度の年収と言われています。

開業医などで、中には億単位を稼ぐというツワモノも。
内情は勤務医と開業医などの勤務形態によりかなりの差がありますが、一般的な水準と比べても安定していると言えると思います。

体のスペシャリストのため、病気や健康についての相談ができる

医師は、職業柄、他のどの職業よりも体に詳しいと言えます。
そのため、自分や自分の家族や友人、知人が病気などになった時も相談に乗ってもらえる安心感があると言えるでしょう。

それぞれの専門分野にもよるかもしれませんが、難しい医師国家試験を突破しているという点では、一度は幅広いジャンルで体の勉強をしているので安心です。

患者を救う使命感に尊敬を抱くことが出来る

同じ医療職とは言え、医師と看護師の決定的な違いは治療方針を決定できるかどうか、と言えます。

医師は、患者の治療に責任もある一方で患者を救う事に大きな役割を担っているでしょう。
そのため、責任感や使命感を大きく感じる人も多く、尊敬の念を抱くことも多いと言えます。

羨ましがられる

昔から、医師と結婚すると言うと勝ち組のようなイメージが根強いと言えます。
一般的に医師という職業のイメージが良く、経済的な安定、社会的な安心感からそのようなイメージがついたと思われます。

医師との結婚以外は考えられない、という未婚女性も多いそうなので、メリットの一つと言えるかもしれません。

医師と結婚する上で注意すべき点

お家柄が厳しい場合も多い

代々続く開業医であったり、教授の息子であった場合、結婚相手に求めるものも高くなる傾向があります。

特に、お家柄が厳しい場合が多いようです。
また、相手の職業も重視され、中には看護師やキャリアウーマンなどを毛嫌いされる場合も。

一昔前のような出来事がいまだに行われているケースも多いのが、医師との結婚とも言えるかもしれません。

そのため一般家庭に嫁ぐよりは、覚悟が必要と言えます。

イメージよりは自由に使えるお金は少ない場合も

医者との結婚というと、やはり一番は経済的に安定しているイメージが強いと言えるでしょう。

しかし、先ほども述べたように、実は意外とお給料が少ないケースも。
そのため、結婚してみて、イメージと違う!とならないように、事前のリサーチが必要と言えるかもしれません。

特に、勤務医は世間が思うイメージとは違うかもしれません。
研修医や大学病院勤務の場合、大学からの月収が手取りで20万円いかない、なんてことも起こります。

その代わり、アルバイトで補う必要もあるのです。
また、付き合いの飲み会やこのように、一概に医者との結婚=自由に使えるお金が沢山とは言えないこともあります。

生活が不規則

患者さんは24時間365日、いつでも病院にいます。
そのため、診察にあたる医師も必然的に勤務時間が不規則となります。

土日祝日の休みや、年末年始の休みでさえ、まともに取れないことも。
また当直などで、連続して家に帰れないこともあります。

子育て中はいつもパパがいない!と子供に泣かれ、困ってしまうケースも。
ワンオペ育児への覚悟は必須と言えるかもしれません。
46 件

関連するまとめ

0話『小児科の先生は笑顔が反則的にかわいい』

0話『小児科の先生は笑顔が反則的にかわいい』

| 9,591views
8話。『連絡先』

8話。『連絡先』

| 8,433views
奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

| 21,630views
6話『先生、ありがとう』

6話『先生、ありがとう』

| 7,439views
奴隷じゃナース!『私はあんたの母さんじゃない!!編』

奴隷じゃナース!『私はあんたの母さんじゃない!!編』

| 21,584views

このまとめのキーワード