infy [インフィ]

どっちが正しい?「看護師」と「看護士」って何が違うの?

どっちが正しい?「看護師」と「看護士」って何が違うの?

「看護師」と「看護士」の表記がありますが、実際にはこれらに違いがあるのでしょうか?現在では、どちらが正しい表記なのか、看護の歴史とともに探ってみましょう。

| 2,378views
お気に入り追加 0
以前は「看護婦」と呼ばれていましたが、今では「看護師」と呼ばれるようになり、この呼称も定着してきています。

ですが、「看護士」との表記を見かけることもあり、「看護師」と「看護士」では、違いがあるのか紛らわしいですね。

実際、これらには違いがあるのか、なぜこれらの呼称があるのか、どちらが正しい表記なのか、などなど探ってみましょう!

看護師(士)の呼び方について

なぜ看護「士」と言うようになったのでしょうか?

1948年(昭和23年)に「保健婦助産婦看護婦法」が公布され、看護を行う看護人を「看護婦」と称すると規定されました。女性を表す「婦」が使用されていますが、男性の看護人にも適用され、男女問わず「看護婦」との名称になりました。

その後、1968年(昭和43年)の法改正により、男性の看護人を「看護士」と称することが規定されました。1948年の法改正から20年間は、男性も「看護婦」と呼ばれていたんですね。

女性の看護人を指す「看護婦」に対し、男性は「看護士」と、女性と区別し対になるように定められました。2つの呼称のうちの一方との位置づけだったようです。

その当時、看護婦は女性が大半を占めており、男性が働く割合は今よりもさらに少なかったため、看護婦=女性というイメージは強いものでした。

現在の看護の礎となり、「クリミアの天使」とも呼ばれた看護師の祖「フローレンス・ナイチンゲール」が活躍したことも、看護婦=女性の職業と印象付いたのかもしれませんね。

いつから看護「師」と言う言葉ができたのでしょうか?

2001年に「保健師助産師看護師法」が改正されました。
その改正を受け、2002年3月からは、性別の区別はなく男女とも「看護師」との呼称が規定されます。

それまでは、1948年に「保健婦助産婦看護婦法」が公布されてから、およそ50年以上もの長い期間、「看護婦」の名称が使われていました。

「看護士」の名称は、1968年の法改正から約35年間、使用されていました。
女性の看護人=「看護婦」、男性の看護人=「看護士」との呼び方が一般的でしたが、今では「看護師」の名称が定着してきていますね。

男女を問わない名称の統一には、1999年(平成11年)に「男女雇用機会均等法」が改正されたことも関与していると言われています。

さらに、「師」には、「専門家・スペシャリスト」の意味があります。
専門的な職種であり、看護を行うスペシャリストとしての意味も含まれているようです。

結局どっちが正しい?看護師VS看護士

英語ではどちらもナースだけれど…正しいのは看護「師」!

英語では、「看護師」も「看護士」も、どちらも「nurse(ナース)」です。
「看護師」も「看護士」も“かんごし”と読むので、どっちが正解なの?どっちも一緒?と混同されやすいですよね。

2002年の「保健婦助産婦看護婦法」改正後の現在では、女性の看護人=「看護婦」、男性の看護人=「看護士」との区別が廃止され、男女どちらも名称が統一されていますので、看護「師」が正解です。

たまに、「看護士」と表記されているのを見かけることがあります。
「看護師」との名称が浸透していないのかな…とちょっと残念になってしまいます。

患者さんの中では、今でも「看護婦さん!」と呼ばれる方がいます。年配の方に多いのですが、以前から親しみのある「看護婦」の方が呼びやすいのかもしれませんね。

親しみを持って呼んでくれているので、あえて訂正はしませんが、「看護師」の名称がさらに定着すると良いですね!

看護師と看護士 仕事内容に違いはあるの?

もちろん仕事内容の差はありません!

女性の看護人を「看護婦」、男性の看護人を「看護士」を称されていましたが、法改正により性別を問わず「看護師」と規定されました。

国家試験をクリアして厚生労働大臣の免許を取得したナースは、男性も女性も「看護師」です。しかし、仕事内容の違いは、もちろんありません!給与や待遇についても、差はありません!!


1989年に「保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則」が改正されるまでは、男性の看護師、いわゆる当時の「看護士」に対しては、精神科での勤務を想定した教育カリキュラムが組まれていたそうです。

改正後は、同一の教育カリキュラムとなりましたが、確かに、精神科に占める男性看護師の割合が一般病棟よりも多いのは、その流れがあるからかもしれません。

呼び方の改正から見える、男性看護士の増加

フリー素材の検索結果 | ぱくたそフリー素材

男性看護士の割合

男性看護師の割合は、年々増加傾向にあります。
厚生労働省の報告による、就業者数を見てみましょう。

男性看護師の就業者数
2006年(平成18年)総数61,831人、看護師38,028人、准看護師23,462人、保健師341人
2010年(平成22年)総数77,526人、看護師53,748人、准看護師23,196人、保健師582人
2016年(平成28年)総数107,470人、看護師84,193人、准看護師22,140人、保健師1,137人

総就業者数(看護師、准看護師、保健師、助産師)
2006年 1,260,087人(うち看護師・准看護師 1,194,121人)
2010年 1,395,571人(うち看護師・准看護師 1,320,871人)
2016年 1,559,562人(うち看護師・准看護師 1,472,508人)

男性看護師の増加率

男性看護師の就業者数(保健師含む)は、2006年から2016年の10年間で、61,831人から107,470人と、およそ2倍に迫る勢いで増加していることが分かります。

この流れでいくと、2018年現在では、さらに増加すると予想されそうです。
看護師・准看護師・保健師・助産師の総就業者数は、2016年時点で、1,559,562人ですので、男性看護師の割合は約6.9%になります。

看護師・准看護師に限って言えば、7.2%にもなります。
2006年から2016年の4年間で、男性看護師の割合は、4.9%から6.9%に増加しています。

ひと昔前は、ナースといえば女性の職業として注目されていました。今でも、女性が多い職業として認識されていて、男性看護師は少ない現状にあります。

割合的には、全体の約7%弱と、まだまだ少ないですが、男性看護師は確実に増加していることが分かります。
海外では、男性看護師のほうが多い国があったり、欧州では割合が20%を超える国もあるようです。

国によって、男性看護師の占める割合や待遇等もそれぞれな異なるようですが、世界的に見ても、女性が主流の職業ではありますね。

とは言え、看護師の職業の歴史を遡っていくと、フローレンス・ナイチンゲールが出現する前は、17世紀のヨーロッパでは男性が主に看護を担っていたようです。

男性の修道士達が奉仕活動の一環として病人の看護を行ったのが、看護の仕事の起源であると言われています。

今後も、ますます男性看護師の割合が増加していきそうですね。

まとめ

現在では「看護師」との名称となっていますが、以前は「看護婦」や「看護士」という男女で区別された呼び方でした。

しかも、「看護師」も「看護士」も「かんごし」と読み方が同じなため、混同されやすいです。

しかし、こうして歴史を辿って見てみると、「看護師」に統一された過程が分かります。
そして、以前は、「看護士」の名称だった男性看護師の割合も、まだ少ないものの年々増加していますので、今後の益々の活躍が期待されますね!
26 件

関連するまとめ

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【オペ室の美人ナース編】

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【オペ室の美人ナース編】

| 23,886views
今や当たり前?男性看護師の増加について

今や当たり前?男性看護師の増加について

| 3,364views
「バイトもあるの?看護師の働き方あれこれ」

「バイトもあるの?看護師の働き方あれこれ」

| 2,704views
看護師ってどんな職業?徹底分析します!

看護師ってどんな職業?徹底分析します!

| 3,056views
「多様化する看護師の役割について徹底分析!」

「多様化する看護師の役割について徹底分析!」

| 5,005views

このまとめのキーワード