infy [インフィ]

介護の資格。介護の仕事で役立つ資格とその取り方

介護の資格。介護の仕事で役立つ資格とその取り方

高齢化社会によって年々、介護需要は増加しています。介護職の場合必ずしも必要ではないですが、資格を持っていることで職場での評価も上がることでしょう。今回は主要な介護系資格をご紹介します。

| 885views
お気に入り追加 0

高齢化社会によって年々需要が増加しているのが介護の仕事です。

その介護の現場で役立つ資格はいくつあるのか、どのようなものがあるのか、取得する順番があるのか、といった“介護系資格”に関する疑問を解説していきます。

介護系資格にはどのようなものがあるのか

まずは介護系資格にはどのようなものがあるのかご紹介します。

介護系資格の主なものは5つ

介護系資格で主なものは5つあります。

①介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)
②介護福祉士実務者研修
③介護福祉士
④認定介護福祉士
⑤介護支援専門員(ケアマネジャー)

①、②、⑤は国家資格ではありませんが、③介護福祉士は国家資格です。

④認定介護福祉士は2015年より認定を開始したもので、③介護福祉士の上位資格といった位置付けであり、出来て間もない資格といえます。

どの資格から取ったら良いのか。取得の順番は?

従来、介護系資格はホームヘルパー養成研修や介護福祉士など、様々な資格や研修が存在していました。

しかし、2013年4月に介護資格制度が改正され、ホームヘルパー2級が「介護職員初任者研修」に名称が改められるなど、従来よりも分かりやすくなりました。

制度が改正されたことにより、介護系資格の取得順番(キャリアパス)もより明確になりました。
下記はその取得順番の一例です。

1.介護系資格の“入門”として位置付けされる「介護職員初任者研修」を取得。

2.介護職員初任者研修の上位資格となる「介護福祉士実務者研修」を取得。

3.介護現場での実務を3年以上経験し、介護福祉士実務者研修も取得していれば、介護福祉士の受験資格を得る。

4.介護福祉士を取得。更にステップアップとして認定介護福祉士取得を目指す。

上記はあくまでも“働きつつ資格取得をする”例となりますが、保有している資格や実務経験の有無、卒業した学校によっても取得条件が変わってくるので、目指す資格の取得条件はしっかり確認しましょう。

介護職員初任者研修

ここからはそれぞれの資格について詳細をご紹介します。

まずは、介護系資格の入門資格である「介護職員初任者研修」です。

これが介護系資格取得の初めの一歩

先にも述べたようにこの資格を目指すことが、介護系資格取得の第一歩となります。

内容としては介護を行う上での基礎的な知識・技術を習得し、介護の考え方を学ぶことが目的の資格です。

取得するメリット

68 件

関連するまとめ

介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

| 1,681views
誰でも受講できる、介護職員初任者研修。介護のプロへの第一歩

誰でも受講できる、介護職員初任者研修。介護のプロへの第一歩

| 1,723views
介護福祉士になるには。取得するメリットや受験資格について解説

介護福祉士になるには。取得するメリットや受験資格について解説

| 1,750views
女性がキャリアアップするための方法と起こりうるメリット・デメリットをご紹介

女性がキャリアアップするための方法と起こりうるメリット・デメリットをご紹介

| 4,057views
介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

| 2,208views

このまとめのキーワード