infy [インフィ]

さすがにひどい!世の中の男性が看護師に抱いている偏見ワースト3

さすがにひどい!世の中の男性が看護師に抱いている偏見ワースト3

男性が抱く看護師のイメージの中でも、良くない偏見についてご紹介します。

| 4,719views
お気に入り追加 0
看護師に対して世間の人が抱くイメージは
良いものばかりではありません。
今回は男性に絞り、驚きの偏見内容をピックアップ。
彼らが何を持って勘違いしてしまうのかを見てみましょう。

看護師に勉強は要らない

まず1つ目は、看護師は勉強不要という考え方。
看護師の仕事と言えば医師のサポートです。
それ自体は間違いではないのですが、
医師に言われたことだけやっていれば良い、
と、偏見を抱く人は多いです。

その結果、看護師は医療について学ばずとも、
仕事ができると思われてしまいます。
既に看護師になっている人だけでなく、
これから看護師を目指して勉強中の人すら、
「勉強する必要あるの?」と尋ねられてしまうほど。

また患者になった際、
病気やケガに関することだけでなく、
日常的なお世話まで求めてくる人がいます。
これも、医療の専門家より医者のサポート、
ひいては患者の家政婦である、
と看護師が思われている証拠です。

勘違い、女の職場という偏見

2つ目は、看護師の意識が、
妙に高いと思われていることです。
人を助けるという仕事柄か、
自分自身にプライドを持った人が多く、
外に出れば何でもかんでも上から目線。

ゆえに、彼女や結婚相手にはしたくない、
と考えている男性もいます。
看護師と言えば、白衣の天使のイメージもあり、
出会いの場では人気の職業と言われることも。
しかしその裏では自意識過剰な女として、
煙たがられているのです。

また彼らがそう思い込んでしまう理由も、
白衣の天使とのギャップにもあります。
患者には優しい態度で接する人なのだから、
プライベートでも同じはずだと考えます。
しかしもし手伝いを拒んだり、
厳しい態度をとってしまうと、
イメージとの差で酷い奴と決めつけるのです。

彼らは本人の性格よりも、看護師が持つ、
良い部分だけしか見ないのですね。

育ちが悪い人は他人を助けたい

最後の3つ目は、看護師の経歴に関する偏見です。
自分が助けられた経験があるから、
将来看護師になろうと思った。
そんなケースは多いでしょう。

しかし見方を変えると
助けが必要なほど不遇だった、
と捉えられてしまうのです。
そこから偏見として、
看護師になっている人は貧しい、
あるいは家庭内暴力や両親の離婚、
さらには学歴も低いなど、
過去を勝手に勘違いします。

さらに過去だけでなく、現在への偏見も。
看護師は激務の仕事の1つゆえに、
子どもが放ったらかしにされて不幸になる、
結婚してもすぐ離婚、
というイメージまでされているのです。
必ずしも、
悪いイメージを持っている人ばかりではありません。
しかし看護師はこうした偏見や勘違いを持たれています。
どうにか払拭して、
真実は違うということを広めたいですね。
11 件

関連するまとめ

クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

| 248views
2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

| 349views
何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

| 585views
働きながらでも看護師になれる?WOCナースの仕事内容をチェック

働きながらでも看護師になれる?WOCナースの仕事内容をチェック

| 933views
子ども好き看護師必見!保育園看護師の仕事内容&お給料事情とは?

子ども好き看護師必見!保育園看護師の仕事内容&お給料事情とは?

| 983views

このまとめのキーワード