infy [インフィ]

看護師の教育!プリセプターの仕事について!!

看護師の教育!プリセプターの仕事について!!

病院での経験が3~4年目になると、新人看護師から卒業し、いよいよプリセプターデビューですね。ところでプリセプターって何をすればいいのかわからない、この前まで新人看護師だったのに指導できる自信がない、など、いまひとつプリセプター制度について理解していない方もいると思います。そこで、プリセプターの役割やメリット、プリセプターの抱える悩みや新人看護師教育のポイントなどについて書いていきたいと思いますので、少しでもプリセプター制度について理解していただけると嬉しいです。

| 4,521views
お気に入り追加 0

プリセプター制度とは?

新人看護師を指導する看護師のイラスト🎨【フリー素材】|看護roo![カンゴルー]

まず、プリセプター制度とは一体何なのでしょうか?

看護師として働き、大体3~4年目でしょうか。病棟での仕事をある程度ひとり立ちして出来るようになったら、プリセプターという大きな仕事がやってきます。自身の新人看護師時代に先輩看護師がプリセプターとしてマンツーマンで指導をしてくれたと思います。

なんとなく、新人指導係のようなイメージはあっても、その詳細についてはよく分からない方もいると思います。

ではプリセプターの仕事内容とは一体どういうものなのか説明していきます。

マンツーマンでの指導

プリセプターの仕事内容としては、大きく2つに分けられるのですが、そのうちの1つは、プリセプター(先輩看護師)が、プリセプティ(新人看護師)に対し、マンツーマンで看護業務の指導を行うことです。

基本的に新人看護師には、プリセプターだけでなく、病棟の看護師が皆で関わりながら看護業務の指導を行っていくのですが、プリセプターは最も新人看護師と密に関わり、新人看護師の看護業務に対する理解度と実践状況を日々確認し、共に振り返りを行いながら成長していくという目的があります。

新人看護師といっても個人個人で成長のスピードは異なっており、担当の新人看護師に合わせた教育方法を見つけながら指導を行っていく必要があります。

新人看護師の相談相手になる

プリセプターの仕事内容としてもうひとつ重要なものがあります。
それは、新人看護師の仕事に対する悩みについて相談に乗り、看護業務面だけではなく、精神面でのサポートを行なっていくことです。

新人看護師は、ついこの前まで看護学生だったという方がほとんどです。
今回の部署が新人看護師として初めての職場であり、勤務先の病棟に自分が馴染むことができるのか、仕事をやっていけるのか、などたくさんの不安を抱えており、とてもナイーブな状態になっています。

その緊張ガチガチな新人看護師の肩の力を少しでも抜いてあげる役割もプリセプターの仕事の1つです。

プリセプターになる自信がない?

新人看護師を指導する看護師のイラスト🎨【フリー素材】|看護roo![カンゴルー]

先に述べたように新人看護師の看護業務面の指導、精神面のサポートをするというのはそんなに簡単なものではありません。

ましてやこの前まで自分自身も新人看護師として働いていたのに、プリセプターの仕事など自分に務まるのかと思っている方も多いと思います。

実際に、現役看護師の約80%はプリセプターの仕事に対し、「どう教えていいか分からない」「コミュニケーションスキルに自信がない」「看護知識やスキルが不足している」などの理由で悩んでいます。

「プリセプターなんてもっと先輩がすればいいのに」と思うかもしれませんが、このプリセプターという仕事は3、4年目あたりの看護師が務めることがベストなのです。

プリセプター制度というのは、新人看護師の成長だけでなく、指導する側である看護師の成長も目的としています。

また、プリセプターとして選ばれる看護師は新人看護師との年齢も近く、中堅看護師と比べると看護師経験もまだ浅いので、自分が新人看護師のときに抱えていた悩みも記憶として鮮明であり、新人看護師と共に仕事上での悩みを共有しやすいですし、新人看護師も年齢が近い看護師のほうが話をしやすいものです。

中堅やベテラン看護師ではなく、プリセプターに選ばれる看護師だからこそできる新人教育の形というものも存在するのです。

プリセプターの仕事は決して楽ではないですが、やりがいはあり、プリセプターを経験することで、自分自身も様々なものを身に付けることが出来ます。

では具体的に、プリセプターをすることでどんなメリットがあるのか?
次はプリセプターのメリットについて説明していきます。

プリセプターになるメリット

指でOKサインを出している看護師のイラスト※上半身のみ🎨【フリー素材】|看護roo![カンゴルー]

プリセプターを経験することで、看護師は様々なことを身に付けることができると言いました。では、一体プリセプターを経験することでどんなメリットがあるのか?実際にプリセプターを体験し、新人看護師の指導を行なっていくこと、それがどういうことなのか考えてみましょう。

初心をもって仕事していますか?

新人看護師とともに看護ケアを行い、それを指導するのですから自分自身の看護ケアをもう一度見直す機会になりますね。

就職して大体3~4年目あたりになると、少しずつ日頃の看護業務に慣れ、仕事の要領を掴んでくる頃だと思います。

それに伴い、仕事に対する丁寧さや危機感が薄れてきたり、マニュアルに沿ってではなく、自分流に解釈して看護ケアを実施してしまいがちになる時期です。

しかし、新人看護師の指導はそうはいきません。必ず、病院の指導マニュアルのもと教育を行っていく必要があり、新人看護師にきちんとした基盤を作ってあげる必要があります。
40 件

関連するまとめ

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【ひとには言えない看護師の裏技編】

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【ひとには言えない看護師の裏技編】

| 14,626views
看護とは戦いだ!カンゴドリがお届けする連載漫画スタート!

看護とは戦いだ!カンゴドリがお届けする連載漫画スタート!

| 9,060views
なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

| 8,976views
すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

| 6,363views
仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

| 10,642views

このまとめのキーワード