infy [インフィ]

コインロッカーから保護された2500gのさくらちゃん『何か残してあげられるように書いたさくらちゃんへの手紙』

コインロッカーから保護された2500gのさくらちゃん『何か残してあげられるように書いたさくらちゃんへの手紙』

「ありがとう。看護師と患者の物語」27話。救急で新生児が運ばれてくるとのこと、入院受け入れの準備をしました。運ばれて来た赤ちゃんは、推定産後10時間以内、2500gの小さな女の子でした。産まれてすぐタオルに包まれ、コインロッカーにいれられていました。母親も父親もわかりません。

| 9,164views
お気に入り追加 0

私がNICUで働いていた時のことです。
救急で新生児が運ばれてくるとのこと、入院受け入れの準備をしました。
運ばれて来た赤ちゃんは、推定産後10時間以内、2500gの小さな女の子でした。


産まれてすぐタオルに包まれ、コインロッカーにいれられていました。
母親も父親もわかりません。
汚れたままの体でコインロッカーに入れられていたため、ひどい低体温症をおこしていました。


スタッフ全員で献身的に看護を行い、その赤ちゃんは私の担当になりました。
その子が最初に包まれていたタオルが綺麗なピンク色の桜模様だったので、私たちはここにいる間は「さくらちゃん」と呼ぶ事にしました。

さくらちゃんはみるみる顔色も良くなり、元気に手足をバタバタさせるようになりました。
周りの赤ちゃんは、いつも面会時間になると母親や父親が訪れ、沢山話しかけてもらい、いっぱいおっぱいを飲ませてもらっていました。そんな中、いつか乳児院にいくであろうさくらちゃんに、何か残してあげれないかと思うようになりました。


そこで私はさくらちゃんに毎日お手紙を書く事にしました。
さくらちゃんの体重や身長、可愛らしい仕草、どれほどさくらちゃんが愛おしいかをつづりました。沢山愛情を注ぎ、しっかり目を合わせて話しかけ、微笑みながらミルクをあげ、体を優しくマッサージし、沐浴も肌と肌ふれるようスキンシップをはかりました。



ノートに書いたさくらちゃんのお手紙。
時には未来の少し大きくなったさくらちゃんに宛てて書くこともありました。

退院の日が来ました。
可愛いさくらちゃんはきっとみんなに愛されるでしょう。
何もわからずただニコニコしているさくらちゃんをぎゅっと抱きしめ、「元気でいてね。」とつぶやきました。


ノートの最後に…あなたと過ごした日々を愛おしくおもいます。
あなたが大好き。ずーっと味方だよ…
そう書き、さくらちゃんと一緒に乳児院の方に渡しました。

長い年月が過ぎました。
さくらちゃんがいまどこにいて、誰と暮らしているのか私たちには情報ははいりませんでした。
そんなある日、乳児院経由で私に連絡が来ました。
あの時のさくらちゃんが私に会いたいと申しでていると。



しばらくして、さくらちゃんはお母さんらしき人に連れられて、病院に訪れました。
あれからもう7年も経っていました。さくらちゃんはすっかり可愛らしい女の子になっていました。


「初めまして。」
にこりと笑うと、さくらちゃんは少し照れくさそうに頭を下げました。
ふと胸につけている名札に目をやると、…みやもと さくら…と書いてあるのです。
「さくらちゃん…⁈」
私は思わず大きな声で呼んでいました。


お母さんは、「さくらって名前がとっても可愛かったので。」
と優しく微笑んでくれました。

さくらちゃんは、乳児院に引き取られたあと、すぐに里親が見つかり、ものごころつくまえから大切に大事に本当の親子のように育てられていました。


ちょうど一年前、さくらちゃんと一緒に来たノートを目の前に置いて、全ての事実を話したそうです。少し時間はかかりましたが、さくらちゃんは何度も何度もノートに書かれた手紙を読み返し、事実を受け入れていったようです。

お母さんは、
「さくらを救っていただき、大切な時期を温かく愛していただき、本当にありがとうございました。さくらがたくさんの人に愛された記録を残していただいたおかげで、事実を知ってからも、たった7歳という幼い体と心でしっかり前を向いて歩きはじめました。今、さくらはわたしのかけがえのない大切な娘です。これからも本当の娘のようにしっかり育てていきます。」


穏やかにみつめられると、私は胸があつくなりました。
…さくらちゃん、よかった、本当に良かった…

たとえ産まれた境遇が悲しいものでも、そのあとどれだけ愛されて大人になるか、それが一番大切なのではないかと私は思っています。

これからも私はこの仕事を続ける限り、たくさんの悲しみを抱えた子供達に出会うことでしょう。けれど、今私が出来る一番の愛情で。その子供達を包んでであげたい。


さくらちゃんのように全ての子供達が上手くいくとも限らないけれど、それが私に出来る精一杯だから…そう思うのです。

イラストレーター紹介

17 件

関連するまとめ

妊娠中に見つかったのは悪性の腫瘍。『信じる言葉は「絶対大丈夫」という言葉と想い』

妊娠中に見つかったのは悪性の腫瘍。『信じる言葉は「絶対大丈夫」という言葉と想い』

| 4,428views
奥様と患者さんと私と・・・『居てくれてよかったよ。最後までありがとう。』

奥様と患者さんと私と・・・『居てくれてよかったよ。最後までありがとう。』

| 6,234views
大切な大切な思い出『私はこれからも1人でも多くの人を笑顔にできるように、生きていきたい。』

大切な大切な思い出『私はこれからも1人でも多くの人を笑顔にできるように、生きていきたい。』

| 9,580views
ふわっと薫るお線香の匂い『おばあちゃん、本当にありがとう。沢山の強さと優しさを教えてくれてありがとう』

ふわっと薫るお線香の匂い『おばあちゃん、本当にありがとう。沢山の強さと優しさを教えてくれてありがとう』

| 7,319views
やさしい告知-それぞれの思いが交差する-『私の病気はALSですよね』

やさしい告知-それぞれの思いが交差する-『私の病気はALSですよね』

| 9,358views

このまとめのキーワード