infy [インフィ]

大人気のハーバリウムとは。簡単・手間なしでかわいいお花を長期保存

大人気のハーバリウムとは。簡単・手間なしでかわいいお花を長期保存

おしゃれなインテリアアイテムとして最近人気急上昇中のハーバリウムをご存じですか? ボトルの中でみずみずしいかわいい花が長期的に楽しめるんですよ。インスタ映えもするハーバリウムならプレゼントにも最適。 今回は初心者さんも簡単に手作りできるハーバリウムの魅力に迫っていきます。

| 2,207views
お気に入り追加 0

【枯れない花を長期的に楽しめる?ハーバリウムで日常を彩ろう!】

ハーバリウム17|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

画像を見てもおわかりなると思いますが、ボトルの中で色鮮やかな花がゆったりと浮かんでいる様子に癒されますね。

窓辺に置いておくと、繊細な色や光もさらに楽しめそうですよね。

自分のオリジナルが作れて、SNSなどで写真映えすることも人気の秘密かもしれません。

そもそも、ハーバリウムという言葉を初めて聞いた方に、どんなものなのかをここでご紹介します。

《ハーバリウムとは》

ハーバリウムは、英語で “herbarium”といって「植物標本」という意味です。
植物標本と聞くと、何か硬いイメージに聞こえますが、とてもおしゃれなお花のインテリアアイテムなんですよ。

ドライフラワーなどをボトルの中で専用のオイルに浸したハーバリウムは、透明なボトルの中でより花が色鮮やかに映えて、みずみずしくてとてもキレイ!

しかも、自分で簡単に手作りできるのも魅力です。

《お世話しなくても長期的に美しさを楽しめる!》

花は好きだけど、お世話が面倒…というあなたにおすすめしたいハーバリウム。

ハーバリウムは日光に当てたり、水をあげたりする必要はありません。

リビングやキッチン・玄関などあなたの好きな場所に飾って長期的に可憐な花の美しさを楽しめるのが魅力です。

色の鮮やかさが際立つハーバリウムは、インテリアアイテムとしても部屋の雰囲気を華やかに演出します。

《保存期間は1年くらい》

プリザーブドフラワーなどの花を専用のオイルにつけているので長期間の保存が可能ですが、使用する花材のタイプや状態によって保存期間は異なります。

通常は、ごくわずかの色の変化はあるかもしれませんが、美しさがほとんど変わらないまま、およそ1年間は鑑賞できます。

【ハーバリウムの作り方は?】

手芸教室2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

では、さっそく作り方を説明します。

《用意するもの》

✔ビンまたはボトル
花材を入れる透明なビンやボトルを用意します。100円ショップの商品を利用してもよいですね。
入れたい素材がすでに決まっているなら、素材の形に合わせたものを選ぶと良いでしょう。

✔ドライフラワー
ブリザードフラワーより安いドライフラワーが良いでしょう。
さらに安い造花も手軽ですが、素材にはこだわりたいですね。

長さのあるビンならば、花材も長いものがバランスよくまとまります。
背の低い入れ物を使う場合には、ドライの実やドライフルーツ、粒状のスパイスも個性的なアクセントになります。

やさしい風合い、または元気な雰囲気など、仕上がりをイメージしながら花材を集めましょう。

✔ハーバリウムオイル
通販で購入できますが、けっこう高いので、流動パラフィンなどを代用することもできます。
代用品については、後ほどご紹介しますね。

《瓶に花を詰める》

69 件

関連するまとめ

悩ましい、彼氏への誕生日プレゼント。平均予算からアリ・ナシまでご紹介。

悩ましい、彼氏への誕生日プレゼント。平均予算からアリ・ナシまでご紹介。

| 5,021views
恋人の記念日とは?恋人の記念日の祝い方とプレゼント

恋人の記念日とは?恋人の記念日の祝い方とプレゼント

| 4,744views
どんなプレゼントが嬉しい?彼氏からもらって嬉しいプレゼントとは

どんなプレゼントが嬉しい?彼氏からもらって嬉しいプレゼントとは

| 5,004views
結婚のご挨拶、ご両親への手土産は何を選ぶべき?マナーやポイントを紹介

結婚のご挨拶、ご両親への手土産は何を選ぶべき?マナーやポイントを紹介

| 1,876views
「母の日のプレゼント。感謝を込めて、日常で特別感を味わえるプレゼント!」

「母の日のプレゼント。感謝を込めて、日常で特別感を味わえるプレゼント!」

| 1,564views

このまとめのキーワード