infy [インフィ]

結婚の決め手って一体なに?失敗しない男性の選び方とは?

結婚の決め手って一体なに?失敗しない男性の選び方とは?

長い人生の中で大きな決断を迫られることは、数えるほどしかないでしょう。そのうちの1つ「結婚」は、今後の人生を大きく左右する決断となります。結婚したいけど交際期間が短いと不安になったり、いざ結婚しようと決断しても気持ちが揺らいでしまったりしますよね。今後の人生に大きく影響する決断だからこそ、悩みに悩んでしまうものなのです。今回はそんな「結婚」に関する内容を紹介していきます。「男女別の結婚の決め手となった内容や、逆に女性が結婚を諦めた理由。」「結婚するまでの交際期間」など、皆さんが気になっているであろう内容を紹介していきます。他人に聞きにくい内容だからこそ、読んでもらい何か感じてもらえるものがあればと思います。【交際期間はどれくらいで結婚する?】のアンケートに関しては、「ゼクシィカップルのホンネ通信2008調べ」を参考にさせていただいています。

| 2,385views
お気に入り追加 0

【交際期間はどれくらいで結婚する?】

1年以内(44%)

結婚するまでの交際期間で最も多かったのが1年以内ということでした。では、1年以内の交際で結婚した人たちは、どのような理由で結婚したのでしょうか?

最も多かった理由が「早く結婚したかった」という回答でした。
「恋人のことが大好きで、この人しかいない!と思いすぐにでも結婚したかった。」
「年齢的に急いでいたので、チャンスを逃したくなかった」
など、とにかく「この人と結婚する!」と早い段階で決断していたことがわかります。

他にも「転勤や職場移動などの理由で一緒に住めなくなったり、遠距離恋愛になるから結婚に踏み切った。」という理由の人もいます。おめでたい結婚理由としては「子供を授かったことがキッカケになり結婚した。」という、授かり婚の意見も少なくありませんでした。

このように1年以内で結婚した恋人には様々な理由がありましたが、大半が「早く結婚したかった」という理由でした。恋人としての交際期間は短いと言えますが、元々知り合いや友達としての付き合いが長ければお互いを知るための期間としては十分と言えるでしょう。

1~2年未満(19%)

次に結婚するまでの交際期間が1~2年未満だった恋人たちの理由を紹介します。1~2年未満の恋人たちの結婚理由は似通った内容となっています。
「付き合い始めてすぐに、この人と結婚したいと感じた。」
「付き合い始めてすぐに、今まで付き合ってきた人と違いを感じた。」
など、付き合ってすぐに結婚を決断していた恋人たちです。

しかし、結婚するにあたっての準備などに手間取り、結婚するまでに時間がかかってしまったという内容でした。結婚するためには「あいさつや日取りの調整など」やるべきことがたくさんあるため、なかなか思うように進まないですよね。

2~3年未満(12%)

結婚までの交際期間が2~3年未満の恋人たちの回答では、「慎重さ」が伺える内容となっています。
「相手を知るためには最低このくらいの期間が必要だと思う。」
「ある程度お互いのことをわかった上で、結婚したいと感じたから。」
「お互いを知った上で、嫌な部分も含め好きどと確信した。」
「結婚を決めるには2~3年付き合わないと、本当に結婚してもいいのかわからない。」
など、結婚という人生の節目ともなる一大イベントだからこそ、慎重になってしまうことが伺えます。「一生の問題だからこそ慎重に決めたい!」という気持ちは誰もが共感できるのではないでしょうか。

3年以上(25%)

結婚するまでの交際期間が3年以上の恋人ともなると、もはや夫婦同然の関係性に近いのかもしれません。
「特に結婚願望がなく、たまたまキッカケがあったから。」
「お互いが結婚を意識していなかったため、交際期間が長かった。」
など、結婚願望がなく交際期間が長くなったという回答が多かったです。「結婚は縁とタイミング」とよく言われます。まさにその通りなのかもしれませんね。

【安心感を重視?男性の結婚の決め手とは?】

一緒にいて落ち着く

結婚は今後、何十年と共に暮らさなければなりません。
毎日顔を合わせなければなりませんし、相手の存在がストレスになってしまうような人とは結婚したくないですよね。変に気を使い自分自身を取り繕うようなことをせず、何でも話し合えてストレスがない相手と結婚したいと思うのは当たり前なのです。
一緒にいて沈黙になると気まずくなるような関係性では、生涯をともにすることに不安を覚えます。一緒にいて何も語らずとも苦にもならない、リラックスできる相手を男性は選ぶ傾向にあるようです。

包容力がある

仕事で疲れて帰った時に「おかえりなさい」と笑顔で出迎えてくれる。
このような女性が妻なら何があっても受け止め支えてくれると感じられます。誰にも言えない悩みを抱え辛く悲しい時に「どうしたの?」と気づいてくれる。理由を聞き「大丈夫!きっといいことあるよ!」と受け止めてくれる。男性はこのような女性を結婚相手として望んでいるのかもしれません。

家庭的だと感じた

男性は「家庭的と感じた」女性に対し、結婚の決め手となることが多いです。
掃除・洗濯料理などの家事全般が得意だったり、彼女の部屋がいつもキレイだったりすると結婚後の想像がつきやすいですよね。「この人となら結婚しても安心」と思えます。「男心を掴むには胃袋を掴め!」とよく言われますよね。この言葉こそまさに「料理上手」に当てはまるのではないでしょうか。恋愛と結婚は根本的に違い「恋愛は一時を楽しむ相手。結婚は今後の生涯を共に歩むパートナー」なのです。

性格や価値観が合う

結婚するにあたって性格や価値観が合うことは非常に重要だと言えます。
金銭感覚や子育てに対する価値観、食事や物事に対する価値観。全てにおいて価値観が合うことに越したことはありません。性格についても違いはあれど、性格の相性が合っていれば問題ありません。性格や価値観のズレで毎日喧嘩ばかりの関係性だと、結婚したいと思わないのが当たり前でしょう。

【金銭感覚を重視?女性の結婚の決め手とは?】

金銭感覚が似ている

結婚するにあたり金銭感覚はとても重要になります。
恋人の場合は相手がどのような金銭感覚だとしても気にならないでしょう。しかし、結婚となると話は変わってきます。
結婚する場合は共に生活するにあたりお金が必要となります。女性がコツコツお金を貯めているにもかかわらず、パートナーが高価なものを買ってきたときには家庭崩壊の危機にもなりかねません。いくら自分自身が倹約家であっても、パートナーが浪費家であれば一向にお金を貯めることもできません。
金銭感覚が似ている男性だと、女性は安心できるということから結婚の決め手となる場合もあります。

尊敬できる相手だと感じた

女性にとって結婚相手となる男性には、尊敬できる部分を持っていてほしいものです。例えば
「仕事を毎日、朝早くから夜遅くまで頑張ってくれている。」
「友達が多く、人脈が広く頼りがいがある。」
「色々な知識と教養を備えている。」
「ご飯をすごく美味しそうに食べる。」
など、何でもいいのです。女性が相手のことを尊敬できると感じられれば、結婚対象になるとも言えます。

優しさや気遣いを感じた

優しい男性は女性からモテることは皆さん知っての通りです。
しかし、女性は常に優しさを求めているわけではなく、ふとした瞬間に優しさを感じられれば「この人とずっと一緒にいたい」と感じることがあるのです。例えば「自分のことを優先してくれたり、両親への気遣いをしてくれた」時などに結婚を考える傾向が見られます。

頼りがいがある

64 件

関連するまとめ

社内恋愛の末、結婚。社内結婚する時の注意点と周囲の反応とは

社内恋愛の末、結婚。社内結婚する時の注意点と周囲の反応とは

| 1,756views
結婚式をしない人が増えている?!結婚式をやりたくない人に、結婚の思い出を残すためにどんな選択肢がある?

結婚式をしない人が増えている?!結婚式をやりたくない人に、結婚の思い出を残すためにどんな選択肢がある?

| 1,956views
誠実な男性ってどんな人?誠実な男性と不誠実な男性の特徴

誠実な男性ってどんな人?誠実な男性と不誠実な男性の特徴

| 5,580views
出会いたいのに出会えない。社会人におすすめの出会いの場所とは?

出会いたいのに出会えない。社会人におすすめの出会いの場所とは?

| 4,023views
平日の結婚式はどう?平日に結婚式を挙げるメリット・デメリット

平日の結婚式はどう?平日に結婚式を挙げるメリット・デメリット

| 3,914views

このまとめのキーワード