infy [インフィ]

細胞をリサイクル!?「オートファジー」ってなんだ?

細胞をリサイクル!?「オートファジー」ってなんだ?

ノーベル賞を受賞した大隅良典氏の研究テーマに出てくる「オートファジー」とは一体何!?

| 395views
お気に入り追加 0
2016年のノーベル生理学・医学賞に
大隅良典氏が選ばれました。

研究テーマは「オートファジーの仕組みの解明」。
この「オートファジー」とは
一体何なのでしょうか?

オートファジーとは細胞のリサイクルのこと

細胞|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

オートファジーとは、自らを意味する
「Auto」とラテン語で食べるという
意味がある「phagy」を合わせた言葉で、
直訳すると「自食作用」となります。

生物の生命維持にはタンパク質が
欠かせません。食事からタンパク質を
摂取することもできますが、
それと同じように重要なのが、
体内の不要な細胞をリサイクルして、
体のタンパク質を循環させる仕組みです。

この細胞のリサイクルによる
循環システムがオートファジーと
呼ばれています。
オートファジー(自食作用)は、不要物などを分解してリサイクルもする細胞内の働きだ。単細胞生物から人に至るまで、生物が生き延びるために持っている共通の「基本戦略」と言える。

オートファジーは栄養飢餓時に激しくなる

泣く赤ちゃん2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

オートファジーが特に激しくおこるのは、
栄養飢餓の時です。

例えば生まれたばかりの新生児は、
へその緒を切られ、栄養供給が
行われなくなった後、
このオートファジーという
自らの細胞のリサイクルによる循環によって、
生き延びることができています。

とはいえ、オートファジーによって
永遠に生き延びることができるわけでは
ありません。オートファジーで過度に
細胞のリサイクルを行い、自分自身の
細胞を食べつくしてしまうと、
死に至ることになります。
オートファジーは栄養飢餓時に特に激しくおこります。食事から栄養がとれないときは、細胞は自身の一部を過剰に分解してそれを栄養素としているようです。

病気の抑制にも関与しているオートファジー

ストップ!|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

オートファジーが主におこるのは、
栄養不足のときで、飢餓に適用して
生き延びるためだと言われていますが、
栄養が十分に足りているときでも、
オートファジーは少しずつ行われています。

この恒常的な細胞のリサイクルによる
循環が、肝炎の発症や神経変性疾患、
細胞のがん化抑制など、病気の抑止にも
関わっているそうです。

断食健康法も、オートファジーを
活性化させることで起こる
効果によるものではないかと考えられています。
神経細胞にアミロイドβタンパク質の蓄積が原因とアルツハイマー病、黒質神経細胞変性が関わるパーキンソン病が、オートファジー機能の低下と関係ある可能性が考えられています。
大隅良典氏がノーベル賞を受賞したことで、
一気に脚光を浴びた「オートファジー」。
病気の抑止にも関わっていることがわかり、
今後ますます注目を浴びそうです。
14 件

このまとめのキーワード