infy [インフィ]

花粉症かと思っていたら実は違った…間違いやすい病気3選

花粉症かと思っていたら実は違った…間違いやすい病気3選

花粉症ではないよく似た症状を伴う別の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

| 860views
お気に入り追加 0
花粉症の症状は眼がかゆくなったり、
鼻水が出たりという一般的に知られている症状の他、
眼の充血や鼻づまり、くしゃみなどもあります。

そのため、よく似た症状を伴う病気と
間違ってしまうことがよくあるのです。

鼻づまりや鼻水などの症状が出る慢性副鼻腔炎

一般的に、急性副鼻腔炎が完治せずに慢性化したものを
慢性副鼻腔炎と呼びます。

花粉症とよく似た症状として、鼻水や鼻づまり、
のどの痛み、頭痛などがあります。

見分け方としては眼などのかゆみが無いという点ですが、
素人判断はせず耳鼻咽喉科をきちんと受信することが大切です。

慢性副鼻腔炎であった場合、
放置して悪化すると手術が必要になるケースもあるため、
注意が必要です。

症状がよく似ている寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーの正式名称は「血管運動性鼻炎」と言います。
症状は鼻水や鼻づまり、咳、眼の充血、
頭痛、かゆみやじんましんなどで、
花粉症によく似た症状を含むため
花粉症と勘違いする人も少なくありません。

寒暖差が原因で自律神経が乱れることにより発症するため、
投薬などで確実に治るというものではありません。

耳鼻咽喉科を受診することにより対策を立てることができます。
また、かゆみを抑える、鼻水を抑えるといったような
症状に対する投薬は効果がありますので、
各症状が辛いという場合も受診すると良いでしょう。

運動や食生活の改善が寒暖差アレルギーに効果があるとされています。
「この薬を飲んだら確実に治る」というような決定的な治療法はありません。
大切なのは自律神経を安定させることと、寒暖差アレルギーを起こさないように体調を整えることなのです。

発症する仕組みがほぼ同じ通年性アレルギー性鼻炎

花粉症はスギやヒノキ、ブタクサなど、
植物の花粉によって引き起こされるアレルギーですが、
ハウスダストやペットの毛、カビなどが原因でアレルギーが
引き起こされるのが通年性アレルギー性鼻炎です。

アレルゲンが異なるというだけで、
発症する仕組み自体はほぼ同じというわけです。
また、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど、症状も
花粉症とよく似ているため、花粉症だと
勘違いしてしまう人が多くいます。
鼻水や鼻づまりなどを伴う症状が出ている場合は、
耳鼻咽喉科で治療を行うケースがほとんどです。
そのため、どの病気、どのアレルギーか分からないという場合も
速やかに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。
12 件

関連するまとめ

アレルギー症状を緩和する治療『減感作療法』ってどんな療法?

アレルギー症状を緩和する治療『減感作療法』ってどんな療法?

| 728views
美人は必ず持っている?今すぐ加湿器が欲しくなる4つの理由

美人は必ず持っている?今すぐ加湿器が欲しくなる4つの理由

| 778views
看護師なのに間違えた!!微妙に分かりづらい【風邪と花粉症の違い】

看護師なのに間違えた!!微妙に分かりづらい【風邪と花粉症の違い】

| 1,337views

このまとめのキーワード