infy [インフィ]

看護師は脈ナシだから返信が遅いの?返信が遅い理由と特徴とは

看護師は脈ナシだから返信が遅いの?返信が遅い理由と特徴とは

既読にしちゃったけど返事が返せない…看護師のLINEが遅い「あるある」をご紹介します。

| 34,628views
お気に入り追加 0

【何で看護師のラインは遅いの?】

LINEでメッセージを送っても、
既読のまま返信が遅いと寂しいものです。

でも看護師の返信が遅いのには理由があるのです。

≪とにかく激務≫

看護師の仕事内容はとにかくハードな内容のものが多いのです。

日中は患者さんの清拭や入浴介助、安静患者さんの体位変換や車椅子への移乗介助など体力を使う仕事が主になります。
急性期の病棟や集中治療室で勤務している看護師さんなら急患の入院準備や急変対応などが重なって休憩時間もまともに取れないこともあります。
中には食事も取れないなんて看護師さんもいるくらいです。
食事も取れないのにLINEの返信をしている時間は残念ながら取れないのです。

また、仕事になれないうちは家に帰ってもクタクタに疲れてすぐに寝てしまったり、自己学習をしていたりとなかなかLINEの返信をする時間がないのです。。

さらに休日は研修や勉強会・病棟会などの予定が入っていたりでプライベートな時間をとることも困難なことがあり、「返信は明日に」「ゆっくり時間が取れるようになってから改めて返信しよう」と考えて返信が遅くなってしまうこともあるのです。

≪夜勤が多い≫

看護師の勤務形態は日勤と夜勤に分かれます。
夜勤の勤務時間は通常夕方から翌日の朝までとなっており、約16時間と長時間の勤務をしなければなりません。

若い看護師は、体力があるから、という理由で夜勤のシフトが多くなってしまう傾向にあります。
病院によって差はありますが月4~6回程度の夜勤が入ることが多いようです。

また、人によっては若いうちは夜勤専従という働き方をする看護師もおり、その場合は月10回程度の夜勤をするようになります。

病院や部署によっては夜間患者さんが寝ている時間は交代で仮眠が取れるところもありますが忙しい部署では仮眠の時間がないこともあります。

そんな勤務の中でLINEを返信することは極めて困難なのです。
また、夜は寝ているだろうからと夜中の返信を遠慮している看護師さんもいます。

≪残業時間が長い≫

急性期や集中治療室など忙しい部署の看護師は残業時間も長時間となりやすい傾向にあります。中には朝9時から日勤を始めて日付が変わる時間まで残業をするような人もいます。

こんなにも残業時間が長くなってしまう主な理由は、看護記録を書かなければならないからです。
多忙な業務の中で看護記録を書くのは実は至難の業なのです。
看護記録は患者さんの状態を詳しくかつ分かりやすく記載しなくてはならないため、しっかりと書き込まなければなりません。
一般病棟の看護師さんであれば1日の受け持ち患者さんの人数は7~8人程度です。
この人数の記録を書くにはかなりの時間を要するため、残業せざるを得ないのです。

残業を長時間、ほぼ毎回していると体力的にも精神的にも疲労困憊の状態となり、LINEの返信どころではなくなってしまう人もいます。
翌日も仕事だと帰ってすぐに寝て休みたい、翌日の仕事に備えないと、と考えてスマホを見る間もなく寝てしまい、結果的にLINEの返信が後回しとなって返信が遅くなってしまうのです。

【脈アリな人にはいつまでに返信する?】

結果から言うと、好きな男性に返信をするまでの時間や期間は関係ありません。
どんなに多忙で疲れていても好きな男性のためなら頑張って返信しようとするのが女心というものです。

看護師は本当に多忙な職業です。
残業も多く日勤と夜勤の交代勤務で生活リズムも乱れていることが多いです。
夜勤明けや休日も寝て過ごしている人もいるくらいです。

そんな忙しい生活に理解を示して、返事を急かさず待っていて欲しいと、いうのが看護師の本音なのです。
奉仕する仕事をしているため自分のことになると無頓着になるという看護師さんも多いので、返事が遅いときは労いの言葉をかけてあげてください。

返信をする側も、忙しくて疲れていることを理由に返事を先延ばしにしすぎるのはなるべく避けましょう。
疲れて1秒でも長く寝て休みたいでしょうが、返事を待つ側も長く待っていると何かあったのではないか、嫌われるようなことを言ったかなど不安になってしまいます。
相手のことを思っているのならできるだけその日の内に1回でも返信をするように心掛けましょう。

【他にラインの返信が遅い理由】

≪単純に忙しい≫

毎日長時間の残業をしなければならなかったり、休日も研修や勉強会・病棟会などで予定
が埋まっていることが多く、LINEの返信をするための時間をゆっくりと取れないことも多
いのです。

毎日予定がびっしり入っていると誰でも家に帰ったら即ベッドに横になって寝たいと思うものです。
加えて1人暮らしをしているような人なら家事や食事の準備などの時間も必要となり、ますますLINEの返信が送れがちになります。

≪返す言葉をじっくり考えてしまう≫

LINEの返事だけなら1~2分あればできるだろうと考える人もいるでしょう。

しかし好きな男性に適当な返事をしたくないと思い、じっくりと返事の内容を考え、結果的に返事が遅くなってしまう人もいるのです。
中には送信する前に何度も文章を読み直し、相手に気に入ってもらえるか、不快にさせたりしないか、と考え込んでしまう女性もいます。

その結果、返信が遅くなってしまうのです。

≪返しにくい内容だった≫

同性同士のLINEでも反応に困るLINEをもらうことがありますが、男女間のLINEでも同じ現象が起きます。
たとえ好きな男性からのLINEでも、返事しづらい内容のLINEがきたときにはすぐに返信するのが困難なことがあります。

返しにくい内容のLINEでもなんとかして返事をしようと、頑張ってくれているかもしれないので気長に待ってみましょう。
自分の送ったLINEの内容を読み返して返事に困っていないかなどを考えてみるのも1つです。

≪そもそも脈ナシ≫

女性はその気のない男性に対してマメに返事をすることはありません。
または別に気になる男性がいて、その人とのLINEで盛り上がっていることもあります。

脈ナシの男性に対しては、多忙なことを理由に返事をする頻度をだんだんと減らし、連絡を取らないようにしているという可能性もあります。

本当に仕事が忙しくてLINEの返信をする時間がないという場合もあるので慎重に見極めなければなりません。

【脈ナシLINEの特徴】

≪既読スルー≫

LINEの特徴として相手がメッセージを読むと「既読」がつく機能があります。
この既読がついているにも関わらず1週間くらい返事が返ってこないという状態になっている場合は脈ナシの可能性が高いです。

ただし、本当に仕事が忙しく休日も自分の時間が取れないような状態もありますので、しばらく既読スルーされているというだけで脈ナシと決め付けるのは早いかもしれません。
しばらく返事が来ないなら自分からも労いの言葉を添えて連絡をしてみましょう。

≪返事がスタンプ≫

スタンプは、イラストや短い言葉で自分の気持ちを相手に伝える事が出来て便利な機能ですが、返事がスタンプばかりのときは脈ナシという可能性があります。

スタンプはそれだけで気持ちを伝えることができ、文章を打たなくても済むというメリットがありますが、文章ではない分会話が広がりにくいこともあります。
脈ナシの場合、文章を打つのが面倒、という理由で、スタンプを使用しているときもあるので気をつけましょう。

≪会話の内容が事務的会話≫

本当に脈アリの場合であれば、LINEの内容にしっかりと興味を持って、会話を弾ませようとする努力をしてくれるでしょう。
しかし、脈ナシという場合には、会話を弾ませようとするどころか、早くやり取りを終わらせようと事務的な会話になりやすいです。

相手の興味のある話題を振ってみたり、少し時間を置いてからまたLINEを送ってみるなどをしても事務的な会話が続くのならば脈ナシの可能性が高いです。

≪返信が遅い≫

39 件

関連するまとめ

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

| 3,199views
8話。『連絡先』

8話。『連絡先』

| 8,301views
奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

| 21,189views
「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

| 14,908views
新連載。「ありがとう。看護師と患者の物語」

新連載。「ありがとう。看護師と患者の物語」

| 21,559views

このまとめのキーワード