infy [インフィ]

看護師の勤務体制。2交替制と3交替制には向き不向きがある。それぞれのメリット・デメリット

看護師の勤務体制。2交替制と3交替制には向き不向きがある。それぞれのメリット・デメリット

看護師の職業に就くにあたり、日勤のみにするか夜勤をするか迷いますよね。夜勤を行う場合さらに2交替勤務か3交替勤務、どちらが自分に合っているのか迷う人も多いでしょう。今回そんな悩みを解決すべく、夜勤を行うにあたり2交替勤務と3交替勤務のメリット・デメリットを紹介します。メリット・デメリットを把握しておくことで、自分がどちらの勤務に適しているかを判断することが容易となります。

| 5,275views
お気に入り追加 0

【看護師の勤務体制。2交替制のメリットとは】

看護師の2交替勤務はどのような内容なのでしょうか?これから2交替勤務に就く人や2交替勤務をしようか考えている人に、2交替勤務に就くメリットをわかりやすく解説していきます。

3交替より夜勤手当が多い

2交替の場合、3交替よりも夜勤手当が多いメリットがあります。2交替勤務の場合は「日勤8時~17時」・「夜勤16時~9時」の交替勤務となります。対して3交替勤務の場合は「日勤8時~16時45分」・「準夜勤16時~23時45分」・「深夜勤務24時~8時45分」の交替勤務となります。

2交替勤務と3交替勤務では、勤務時間に大きな違いが見られますよね。法律では夜勤手当に関して「22時~5時」の勤務時間帯を夜勤手当の対象とすることが明記されています。これらのことから、必然的に3交替勤務よりも2交替勤務の方が夜勤手当を多く貰えることがわかります。

勤務の後はだいたい休み

2交替勤務の場合、夜勤勤務の後はだいたい休みになります。2交替勤務の1週間の勤務例を見てみましょう。「休み・日勤・夜勤・明け(休み)・休み・日勤・日勤」月曜日から日曜日までの勤務例をあげました。基本的に4週8休と考え夜勤の翌日は「明け」という形になり休みの扱いにはなりません。結果、週休2日ですが明けを含めると週休3日になります。夜勤終わりにそのまま日勤日に入ることはまずありません。

休憩が多い

3交替勤務の場合、休憩時間は45分~1時間となります。2交替勤務の場合は「仮眠時間」と呼ばれる休憩があり職場により異なりますが、2時間~4時間ほどの休憩時間があります。この間に食事を摂り仮眠を取りますが、多くの職員は眠らず横になっているのが現状です。この仮眠時間は休憩時間ですが、実質は勤務時間とみなされます。ですので、患者さんの様態が急変したり緊急搬送されてきた場合は、直ちに対応する必要があります。このように3交替勤務に比べ2交替勤務では休憩時間が長いというメリットがあります。

生活のバランスがとりやすい

2交替勤務では日勤と夜勤をするため、比較的生活リズムがとりやすいです。夜勤をしていない日勤勤務の人と比較すると生活リズムは崩れがちですが、3交替と比較すると生活バランスがとりやすいメリットがあります。

【逆に!勤務体制が2交替制のデメリットとは】

次に看護師で2交替に就くデメリットを紹介していきます。2交替に就くことでどのようなデメリットがあるのかを把握し、事前に対処方法を考えておくとよいでしょう。

勤務時間が長い

2交替勤務の場合日勤は8時~17時と、9時間拘束の8時間勤務になります。しかし、夜勤では16時~9時と17時間拘束となります。その間に2~4時間の仮眠休憩はありますが、勤務時間が通常業務の2倍になることがわかります。このように夜勤の勤務時間が長くなっている点では、2交替勤務をする上でのデメリットと言えます。

体力が必要

2交替勤務に就く上で夜勤勤務では長時間労働を強いられることがわかりました。夜勤での長時間労働を乗り切るためには、当然体力が必要となります。仮眠時間中に患者さんの様態が急変したり急患が搬送されれば、対応しなければならないため休憩時間はなくなります。このように夜勤は長時間労働の上ハードなため、必然的に体力を要するのです。

集中力が続かない

夜勤が長時間労働となるため、どうしても集中力が途切れがちになります。その上深夜帯ともなると、眠気と疲労が重なります。集中力が続かないことは仕方ありませんが、そのことによりミスを犯すことは許されません。人が物事に対し集中できる平均時間は2~3時間と言われています。この2、3時間のタイミングで少しストレッチや目をつぶって休息するなど、自分なりに対処法を考えて試してみましょう。

ミスが増える

夜勤勤務での長時間労働に加え深夜帯での眠気や疲れから、どうしてもミスをしがちになります。上記でも紹介しましたが、集中力が途切れてしまうとミスも増えてしまいます。看護師という職業柄、1つのミスが患者さんの命に関わってきます。2交替での夜勤にはこのようなデメリットもあります。

【勤務体制が2交替制に向いている看護師ってどんな人?】

体力・集中力共に必要不可欠な2交替勤務。この2交替勤務に向いている人は、いったいどのような看護師なのでしょうか?2交替勤務をする上で、向いていると考えられる看護師の特徴をまとめましたので参考にしてください。

体力のある看護師

交替勤務につくだけでも体力は必要となります。その上夜勤勤務が長時間労働となると、絶対に体力のある看護師がむいていると言えます。体力に自信のない看護師は夜勤を乗り切ることができないかもしれません。もし乗り切れたとしても、フラフラでまともに業務を行えないことも考えられます。1度ではなく今後同じ職場で働き続ける限り夜勤をすることとなりますので、2交替勤務には体力のある看護師が向いていると言えます。
75 件

関連するまとめ

私看護師に向いていないかも…看護師に向いている人・向いていない人の特徴

私看護師に向いていないかも…看護師に向いている人・向いていない人の特徴

| 11,276views
なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

| 11,231views
すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

| 8,541views
仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

| 11,495views
本当にきつい!看護師の5連勤の実態と看護師の声、5連勤を避ける方法ってある?

本当にきつい!看護師の5連勤の実態と看護師の声、5連勤を避ける方法ってある?

| 8,308views

このまとめのキーワード