infy [インフィ]

患者に受け持ち拒否された…看護師が受け持ち拒否された時の対応

患者に受け持ち拒否された…看護師が受け持ち拒否された時の対応

受け持っていたはずの患者に対して受け持ちを拒否される経験をしたことはありませんか。受け持ちを拒否されたときの看護師が取るべき対応や受け持ち拒否をされないようにするためのコツをご紹介します。

| 7,587views
お気に入り追加 0

【看護師が患者に受け持ち拒否される原因あるあるとは】

受け持ちを拒否されてしまう原因をいくつかご紹介します。

<手技をミスした>

看護師がよく起こすミスとしては点滴などの手技におけるものがあります。
間違えてチューブに足を引っかけてしまったり、点滴ラインの漏れや外れることもミスに含まれるでしょう。

また、絶対に二度と起こしてはいけないような手技ミスをする看護師も少なからずいます。
点滴を入れ間違えてしまい、一歩気づくのが遅れれば大変なことになっていた・・ということもあります。

患者の命に大きく関わってくる手技においてミスをされてしまえば、命を預けている患者は、当然不安な気持ちになります。
あなたで大丈夫かな?不安だなと感じ、受け持ち拒否されることが多いです。

<声掛けが不十分だった>

患者に医療サービスを提供する時に声掛けが不十分だったことが原因で受け持ち拒否されることも珍しくありません。例えば患者に採血や点滴などで針を刺すときに「針指しますね」という一言は絶対に必要です。

こういった声掛けを忘れてしまうことで何も言わずに受け持ち拒否をされてしまうケースがあります。治療のためとは言っても針を刺されることは誰だって良い気持ちはしません。
ましてや無言ではストレスになってしまうのです。

患者の気持ちをよく理解していないと、行動だけでは良質なサービスを提供出来ないでしょう。声掛けが足りなくて受け持ち拒否になった場合は、次はどう声掛けをすればいいのか考えておくべきです。

<患者が不快になるような言葉をかけた>

看護師の不快な言動によって患者が嫌な気持ちになっている場合があります。
上手く言葉がでなくて自分なりに発した言葉が実は患者の心を傷つけていた・・ということがあるのです。
病気やケガをしていて入院している患者は当然気持ちが常に上向きでいるのは難しいです。
重い病気と闘っていれば一層、一つ一つのことに敏感であることも多いです。
そのため看護師が発する言葉はひとつひとつ丁寧なものでなければなりません。

<気遣いができていなかった>

患者に対して気遣いが出来ていないと、患者から見たあなたを考えていないことがあります。
患者目線の気遣いが出来ていないと、「上から目線な看護師」「言葉が悪い、横柄な人」という印象を与える場合があるのです。

相手が求めていることは何なのかを言葉・仕草・表情から考えて行動しなければなりません。
ケガや病気をしている自分を大切にして欲しいと思うのは当たり前のことです。
毎日の治療で気が滅入っている患者もいれば、静かにしたい患者もいます。
それぞれ何が理想なのか考えて寄り添うことが看護師に求められます。

<人として合わなかった>

患者が高圧的な態度をとっていたり、言い方がキツイと合わないと感じることもあるでしょう。
出会った人全員があなたとピッタリの性格や相性であることは難しいでしょう。
人として合わないと感じるのは看護師も、そして患者も同じなのです。
受け持ち患者であっても必要以上に関わらず業務をこなしていくことがベストと言えます。

【患者に受け持ち拒否された時の看護師がすべき対応とは】

受け持ちを拒否されたときに看護師がまず、すべきことはなんでしょうか。

<なぜ拒否されたのか確認する>

まずはなぜ受け持ち拒否される事態に至ったのか理由をゆっくりと尋ねましょう。
患者側には看護師を受け持ち拒否にする理由が少なからずあります。
話を聞くだけで患者との関係がより強固になる場合もあります。

患者が何に対して不満・不安に思ったのかその理由を話しを聞くことで知りましょう。
話を聞こうとしたときに、「あなたには言いたくない」などと言われたら他の看護師にお願いしましょう。

主任、市長、同僚などから聞いてもらうと理由を教えてくれる可能性が高いです。
不満を聞いてすぐに改善できるようであれば、その時点で受け持ちを継続することもあります。

また、患者が思っていたことを聞くと看護師であるあなた自身というよりも患者とのコミュニケーション不足が原因で受け持ちを拒否した例もあります。

<謝罪する>

自分に非があると分った場合は患者に謝罪をしに行きましょう。
自分の非を認めて謝ることで、患者側も心を開いてくれる可能性があります。
そして話を聞いていくうちに実は患者が思っていたことが分かることが多いのです。

自分のどの行動で相手を不快にさせてしまったのかを振り返り、理由が分かっているのであれば謝罪を伝えに行きましょう。受け持ちの担当は外れても病院内のどこかで会うかもしれません。その時にお互い気持ちが気まずければ良い気持ちにはなれないでしょう。

<先輩に報告する>

受け持ち拒否された場合は一人で悩み抱え込まず、他の先輩看護師に相談しましょう。
対応が難しいと思っている患者は他の看護師も同様に思っている可能性もあります。
ベテラン看護師に相談することによって今後の対応をどうすればいいのか考えられます。

<しつこく質問せず、受け持ちを変更する>

看護師である自分に非があったのか、他の看護師が理由を聞いても分からない場合があります。もしかすると病気で苦しんでいる時に笑顔で接してきた看護師が嫌になったかもしれませんし、優しく丁寧な対応が嫌と感じたのかもしれません。

患者もあなたと同じく人間なので、たまたま嫌な気持ちになっただけの場合もあります。
理由がはっきりしない時はしつこく患者に問いたださずに、受け持ちを変更しましょう。
ある程度の距離を保つことで患者にストレスを与えずに見守る姿勢でいられます。

接触がある場合も無理に会話しようとせずに、軽く挨拶だけにしましょう。
受け持ち拒否されることは珍しいことではありません。
深く悩まずにそういうこともあるんだな、と前向きに考えていくことが大事です。

【患者の受け持ちを離れた後の看護師がすべき対応とは】

62 件

関連するまとめ

看護師だってたくさん食べたい!私は食べることを愛するのだ!!

看護師だってたくさん食べたい!私は食べることを愛するのだ!!

| 13,193views
毎日毎日ストレス。看護師が職場でストレスを抱えやすい原因とは

毎日毎日ストレス。看護師が職場でストレスを抱えやすい原因とは

| 7,635views
信頼される看護師になろう。患者さんを安心させるコミュニケーション

信頼される看護師になろう。患者さんを安心させるコミュニケーション

| 9,074views
看護師になったけど職場に馴染めない!職場に馴染めないときの対処とは

看護師になったけど職場に馴染めない!職場に馴染めないときの対処とは

| 6,958views
看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

| 17,117views

このまとめのキーワード