infy [インフィ]

これを見れば丸わかり!准看護師のお給料事情

これを見れば丸わかり!准看護師のお給料事情

准看護師と正看護師は何が違うの? 仕事内容や給料にどれ位差があるのでしょうか? 気になる准看護師のお給料事情を解説します。

| 3,033views
お気に入り追加 0

准看護師の給料って?

准看護師は「平成28年 看護統計資料集」によると、平成27年に日本全国で358,302人が就業しています。

就業場所別でみると、主な就業場所は病院と診療所で、病院が39.5%、診療所が35.7%を占め、約75%の人が医療機関で働いています。

正看護師と准看護師は、一見同じような仕事をしているように見えますが、給料には差があります。

今回は、准看護師の給料の実態について紹介します。

仕事内容に差はないけど、一体いくら貰えるの?

准看護師の給料は一体いくらもらえるのでしょうか?
厚生労働省の統計から調べてみました。

厚生労働省が実施した「平成29年 賃金構造基本統計調査」によると、准看護師の給与は、約平均28万円でした。
年間のボーナスが約66万円でした。
年収にすると、402万円です。

日本の平均年収が、420万円前後なので、准看護師の給料は平均年収を下回る金額となっています。
男女含めた全ての職種の中では、高収入とは言えないようです。

正看護師との差はある?

正看護師との給料に差はあるのでしょうか。

准看護師の方からの同じような仕事内容をしているのに、給料が違うとの意見を耳にすることがありますが、実際はどれ位給料に差があるものなのでしょうか。

厚生労働省が実施した「平成29年 賃金構造基本統計調査」をもとに、
女性における各年代の正看護師と准看護師の給料の差を比較してみました。
 ■正看護師と准看護師の給料の差【女性】
               給料     ボーナス   年収     看護師との差額
 20代前半  看護師   約28万円   約47万円  約383万円      -
        准看護師  約22万円   約27万円  約291万円    約92万円
 20代後半  看護師   約32万円   約75万円  約459万円      -
       准看護師  約24万円   約45万円  約333万円    約126万円
 30代前半  看護師   約32万円   約77万円  約461万円      -
       准看護師  約26万円   約53万円  約365万円    約96万円
 30代後半  看護師   約33万円   約83万円  約479万円      -
       准看護師  約26万円   約62万円  約374万円    約105万円
 40代前半  看護師   約35万円   約89万円  約509万円      -
       准看護師  約28万円   約70万円  約406万円    約103万円
 40代後半  看護師   約35万円   約92万円  約512万円      -
       准看護師  約28万円   約71万円  約407万円    約105万円
 50代前半  看護師   約36万円   約95万円  約527万円      -
       准看護師  約30万円   約74万円  約434万円    約93万円
 50代後半  看護師   約36万円   約96万円  約528万円      -
       准看護師  約30万円   約77万円  約437万円    約91万円

比較すると、各年代において、正看護師と准看護師では、約90万円~100万円の年収の差があることが分かりました。

なぜこんなにも差があるの?

では、一体なぜ正看護師と准看護師の給料には、こんなに差があるのでしょうか?

その理由は資格の内容の違いにあります。

正看護師は、厚生労働大臣が認定する国家資格です。
一方、准看護師は、都道府県知事が認定する資格です。

国家資格ではない分、資格の取得がしやすいことも給料に差がある理由の一つです。

実は正看護師になる人が増えている?

仕事量と給料のギャップ

准看護師の仕事量は、現場では正看護師と同等レベルで求められる一方で、給料に大きな開きがあります。

仕事量と給料との差にギャップを感じて、正看護師の取得の必要性を感じる方も少なくないのです。
このため、准看護師として働きながら正看護師の資格取得をする方が多くいます。

准看護師から正看護師になる方法は、以下の2つがあります。

① 看護系の短大または専門学校(2年間)を卒業する。
② 准看護師として10年以上の臨床経験がある場合は、2年間の通信教育を受ける。

上記の短大・専門学校・通信教育のいずれかを修了すると、看護師国家試験の受験資格が与えられるので、国家試験へ合格できれば正看護師へとなることができます。

通信教育によって受験資格が取得できるようになったのは、2004年のことで、これにより、働きながら正看護師へのキャリアアップする方が増加しました。

「平成28年 看護統計資料集」で看護師と准看護師の年次推移を見てみましょう。

平成18年末から平成27年末時点での看護師・准看護師を合わせた総数は、約1.2倍となり、約126万人から約154万人へと増加しています。

その内訳では、看護師数は平成18年末から平成27年末にかけて約1.4倍増加したのに対し、同期間の准看護師数は約0.9倍で約1割減少に転じています。

この数字からも、いかに正看護師が増加しているのか、見て取れます。

そもそも準看護師とは

33 件

関連するまとめ

動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

| 2,357views
やっぱり気になる、看護師のお給料事情。高いけど、低い?それってどういうこと?

やっぱり気になる、看護師のお給料事情。高いけど、低い?それってどういうこと?

| 1,501views
看護師の給料の手取り。働く環境でこんなにも差が出る理由は?

看護師の給料の手取り。働く環境でこんなにも差が出る理由は?

| 1,664views
これを見れば丸わかり!准看護師のお給料事情

これを見れば丸わかり!准看護師のお給料事情

| 2,648views
准看護師になるために!〜准看護師試験について〜

准看護師になるために!〜准看護師試験について〜

| 1,234views

このまとめのキーワード