infy [インフィ]

オペ室での補佐だけじゃない!オペナースとして働く看護師に大切なこと

オペ室での補佐だけじゃない!オペナースとして働く看護師に大切なこと

オペナースの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

| 2,115views
お気に入り追加 0
オペ室で仕事をする際は
医師のサポート以外にも
大切なことが多くあります。

今回はオペナースとして働く上で
何が求められるのか紹介します。
この記事を読んで、
参考になったと思って頂けたら幸いです。

先のことを予測することが大事

オペ室の中で看護師は
メスやハサミなどの器械出しを行い、
医師をサポートしていきます。

医師が行う手術の内容を見て、
次に何の器械が必要なのかを予測して
器械出しを行っていくことが必要です。

器械の名前を覚えるなど仕事に
慣れるのにも時間がかかります。
その分、やりがいもあります。
医師に言われたとおりにそれを出せばよいというわけではありません。手術の進行を把握し、医師の指示がある前の段階で次に必要な器具を予測する能力も求められます。

器械や術式などの知識が必要

手術に使う器械の名前や
どういった術式があるのか
といった知識が必要になります。
病気や医師によっても使う器械や
術式の手順も変わってくるので、
覚えることは多いです。

学生時代にはオペナースの
仕事内容の多くは教わらないため、
入ったばかりは苦労します。
国家試験の成績だけでは
語れないことがあるのを痛感します。
オペナースの仕事内容のほとんどは、看護学生時代に教わらないことです。たとえ看護師国家試験の成績が良くても、手術室に配属されればゼロからのスタートに等しいのです。

準備と患者への声掛けが求められる

オペナースの仕事の一つに
外回りと呼ばれる器械の用意や
使用した医薬品の記載、
患者の気分を医師に伝える
といった役割があります。

患者の不安を和らげるための声掛けや
家族に手術の様子を伝えます。
準備一つ遅れるだけで患者の状態や
手術の進行が変わってくるので重要です。

術前に行う回診も大事

白衣の女性41|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

手術前に回診に行き、
患者の状態を把握しておくことも必要です。
手術はオペ室に入る前から始まっています。

勉強会に参加したり、
医師や病棟にいる看護師と
コミュニケーションを取って
情報や意見を交換していくのも
大事な所になっていきます。
16 件

関連するまとめ

オペ室で働きたい!手術看護認定看護師になるためには

オペ室で働きたい!手術看護認定看護師になるためには

| 1,686views
看護師が語る!オペ室で起こった信じられない出来事3選

看護師が語る!オペ室で起こった信じられない出来事3選

| 9,566views
知っておこう!担当別の労働環境の違い

知っておこう!担当別の労働環境の違い

| 1,245views
【あるある】手術室看護師の実態!!

【あるある】手術室看護師の実態!!

| 18,740views
【どうやったら】医師に信頼される看護師になりたい!【なれるの?】

【どうやったら】医師に信頼される看護師になりたい!【なれるの?】

| 360views

このまとめのキーワード