infy [インフィ]

席次表はどうしている?結婚式での席次表の作り方

席次表はどうしている?結婚式での席次表の作り方

披露宴での大切なペーパーアイテム、席次表。会場でゲストがご自分の座席がどこなのかを確認できるガイドですね。この席の決め方に一定のマナーがあるのはご存じですか?今回は、席次表の作り方や注意点などをおさえていきましょう。

| 3,979views
お気に入り追加 0

【席次表の基本的なこと】

席次表は、当日披露宴会場でゲストが最初に目にするアイテムです。
それだけに、ご招待した方に失礼のないように、マナーをおさえて分かりやすい席次表をつくりたいですね。

ここでは、席次表を作る際に知っておくべき基本的なことを確認しておきましょう。
まず、席の配置を決める前に、主賓、会社の上司や同僚、友人、親族、家族などグループに分けておくと作業が始めやすいです。

<席の配置>

まず、披露宴会場でテーブルの配置を考える必要があります。
テーブルの配置は丸テーブルを複数バランスよく配置した「ちらし型」が一番多いパターンですが、会場によって可能なレイアウトがありますので、式場のプランナーの方に事前に相談しましょう。

テーブルは、高砂席(新郎新婦の席)に向かって、新郎に近い左側に新郎のご招待客と関係者、新婦に近い右側に新婦のご招待客と関係者になるように配置することが基本的なルールです。

ただし、婿養子の場合は、新婦を上位と考えてテーブルの配置が左右逆になることもあるようです。

また、両家のゲスト数が揃わずに開きがあるような場合、例えば新郎側のスペースに新婦側のテーブルを配置することは問題ありません。
もしくは、両家のゲストが同じテーブルに同席しても構いません。

披露宴でゲストの皆さんに楽しく過ごしていただくためには、席の配置は大切なポイントですね。
初めてのことで頭を悩ます方が多いと思いますが、分からないことは、プランナーの方にどんどん質問するとよいでしょう。

<上座は新郎新婦から一番近い場所>

上座・下座という言葉は知っている方が多いと思いますが、日本独特のマナーですね。
座る場所によって、お客様や目上の方に敬意の気持ちを表しますが、結婚式では上座はどこの場所になるでしょうか?

上座は新郎新婦が座る正面中央の「高砂席」から一番近い場所になります。
上座には主賓や勤め先の上司、あるいは恩師など目上の方にお座りいただきます。

ただし、会費制のウエディングでは、親族にお二人の晴れ姿を見せるという意味から、上座には親族が座る場合もあるようです

<下座は新郎新婦から一番遠い場所>

下座は上座の反対と考えればよいわけですから、高砂席から遠い場所になります。
広い会場ですと、新郎新婦の姿がかなり遠くに見える位置になりますよね。
出入り口に近いほど下座となるわけです。

下座には親族が座りますが、親は出入り口に一番近い末席、関係が遠い親戚や年配の親戚ほど下座の中でも上の方と覚えておくと良いでしょう。

両親とお二人との距離が遠いと感じられるかもしれませんが、親はおもてなしをする側になるため、末席となります。

ビジネスでも同じですが、席次のルールは大切なマナーですのでしっかり把握しておきましょう。

【席次表の作り方】

海外から学ぶ!オシャレなウェディングアイテム参考集【 席次表・プチギフト・ウェルカムボードなど 】 » 手作り席次表応援!複雑な配席表・配置図・座席レイアウトはこう作る!見本例

さて、席次表の作成を依頼する場合にも自分でオリジナルを作る場合にも、ご招待したゲストの皆さんに心地よく楽しんでいただくために気をつけておきたい点をまとめました。

<幼児や子供連れは入り口の近くに>

小さいお子様連れのゲストがいることが分かっている場合は、できるだけ会場の出入り口に近い席を用意してあげましょう。

披露宴の最中に子供がぐずり出したときに、 さっと会場の外に出られれば、ゲストも安心して過ごせるでしょう。
また、いつでも出入りしてもよいことを伝えておくと、親の気持ちはずいぶん楽になります。

赤ちゃん連れの場合は、できればベビーベッドの用意があると喜ばれます。
用意できるか否かは会場によりますので、可能であるか聞いてみるとよいでしょう。

<主賓と友人は一緒の席にしない>

ご招待客の中で主賓や会社の上司の方は人数が少ないため、6名が座れるテーブルでも3~4名になる場合もありますが問題はありません。

席が空き過ぎて寂しいと感じる場合には、両家の主賓に同じテーブルに座っていただくことをおすすめします。

ただしテーブルの空席を埋めるために、主賓と友人を同席にすることはマナー違反ですので注意しましょう。
新郎新婦のそれぞれの友人が同じテーブルに同席することは問題ありません。

<親族の席は両親に確認を>

親族の席も席決めの際に気をつける点があります。

親族間はさまざまな理由から関係が悪化しているケースが意外と多いものです。
全くそのような心配がない親族ももちろん多いでしょうが、念のため両親に相談するのが一番です。

同じテーブルに同席したり、隣同士の席にしても問題ないのか、相談してから席決めをすることをおすすめします。

<同じグループの人が一つの席に入らないときは二つに分ける>

仕事関係のゲストや、学生時代の友人など、グループごとに同じテーブルにまとめたいところですが、一つのテーブルに座りきれない場合もあります。その際には2グループに分けましょう。
グループ内で1名だけが違うグループのテーブルに座ることは避けたいですね。

例えば、最大着席数が6名のテーブルの場合、大学時代の友人7名のうち1名を違うテーブルに配置するのではなく、3名と4名などに分けて、違うグループとの相席にするとよいでしょう。

【席次表を作ってくれる場所】

席次表も含めて招待状や席札、メニュー表などのペーパーアイテムは、皆さんどうされますか?
式場に依頼するか、外注業者に依頼するか、あるいは自分で手作りするか悩むところですね。

お二人とも仕事が忙しくて時間があまり取れなければ、式場に依頼するのが一番楽な方法です。
ただし、それぞれメリット・デメリットがありますので、お二人のライフスタイルや予算、自分で作る場合に必要なパソコンスキルを考えて検討することが大切です。

ここでは、それぞれの方法についてご紹介します。

<結婚式場>

式場に依頼するといっても、ゲストのリストはもちろん自分たちで作成しなければなりません。
リストさえできれば、作成自体はお任せできるので一番楽な方法です。

打ち合わせ時にサンプルを確認できることやプランナーも確認してくれるので間違いが少ない点がメリットです。

何かと忙しい新郎新婦の時間と労力の負担が少なくなるのも助かりますね。

ただし、一番コストがかかるのは式場依頼の手配です。
席次表は基本的にゲストの人数分は必要となるものなので、コストがかかるのはデメリットといえます。

<席次表を作ってくれる外部業者>

外部業者に依頼する場合も、式場に依頼する場合と同様に、作成のすべてを任せることができ、一定のクオリティもあるので安心です。

結婚式などのペーパーアイテム専門業者の場合はデザインの種類が式場に依頼するよりも豊富な点はメリットと言えるでしょう。

コスト面でも式場依頼より安いところが多いようです。
ただし、業者の選定や打ち合わせのやりとりに時間がかかるのがデメリットですね。

<自分自身で作る>

48 件

関連するまとめ

平日の結婚式はどう?平日に結婚式を挙げるメリット・デメリット

平日の結婚式はどう?平日に結婚式を挙げるメリット・デメリット

| 3,514views
年賀状で結婚報告!うっかり嫌われないための年賀状対策は?

年賀状で結婚報告!うっかり嫌われないための年賀状対策は?

| 6,266views
結婚したいけど、デメリットが。慎重な結婚が長続きするコツ!?

結婚したいけど、デメリットが。慎重な結婚が長続きするコツ!?

| 6,516views
結婚の不安を解消するためのアドバイス!結婚のメリットやデメリットを考える

結婚の不安を解消するためのアドバイス!結婚のメリットやデメリットを考える

| 5,222views
「できちゃった結婚はうまくいかないことが多い? 幸せなできちゃった結婚とは?」

「できちゃった結婚はうまくいかないことが多い? 幸せなできちゃった結婚とは?」

| 2,071views

このまとめのキーワード