infy [インフィ]

最近人気のアイライナー。自分に合ったアイライナーを選ぶときのコツをご紹介

最近人気のアイライナー。自分に合ったアイライナーを選ぶときのコツをご紹介

アイライナーといえば、アイメイクの中でも一番目を際立たせてくれる大切なアイテムですね。しかし、お店に行くと、さまざまな商品が並んでいるので、どれを選んだらよいか迷いませんか?ペンシルやリキッドなど種類もいろいろ、ブランドもさまざまです。 そこで、今回はアイライナーの特徴を種類別にまず説明します。それぞれの特徴が分かれば上手く使い分けできるし、よりメイクを楽しめます。最後に最近人気のアイライナーを5つご紹介しますので参考にしてくださいね。

| 2,913views
お気に入り追加 0

【アイライナーの種類と特徴】

アイライナーといっても、いろいろなタイプの商品があります。
ここでは、主なタイプを4つご紹介します。
それぞれの特徴を理解して、どのタイプなら自分が使いやすくて、なりたい目元に近づけるか考えてみましょう。
ひとつのタイプだけでなく、いくつか持って使い分けるのもおすすめです。

《ペンシルタイプ》

ペンシルタイプは、名前の通り、鉛筆の形をしているアイライナーです。

削って使うタイプと繰り出し式の2種類がありますので、実際にテスターでどちらが使いやすいか試してみるとよいでしょう。

ペンシルタイプの特徴は、何といっても、ナチュラルな仕上がりになることです。
自然にやさしく仕上がるので、初めてアイライナーを使う方にはオススメです。

発色が穏やかなので、ぼかしやすいのもメリットです。
まつ毛の生え際も埋めやすいので、アイラインの太さ・ぼかし方次第で、まつげを濃く見せられるので、目元に存在感を与えられます。

ラインをひくときは、少しずつ描き足せるので失敗しにくく、修正もしやすいです。
芯の太さを変えたいときは、削り方で調整もできます。
また、リキッドタイプと異なり、ペンシルアイライナーの削るタイプなら、残量が分かりやすいですよね。

ただし、ペンシルタイプは落ちやすかったり、汗や涙でにじんだり、少しよれてしまうこともあります。
しかし、最近では、落ちにくくて、にじみも少なく、よれにくいという優秀なアイテムが多く登場しています。

《リキッドタイプ》

リキッドタイプは、液状で筆ペンのようなアイライナーです。

ペン先が細いため、クッキリとしたシャープなラインを引けるので、目力のある洗練された目元を演出できます。
また、リキッドならではのツヤ感を出せるのも魅力の1つです。

目尻を少し跳ね上げて描くセクシーなキャットライン、目のキワに入れる極細ラインなど、いつもの目元の印象を変えたいときにもオススメです。

ナチュラルメイクからしっかりメイクまで出来るので、リキッドタイプはオールラウンダーといえますが、スルッとした書き心地なので描きやすい反面、滑りがいいため、描き間違いもしやすいです。
初心者は失敗しやすいので、注意が必要ですね。

ただし、リキッドタイプ・筆ペンではなく、フェルトペンのようなペン先のものもあります。
アイライナーに慣れていない方でリキッドを使いたいのなら、ペン先が筆ペンタイプより安定しやすいフェルトペンタイプを選ぶとよいでしょう。

《ジェルタイプ》

ペンシルタイプとリキッドタイプの中間のような役割のあるタイプが、ジェルタイプです。
ボトルなどに入っているジェルを、筆に取って使うタイプ、繰り出しタイプがあります。

慣れるまでには多少時間がかかることもありますが、柔らかい質感なので、少しずつ足したりぼかしたりして使うこともでき、幅広い雰囲気のアイメイクに対応できます。

速乾性に優れているため、夏場は汗や皮脂にも滲みにくいのでオススメです。
肌への密着力も高いので、モチが良いのも嬉しいポイントです。

また、見たままの色をそのまま再現できるアイテムが多いため、しっかり発色させたいときや、部分的に濃くしたいときにも役立ちます。

パーティーやイベントなどでのメイクにも、おすすめのアイライナーといえるでしょう。

《パウダータイプ》

専用のチップを使って描くパウダータイプは、アイシャドウとの兼用ができる便利なタイプです。

粉状なので、柔らかな印象の自然なラインを描くことができます。
アイライナーの中でも、一番ナチュラルかもしれませんね。

パウダーアイライナーをひいてから、アイシャドウをつけると、目の際からまぶたにかけて自然なグラデーションを演出できるでしょう。

アイラインは引きたいけれど、少しぼやけた位のアイラインにしたいという方にオススメです。
肌に密着しにくいので落ちやすいデメリットもありますが、自然で優しい目元に仕上がります。

【アイライナーを選ぶときのポイント】

アイライナーの種類と特徴についてわかりましたか?
では、実際にお店でアイライナーを選ぶとき、どんな点に気をつけて選んだら良いかポイントをお話しします。

以下の点に気をつけて、自分に合うアイライナーをゲットしてください。
お店に置いてあるテスターで試してみるのが一番ですよ。

《アイラインのひきやすさ》

初めてアイラインをひいたとき、「難しい!」って感じませんでしたか?
アイメイクに慣れている人ならいいですが、初心者の方がいきなりリキッドタイプを使うと、悲惨な結果になってしまうかもしれません。

アイラインを選ぶときは、ラインのひきやすさが必須条件です。

初めてアイラインを引く時ってドキドキしますが、ペンシルタイプならそんな初心者の方でも描きやすいので大丈夫!
リキッドタイプのように一気に付くのではなく、少しずつ描きたせるので安心です。

《アイラインの色》

アイラインが初めてという方には、黒かダークブラウンがおすすめです。
肌になじみやすい色ですし、ラインがちょっとガタガタしても目立ちにくいところがメリットです。
ラインの引き方に慣れてきたら、他の色も試していくと、色の効果もわかってくるでしょう。

ちなみに、2018年の人気カラーはヴァイオレットとグリーン!
アイシャドウなら納得ですが、少しドキッとする色ですね。

でも、アイメイクに慣れていてトレンドのファッションを上手く着こなせる人なら、洋服や靴などの色と合わせて、紫色のラインが目尻にちらっと見えたら、結構色っぽくてオシャレですよね。
グリーンは春の新色の中で一番多いカラーです。

《アイメイクの濃さ》

アイライナーのどのタイプでも、使い方のコツさえつかめば、薄くも濃くもできますが、パウダーやペンシルタイプよりも、ジェルやリキッドのアイライナーの方がより濃いアイメイクができます。

しっかりメイクで決めたいという日には、リキッドアイライナーでクッキリと濃く描いて、目力をアピールしましょう。

《持ちやすさ》

アイライナーを選ぶときは、持ちやすさもポイントです。
アイライナーが手に馴染んでないと、手ブレしてしまい、綺麗なラインが引きにくいですよね。

かなりスリムなアイライナーもあれば、太い鉛筆のようなアイライナーもあります。
最近では、八角形フォルムのライナーが安定していて持ちやすいと人気ですよ。

また、重さも関係してきます。持ったときにあまり軽いのも手ブレを起こしやすいです。
お店で実際にテスターを使って、持ちやすさも確認しておくとよいでしょう。

【人気のアイライナー5選】

ここでは、最近人気のあるアイライナーを5つご紹介します。
お気に入りの商品があったら、ぜひお店のテスターで試してみてください。

《フローフシ|モテライナー リキッド ブラウンブラック)》

Amazon | フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラック 0.55ml | フローフシ | アイライナー 通販

「アイライナーの最終形」とまで言われているのがモテライナーリキッドです。

アイメイクにこだわりのある女子たちにとっては、見逃せません!
口コミでも理想のアイメイクが出来ると話題になっています。
もちろん、@コスメベストアイライナー第1位!

このアイライナーは、筆職人の手によってこだわり抜かれた毛がミックスされているとっても贅沢なアイテムなんです。
だから描きやすさが抜群!職人技が光るアイライナーの筆なんて他にあるでしょうか?

モテライナーリキッドのおすすめポイントはまだまだありますが、そのひとつが8角形のフォルムです。
手にちょうどフィットする形なので、安定しやすく理想のアイラインに仕上げられます。

人気のカラーは、「ブラウンブラック」。
ブラックだときつく見られるし、ブラウンだとちょっと物足りないかな…という方にオススメの色です。
2色の中間カラーだから、どんなメイクにも合っちゃうんです。
45 件

関連するまとめ

看護師は意外とすっぴんが多い?看護師の化粧事情

看護師は意外とすっぴんが多い?看護師の化粧事情

| 6,654views
唇が厚い女子をどう思う?唇厚い女子に対する印象とは

唇が厚い女子をどう思う?唇厚い女子に対する印象とは

| 5,962views
女性らしさってなに?女子力アップの近道は見習うこと!!

女性らしさってなに?女子力アップの近道は見習うこと!!

| 1,927views
女性からのボディタッチはOK?男性をドキドキさせるためのポイントとNG。

女性からのボディタッチはOK?男性をドキドキさせるためのポイントとNG。

| 1,829views
男ウケのいい服とは?デートで迷った時のコーディネートとは

男ウケのいい服とは?デートで迷った時のコーディネートとは

| 1,901views

このまとめのキーワード