infy [インフィ]

看護師に多い「退職できない」という悩み!穏便かつ速やかに退職する方法とは?

看護師に多い「退職できない」という悩み!穏便かつ速やかに退職する方法とは?

退職の理由は様々ありますが、たいていの場合は引き留められてしまいます。中には、引き留めが強くて、なかなか退職できずに困ってしまうこともありますよね。そんな時、穏便かつ速やかな円満退職の方法についてご紹介します。

| 4,175views
お気に入り追加 0
退職を考える時、病院の人間関係や待遇など環境に不満がある、他の病院でスキルアップしたい、
家庭の事情など、理由は様々です。
どんな理由であろうと、引き留められることも多いのですが、しこりを残さず円満退職したいものですよね。

今回は、穏便で速やかに退職する方法についてご紹介します!

看護師が退職しにくい理由とは?

退職の意向を上司に打ち明けても、なかなかすぐには了承されにくく、大抵の場合は引き留められてしまいます。

退職しにくい理由はいくつかあるようです。

人手不足が深刻で他の看護師に負担がかかる

退職=人手が少なくなります。
看護師の仕事は夜勤を含め交代勤務が多いので、人手が少なくなると、夜勤回数の増加などをはじめ、
残ったスタッフへの業務負担は確実に大きくなります。

新しく看護師が入ったとして、たとえその人が看護師経験者であっても、病院に慣れるまではしばらく
かかるので、即戦力とはなりにくいものです。

その間、その新人スタッフの指導やフォローをするにしても、残されたスタッフへの負担はかかってしまいます。

看護師不足が経営自体にも大きな影響を与える

まず、7対1、10対1などのように、看護師一人当たりが担当する患者さんの人数によって、診療報酬が
定められます。看護師の人数以外にも診療報酬の要件は定められていますが、まずは人数が揃わないと
要件が満たされず、診療報酬が下がってしまいます。

さらには、診療報酬の規定の中には、様々な分野で専任看護師、専従看護師を定めているものも多数
ありますし、認定看護師を求められる場合もあります。

それらの要件を満たし、診療報酬加算を取得することで、年間に多額の収入となるものもあるので、
看護師不足ではできないことが多い現状です。
経営面から見ても、一人でも多く看護師が在籍したほうが病院側のメリットは多いようですね。

師長自身の評価が下がってしまう

ワークライフバランスなど働く環境を整える取り組みを行っている病院も増加しています。
そのような中で、退職者が少ない、勤続年数が長いという結果は、仕事をする環境が整っていると評価されます。
病院全体で取り組んではいても、まず、各部署単位での取り組みも重要になるので、各部署の師長の評価につながります。

スタッフが辞めたくなるような部署では、師長の管理体制が問われるのです。
師長自身の評価が下がってしまうため、自分の保身のためにも必死で引き留められる、という場合も
少なくないようです。

病院側も必死!引き止めのための攻撃はこんなにある!

休職して復職することを促される

身体的、精神的など体調不良を理由とすると、病気休暇などを取得し一旦休職を勧められがちです。
同様に、育児や家族の介護などの場合も育児休暇・介護休暇を取得するように言われ引き留められます。

病院で定められている休暇なので、定めに応じて給与が出る場合もありますし、それらを取得してから
退職するというのも、一つの方法ではあります。

ですが、一刻も早く退職したい!もう耐えられない!という場合は、苦痛となる提案になるかもしれませんね。
60 件

関連するまとめ

私看護師に向いていないかも…看護師に向いている人・向いていない人の特徴

私看護師に向いていないかも…看護師に向いている人・向いていない人の特徴

| 8,159views
看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

| 6,793views
独立したい!看護師が訪問看護ステーションを開業するために必要なこと

独立したい!看護師が訪問看護ステーションを開業するために必要なこと

| 2,793views
看護師は本当に安定している?看護師の安定性と不安定性

看護師は本当に安定している?看護師の安定性と不安定性

| 5,693views
負担が重くなってくる、看護師3年目の病棟での役割とは

負担が重くなってくる、看護師3年目の病棟での役割とは

| 4,595views

このまとめのキーワード