infy [インフィ]

メモをつくっておこう!看護師の申し送りの3つのコツ

メモをつくっておこう!看護師の申し送りの3つのコツ

看護師の申し送りではメモをしておくことが大切です!

| 1,824views
お気に入り追加 0
複数の患者さんと関わることが当たり前の看護師。
申し送りの際に混乱してしまうと問題がありますので、
必ずこまめにメモをとっておきましょう。

メモを取るときの基本情報

メモを取るときに大切なのは、
「人に伝える」情報だということです。

そのため、5W1Hをメモすることが重要です。
5W1Hとは、いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、
なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)という
6つの情報伝達ポイントのこと。
これをメモしておくことで、情報を分かりやすく
漏れなく伝えることができるようになります。

さらに、どのくらい(How much/How many)を加えて
5W2Hとすることもあります。

メモには重要度も記しておく

申し送りのメモを書き込んだら、
マーカーやスタンプなどを使用して
重要度を分けておきましょう。
付箋でメモしておくのも良いですね。
誰が見ても分かりやすいようにしておくことが大切です。

また、申し送りの順番も重要です。
きっちり決める必要はありませんが、
こういう流れで申し送りをするという程度には
整理しておくと良いでしょう。

申し送りの伝え方のポイント

申し送りをする場合は、5W1Hの流れの通りに
時系列順に説明する必要はありません。
むしろ、結果から先にはっきりと伝えることが大切です。

時間が限られていますので、ダラダラと
全てを説明していては時間が足りません。
1番重要なことから伝え、現在の患者さんの状態を説明します。
メモした5W1Hに関しては、質問されたときに
素早く正確に説明するためのものであると心得ましょう。

また、リーダー看護師への申し送りはさらに
ポイントを絞って行う必要があります。
リーダーは複数の患者さんを把握しなくてはいけないため、
重症患者さんのことをまず優先して伝えること、
重要なことを最初に伝えることを心がけましょう。

申し送りは簡潔に的確に、重要なことを優先して伝える。
このポイントを押さえておくと、経過を無駄にダラダラ伝えて
時間が無くなるというミスを無くすことができます。
申し送りをスムーズに行うコツは、
申し送りの上手い先輩の真似をするということです。

他の人はどういう申し送りの仕方をしているのか、
しっかり観察しましょう。
11 件

関連するまとめ

【どうやったら】医師に信頼される看護師になりたい!【なれるの?】

【どうやったら】医師に信頼される看護師になりたい!【なれるの?】

| 356views
【4選】毎日忙しい看護師のための英語勉強法【自宅でOK】

【4選】毎日忙しい看護師のための英語勉強法【自宅でOK】

| 393views
雇用形態はどうなってるの?ディズニーで働く看護師の仕事とは

雇用形態はどうなってるの?ディズニーで働く看護師の仕事とは

| 537views
ニーズが高い分野は?男性看護師の占める割合の実情

ニーズが高い分野は?男性看護師の占める割合の実情

| 917views
どう対処するべき?看護師が抱えるプレッシャーや不安とは

どう対処するべき?看護師が抱えるプレッシャーや不安とは

| 977views

このまとめのキーワード