infy [インフィ]

【閲覧注意】看護師の離職率から見る看護業界の闇とは?

【閲覧注意】看護師の離職率から見る看護業界の闇とは?

テンションの下がる話かもしれないけれど、シビアな現実も知っておきたいもの…。

| 1,875views
お気に入り追加 0
日本看護協会で行っている調査には、
離職に関する事柄も含まれています。

2011年の離職率は、
常勤10.9%、新卒7.5%。

妊娠・出産が理由の第1位となっているものの、
2位以下はマイナスの理由が続いているみたい・・・。

2位、3位に並ぶのは健康上の問題

離職理由の2位が、
身体的な健康上の問題。
離職理由の3位は
精神的な健康上の問題。

シビアな現実ですよね。
看護師を続ける上で、
健康管理がとても大事なことを
再認識させられます。

看護師ならではの
働く環境の問題もありますよね。
継続して働いている人への調査では、
夜勤や夜間対応のないことが
理由の6位になっています。

夜勤はつらいですし、
不規則な生活リズムは
自律神経が乱れる原因になり、
精神的な健康を保つ努力が求められます。

自己管理と職場環境の2つが、
ポイントということになりそうです。
離職率が相対的に高い病院の傾向としては、
「小規模」 や、「医療法人」など
属性による違いもみられますが、
そうした属性ごとに比較しても、
「夜勤負担が重い病院ほど、離職率が高い傾向にある」
ことがうかがえます。

5位は残業(時間外労働)という問題

看護師だけの問題ではないものの、
残業の問題には切実なものがあります。

ただでさえ激務なのに、
正当な労働時間として計算されないなんて、
不満が溜まるのも当然ですよね・・・。

しかし、朗報もあります。
日本看護協会の調査によると、
残業が発生しないような
業務量の調整について、
半数以上の病院が「取り組んでいる」と
答えています。

時間外労働をなくすことは、
離職率を下げるためにも大事です。
ガイドラインを厳しく取り決めることで
なくなっていくのが望ましいですよね。

ちなみに、4位は「子育て」でした。
子育てにも時間がかかります。
時間はとても貴重なものですよね。
終業時間「後」は、「なし」が11.9%で
残りの約9割は時間外労働を行っていることになる。
「30分以上」の合計は、
終業時間「後」では74.5%と高率である。

6位は医療事故への不安

資格職であることは、
看護師の仕事にやりがいを感じられる
理由の1つです。

その反面、医療事故などへの不安と
向き合わなければならないという
問題がつきまといます。
特に、経験の浅いうちは、
なおさらですよね。

経験を重ねた看護師であっても、
「うっかりミスをしてしまったら」と、
激務に追われる中で
常に気を張っていないといけない。

精神的なタフさが必要ですよね。
さらに、2つ3つと並行しなければならない
業務があるとミスの可能性が高まりますし。

一つ一つ丁寧に作業できるように、
職場環境が整えられることも
大事と言えそうです・・・。
「医療事故を起こさないか不安である」
は新卒看護 師の「悩み」においても
「辞めたい理由」においても
2番目に挙げられています。
離職の理由を見ると
なるほどと思えますが、
職場環境によっても異なる
みたいです。

勤務形態や雇用形態の良いことが
継続の理由になるようなので、
積極的に合うところを探したい
と思いますよね!
14 件

関連するまとめ

もう転職したくない…看護師の離職率が低いホワイト病院の探し方

もう転職したくない…看護師の離職率が低いホワイト病院の探し方

| 4,007views
「看護師やめたい理由」データで見てわかった3つのこと

「看護師やめたい理由」データで見てわかった3つのこと

| 10,652views
8話。『連絡先』

8話。『連絡先』

| 7,062views
奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

| 13,568views
「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

| 12,897views

このまとめのキーワード