infy [インフィ]

麻酔の種類と硬膜外麻酔とは?看護における注意点は?

麻酔の種類と硬膜外麻酔とは?看護における注意点は?

硬膜外麻酔を麻酔の種類とともに説明します。 また看護の上で注意しなければならないポイントとは?

| 5,758views
お気に入り追加 0
手術の際に用いられる硬膜外麻酔とは、
どのような種類の麻酔がご存知ですか?
重大な副作用を見逃さないために、
硬膜外麻酔を行った患者さんに対する
看護上注意しなければならないポイントも
知っておきましょう。

麻酔の種類と硬膜外麻酔

麻酔には全身麻酔と局所麻酔があります。

全身麻酔には吸入麻酔と静脈麻酔がありますが、
最近は吸入麻酔と静脈麻酔の併用が一般的です。

一方、局所麻酔には表面麻酔、湿潤麻酔、伝達麻酔、
脊髄麻酔、硬膜外麻酔などがあります。
表面麻酔は胃内視鏡の際に喉頭にスプレーする麻酔など、
湿潤麻酔は歯科治療などでよく使用されるもの、
伝達麻酔は四肢の骨折の際の手術などで用いられます。
脊髄麻酔は麻酔薬をくも膜下腔に注入する麻酔法で
下半身の神経抑制目的で使われるものです。
硬膜外麻酔はエピドラやエピと呼ばれます。

硬膜外麻酔の目的と方法とは?

硬膜外麻酔単独ではなく、
基本的には全身麻酔と併用して用います。
硬膜外麻酔を併用することで
術中の管理がしやすいだけでなく、
カテーテル留置により
術後の鎮痛にも効果があるためです。

硬膜外麻酔はくも膜下麻酔とは異なり、
目的とする部分だけの麻酔や
作用時間の調整をすることもできます。
そのため、硬膜外麻酔では、
麻酔が必要な領域により
針を刺す場所が決まっています。

硬膜外麻酔を行うかどうか決める際は、
全身状態の把握と確認が欠かせません。
特に、出血や高度脱水などがある場合は
注意が必要です。
背部の状態確認も行いましょう。
禁忌は、出血傾向のある人や
穿刺したい付近の皮膚に感染があったり、
この方法を拒否する患者さんの場合です。
乳、幼児では、全身麻酔をしてから行います。

硬膜外麻酔の看護における注意点

硬膜外麻酔は難易度の高い麻酔法であるため、
麻酔を行う際は細心の注意が必要です。

硬膜外麻酔の副作用には、頭痛や血圧低下、
吐き気・嘔吐、徐脈、呼吸困難などがあります。
また、血腫や神経損傷、腫瘍など、
死亡例もある合併症を引き起こすリスクも見逃せません。
ちょっとした変化を見逃さないように、
麻酔中及び麻酔使用後は
常に患者さんの状態に注意を払いましょう。

カテーテルが挿入されている患者さんの看護では、
固定テープの剝がれや発赤、発熱、背部痛、
圧痛、頭痛、刺入部の汚染などに注意します。
もしそれらの症状があれば、
速やかに医師に報告しましょう。
全身麻酔に併用されることが多い硬膜外麻酔。
カテーテルを入れた患者さんの状態に少しでも異常があれば、
早めに対処できるようにしておきましょう。
11 件

関連するまとめ

看護の事故を防ぐ。薬剤の種類、単位の違いに要注意!

看護の事故を防ぐ。薬剤の種類、単位の違いに要注意!

| 4,104views
投資初心者向け、投資の種類ってどれぐらいあるの?リスクや特徴を比べてみた!

投資初心者向け、投資の種類ってどれぐらいあるの?リスクや特徴を比べてみた!

| 1,409views
「多様化する看護師の役割について徹底分析!」

「多様化する看護師の役割について徹底分析!」

| 3,278views
「看護師の種類やその資格の取り方って?」

「看護師の種類やその資格の取り方って?」

| 1,610views
糖尿病などの足病変の看護に必須!フットケアのアセスメント

糖尿病などの足病変の看護に必須!フットケアのアセスメント

| 6,011views

このまとめのキーワード