infy [インフィ]

<小児科>の看護師さんに読んでほしい参考書

<小児科>の看護師さんに読んでほしい参考書

子どもが理解できるようにわかりやすく伝えるには、咀嚼して換言できるほどの膨大な知識・情報が必要です。

| 9,962views
お気に入り追加 2
小児科は、保護者への説明はもちろんのこと、お子さんへの説明も求められます。

そこでは、子供でも理解できるように簡単に伝えることが大切です。

しかし、自分でも詳しくわかっていないと、うまく咀嚼して伝えられませんよね。

ここでは、小児科で働くうえで必要になってくる事柄をスッキリ理解できる参考書を紹介します。

『発達段階からみた 小児看護過程+病態関連図 第2版』/医学書院

Amazonの小児看護部門ランキングで堂々の一位を獲得した一冊。

小児看護過程の決定版!

発達段階別(乳児期、幼児期、学童期、思春期)に各期の特徴とケアのポイントを冒頭にまとめ、各期に特徴的な疾患をもった患児に対する看護過程の展開を、発達・成長の側面を意識しながら記載。

小児に特徴的な症状についても、症状別の看護過程を細かく掲載。さらに特殊治療における看護過程も余すとこなく網羅。

母親・家族を含めたケアを意識した内容も嬉しいポイント!

『こどもの病気の地図帳』/講談社

小児疾患のすべてを初めてカラーアトラス化!

絵や写真が鮮明でわかりやすいと大好評。 発育期の〈からだ〉と〈病気〉がよくわかる!

こどもの病気の特徴、こどもに多い症状の見方・考え方、病気の全体像を含め徹底図解でやさしく解説。

こどもに多い事故と対応についても取り扱っているので、いざというときにも役立つ優れ本。

一目で病気の全体像が概観でき、からだの構造・はたらきと病気との関係や病理像が読みとれ、おのずと“こどもの病気”を理解する上に必要な最低限の医学知識が得られる構成が魅力的。

《本書の特色と内容》
●こどもの病気の特徴――早わかり
●こどもに多い主要症状の見方・考え方
●日常よくみられる代表的な病気の全体像を徹底図解――観察のポイントと対応も充実
●こどもに多い事故と対応――なにをすべきか、なにをしてはならないか
●現行予防接種一覧

『ナースのミカタ 小児看護: 知っておきたい53の疾患』/医学書院

小児看護に必要な基礎知識とともに,知っておきたい53の疾患をわかりやすく解説。

小児看護に携わるすべてのナースに読んでほしい。ポケットサイズなので、いつでもどこでもすぐ読める!

小児のがんが早い段階で見つかりにくいのは、なぜ?
チアノーゼがあっても酸素を使わないことがあるのは、なぜ?

臨床で生じる疑問に応えながら解説しているので、臨床と知識がつながりやすい。

やさしい解説と豊富なイラストで、小児看護に必要な知識がしっかり身につく。

【目次】
Chapter 1 小児をみるとき、最初に必要なこと
Chapter 2 小児をみるとき、知っておきたい疾患
1 先天異常
2 感染症
3 呼吸器疾患
4 循環器疾患
5 消化器疾患
6 腎臓疾患
7 神経疾患
8 筋疾患
9 血液疾患,悪性腫瘍
10 アレルギー性疾患,膠原病
11 内分泌代謝疾患
12 新生児の疾患

『ナースのための早引き 子どもの看護 与薬・検査・処置ハンドブック 第2版』/ナツメ社

■子ども目線の小児看護!

子どもの発達段階に合わせた会話例を掲載。

子どもが安心するおもちゃや遊びをうまく取り入れる方法も紹介しており、「子ども」を中心に考えた看護の実践書に仕上がっている。

■与薬・検査・処置の手順がよくわかる!

看護実習の予習としても、素早く直前の確認が可能です。

■説明図が豊富なので看護手順がよくわかる!

看護学生や新米の看護師も理解しやすいように、看護手順の図を豊富に記載。

とっさの時でも、手順と要点がすぐわかる。特に注意を要することについては、随所に「ポイント」としてとして解説をプラス。

■知識の幅を広げ、理解を深めるコラム・豆知識も充実!

知って役立つ情報や、覚えておきたい大切な知識を、関連事項として、要所に掲載。与薬・検査・処置の幅がグンと広がる。

『図解 先天性心疾患―血行動態の理解と外科治療』/医学書院

表紙はややソリッドで看護師さんには手を出しにくそうに感じられるが、先天性心疾患を学ぶ上ではピカイチの充実度を誇る。

先天性心疾患における心臓の病態を示し、血行動態が一目でわかるように図示。

診断、手技などに関する事項は他の教科書にゆずり、非心臓外科医にとっても手術の理解を助けることを目的としている。

改訂に伴い、「心臓・大血管の発生」の章を新たに設け、カテーテル治療、弁置換術などの手技も充実。

患者に説明する際に役立つよう、本文中の図を収録したCD-ROMが添付してあるのも嬉しい。

『こどもの心臓病と手術』/メディカ出版

心臓病のお子さんをもつママ、パパから絶大な支持を誇る一冊。

こどもに「心臓手術が必要」と言われた家族の不安を少しでも和らげるために、病気について理解できるように、心臓の働きなど基本的な話、疾患・手術について、入院から退院までの流れなどを説明。

イラスト中心のやさしい解説で、患者説明にそのまま使うこともできるので、看護師さんにもぜひ読んでほしい内容となっている。

『小児看護』〔雑誌〕/へるす出版

小児看護師としてスキルアップしたいなら間違いなくこの雑誌!

毎月発刊されるので、情報は常に最新。雑誌ならではの新鮮さが嬉しい。

現在の小児医療の動きを具体的に示しており、専門性に優れている。

リアルタイムで行われている小児看護の実際や小児看護に関する研究が具体的に書かれている。
15 件

関連するまとめ

<整形外科>の看護師さんに読んでほしい参考書

<整形外科>の看護師さんに読んでほしい参考書

| 13,229views
看護師が今、英語を始めたほうがいい3つの理由

看護師が今、英語を始めたほうがいい3つの理由

| 3,813views
毎日の仕事で精一杯…看護師がスキルアップするといいことあるの?

毎日の仕事で精一杯…看護師がスキルアップするといいことあるの?

| 3,145views
(看護師としてスキルアップ)急性期病院のやりがいとは?

(看護師としてスキルアップ)急性期病院のやりがいとは?

| 195views
診療看護師ってご存知ですか?

診療看護師ってご存知ですか?

| 844views

このまとめのキーワード