infy [インフィ]

リラックスして痩せる!ストレスフルな看護師にこそ「半身浴」を

リラックスして痩せる!ストレスフルな看護師にこそ「半身浴」を

ストレスの多い看護師のために、ストレス解消とダイエット効果を両方期待できる半身浴をご紹介します。

| 1,368views
お気に入り追加 0
肉体的にも精神的にも負担大の看護師の仕事。
ストレスが溜まるだけでなく、
ストレス太りをしてしまう人もいるようです。

そこで、ストレス解消だけでなく
ダイエット効果も期待できる半身浴をご紹介します。

入浴が身体にもたらす効果

半身浴について知る前に、
まずは入浴の効果について理解しておきましょう。
お風呂のお湯に浸かることで身体に働く作用は
温熱作用と水圧作用、そして浮力作用の3つです。

温熱作用により身体が温まって血行が促進し、
新陳代謝が活発になります。

水圧作用は入浴時に外側から水圧がかかることで
横隔膜を押し上げて心肺機能を高めたり、
血管を圧迫することで下肢に溜まった静脈血やリンパを
心臓に押し戻すポンプの役割になったりします。

また、浮力作用によって体重を支える負担が減り、
筋肉を休めて身体全体をリラックスさせます。

半身浴は入浴効果を高める!

半身浴とは、
みぞおち辺りまで浸かる入浴方法のこと。
水圧による身体への負担が少ないので、
全身浴よりも長くお湯に浸かることが可能です。

より新陳代謝が活発になり、老廃物などを排泄する
デトックス効果や脂肪を燃焼しやすい
体を作る効果が期待できます。

また、冷え性を解消することで、便秘の解消にもつながります。
他にも、ぬるめのお湯へじっくりと浸かることで
副交感神経が優位に働き、リラックス効果が高まり、
ストレス解消にも効果的です。

副交感神経が優位になると安眠することができ、
ダイエットや美肌に欠かせない
成長ホルモンが分泌されやすくなります。

効果を高める半身浴の方法

半身浴は食後すぐは避け、
就寝の1~2時間前に行うのが理想です。

お湯の温度は38~40℃くらい。
少しぬるいなと感じるくらいのお湯に
最低でも20~30分程度浸かりましょう。
連続して入る必要はなく、途中で体を洗ったり
休憩したりしてもかまいません。

温熱作用やリラックス効果をさらに高めるために
入浴剤やエッセンシャルオイルを入れても良いでしょう。

入浴前は蒸気などでお風呂場を温め、
冬場など肩が冷えるようであれば、
時々肩までお湯に浸かったり
バスタオルを肩にかけたりして工夫してください。

入浴前後や入浴中の水分補給や
入浴後のお肌の保湿も忘れないようにしましょう。
半身浴は毎日行うのが理想ですが、
難しければ週に2~3回でもかまいません。

ダイエット効果の期待以外にも、
健康にさまざまな良い影響を与えるので、
ぜひ実践してみてください。
11 件