infy [インフィ]

看護学校の社会人入試は狭き門。合格して看護師になるための心がまえとは

看護学校の社会人入試は狭き門。合格して看護師になるための心がまえとは

社会人から看護師になる人が増加しています。看護師の資格は二種類あるため、どのような働き方をしたいかなどを考えて、どちらの資格を取得するか決めましょう。看護師の仕事は常に求人があり、雇用形態や勤務形態によっては収入アップにつながります。

| 2,130views
お気に入り追加 0

社会人から看護師になるには

社会人を経験してから看護師になる人は増加しています。社会人から看護師になる理由は、看護師の仕事に興味を持ったり、安定した収入を得るためなど人それぞれです。

誰もが一度は看護師と接したことがありますよね。いろいろな医療職種がある中で、一番接することが多い看護師。看護師という仕事に興味を持ったことがある人もいると思います。

准看護師か看護師どちらを目指すか決める

看護師は「正看護師」と「准看護師」の2種類に分類されます。

「正看護師」は医師の指示のもと、診療の補助や医療行為を行います。また、国家資格であるため厚生労働大臣から交付されます。受験資格は、看護師国家試験の受験資格を取得するために、大学や短期大学、専門学校で必要なカリキュラムをクリアする必要があります。看護師国家試験は年に1回実施され、看護師国家試験に合格をすると「正看護師資格」を取得することができます。資格は、学校の種類によって3年または4年で取得することができます。

そして、「准看護師」は公的資格のため都道府県知事から交付されます。「准看護師」の学校は、働きながら通学できる場合もあったり、中学を卒業後に准看護養成学校に入学をし資格を取得したり、高校卒業後に准看護師学校に入学をして「准看護師」資格を取得する方法があります。また、ある一定期間、准看護師として働くと看護師国家試験を受験することができます。

しかし、資格の取得方法などには違いはありますが、実際の仕事内容は「正看護師」も「准看護師」も同じです。しかし、給料や昇格には違いがあるため、どのような働き方をしていきたいかを考え、自分に合った資格を取得しましょう。

看護学校の試験を受ける

看護学校は、養成所、専門学校、短期大学、大学の種類があります。受験は社会人入試を行っている学校もあり、その場合、一般受験とは試験科目が異なります。しかし、社会人入試は合格人数が限られているため狭き門であることが現実です。

一般受験は現役の高校生と同じ科目を受験するため、合格に必要なレベルまで勉強をしていくことが必要になります。社会人であれば受験勉強を働きながら行っていく必要があるため、独学では難しい場合には、予備校を活用する方法もあります。

試験科目や受験日程などは各学校に確認をしましょう。

看護学校に3年間通う

看護学校は、看護大学や医療系大学の看護学部であれば4年間通うことになります。短期大学や看護専門学校などは3年間通います。通学期間が短いと授業料や諸費用など掛かるお金も少なくなります。また、少しでも早く資格を取得し働きたいと考えている人には、3年間の学校や、働きながら「准看護師」資格を取得することがいいでしょう。

しかし、看護大学や医療系大学の看護学科に入学をすると4年間という時間はかかりますが、中には保健師資格や助産師資格の受験資格を正看護師の受験資格と一緒に取得することができます。

そのため学校を決める時には、看護師資格以外にも資格を取得したいのかなどを考えて進学先を決めることも必要です。

看護学校の試験、一般入試と社会人入試のどちらを受ける?

社会人から看護学校の受験を考えたときに、一度は、受験勉強のことを不安に感じるでしょう。そこで、社会人にとってチャンスな制度が社会人入試です。

社会人入試は倍率が高い

社会人入試と一般入試の違いは、社会人入試の試験科目は面接と小論文などといった組み合わせで、一般入試のように試験科目がとても少ないという特徴があります。そのため、一度、勉強から離れてしまっている社会人にとってはとてもありがたい制度です。

現役の高校生と同じ試験科目を受験することも一つの方法ですが、社会人入試制度を設けている学校を受験することも、看護師に近づく方法です。

しかし、社会人入試の合格枠はとても少なく、社会人入試制度を利用して看護学校に進学する社会人も増加しているため、合格するためには狭き門を突破する必要があります。いくら試験科目が少なくても、しっかりと面接対策などの試験対策をしましょう。

一般入試と社会人入試を併願する人が多い

社会人入試の合格人数はとても少ないことが多いため、合格するためには高い倍率をクリアすることが必須です。そのため、社会人入試と一般入試を併願する社会人も多いです。一般入試も受験する場合には現役の高校生と同じ試験内容のため、仕事の合間に独学で勉強をしたり、予備校に通学しながら勉強することも人によっては必要になります。

受験勉強は、モチベーションを保ちながら行うことが大切です。

勉強のコツを身につければ、看護学校入学後も役に立つ

看護師資格を取得するためには、膨大な量の知識を覚え、実習もクリアしていくことが必須です。そのため受験勉強の際に効率的な勉強方法や、自分にあった勉強方法を知っておくことで、入学後の勉強に役立ちます。

奨学金を利用する時の注意点

社会人を一度辞めて、学校に入りなおすことになると、それまで得ていた収入が途絶えることになります。受験までに学生の間に必要な生活費や授業料などを貯蓄できていることが理想ですが、十分に貯蓄ができていない場合は、社会人でも奨学金を利用することができます。

奨学金は各学校の奨学金制度や、居住している自治体独自の奨学金制度、そして日本学生支援機構の奨学金制度を利用するなどの方法があります。いずれも、返済方法などが決まっているため奨学金として借り入れることが可能な金額や、返済期間、返済金などを確認しておきましょう。奨学金は返済義務があるため、借りたら返すことを納得したうえで利用しましょう。

看護師を目指すにあたっての心がまえとは

看護師学校に入学をすることを決めてから受験勉強が始まりますが、看護師は仕事に就いてからも勉強をしていくことが必要になる職種です。資格は一度取得をしてしまえば無くなることはありませんが、命を預かる仕事であるため勉強は続いていきます。

資格を取るのがゴールではない

看護師資格を取得するまでにも、たくさんの勉強を必要とします。しかし、看護師という仕事は人の命に係わる仕事をしていき、さらに、医療は日々進歩しているため働きだしてからも研修や学会など、必要なテキストなどで常に勉強をしていくことが必要です。

病気になった患者や家族は、その病気に対しての不安や疑問はもちろん、最新の治療などの情報も持っています。看護師は、患者や家族からの不安や疑問などの問いに対して、安全で正しい情報提供をしていくことが求められます。

働きながら勉強し続けるという向上心を持つ

先にも述べたように、医療は日々進歩しています。そのため、看護師は学生時代に勉強した情報だけでは仕事を続けていくことはできません。働きだしてからも学会や研修などで勉強をし、最新の医療技術や医療知識を身に着けていくことが求められます。また、医療や福祉に関する法律も改正されたり、新しく施行されることもあるためさまざまな内容の勉強をすることが必要です。

正しい知識や技術を身に着けておくことは、患者や家族に信頼されるきっかけにもなります。働きながら勉強をすることは大変ですが、働いていても勉強は続けましょう。

臨機応変に動くことが求められる

同じ病名の患者でも、同じ不安などを抱えていても、患者や家族の年齢やそれまでの生き方などで対応は変わります。また、病気の進行なども同じ病名でも患者毎に違います。

看護師は基礎となる情報をしっかりと勉強をしたり把握しておき、さらに、その時の状況や相手に合わせた行動をとることが求められます。

勤務先によっては雑用が多いことも

49 件

関連するまとめ

第107回 看護師国家試験の合格率と看護師免許を取るためには

第107回 看護師国家試験の合格率と看護師免許を取るためには

| 7,157views
これを見れば丸わかり!看護師国家試験の合格率とボーダーライン!

これを見れば丸わかり!看護師国家試験の合格率とボーダーライン!

| 3,702views
看護師国家試験を攻略する方法について

看護師国家試験を攻略する方法について

| 3,284views
看護師国家試験の勉強方法や試験対策はどう行えばよいの?

看護師国家試験の勉強方法や試験対策はどう行えばよいの?

| 3,921views
看護師を目指している方必見!〜国家試験攻略法〜

看護師を目指している方必見!〜国家試験攻略法〜

| 2,034views

このまとめのキーワード