infy [インフィ]

看護の事故を防ぐ。薬剤の種類、単位の違いに要注意!

看護の事故を防ぐ。薬剤の種類、単位の違いに要注意!

看護で欠かせない与薬。 薬剤の種類や単位を間違えないようにするための 注意点を確認しましょう。

| 3,853views
お気に入り追加 0
看護の現場で日常的に行われる薬の投与。
薬剤の単位や種類の違いに細心の注意を払うことが大切です。
投与ミスによる医療事故を防ぎましょう。

間違いやすい薬剤の単位

重大な医療事故にもつながる薬剤の投与ミス。
最も多いのは、投与量の間違いです。
特に、量を「単位」で表す薬剤は気をつけましょう。

即効性インスリンやヘパリン、プロタミンなど、
薬剤によってはmgやmLを使わずに、
1単位、2単位という「単位」を使って薬の量を表します。
よく確認せずに1mLと勘違いしてしまうと危険です。
そのため、インスリン(ヒューマリン)などは
専用のシリンジがあり、量を間違わないようになっています。

1単位の量は薬剤によって異なり、
インスリンは100単位=1mL、
抗凝固薬のヘパリンは1000単位=1mLです。
そのほか、輸血製剤や血液製剤も単位を使います。
このような薬剤は、
単位ごとの量をきちんと把握して
間違えないような工夫をする必要があります。
注射薬は、「mL」や「mg」など量で入力する際に、
「A」「V」など製剤の本数の単位で入力する事例が多く、
入力単位を間違えたことにより
4~100倍の誤った量の薬剤を投与していた。

薬剤の種類の間違いにも注意

ジェネリック医薬品の浸透で、
聞きなれない名前の薬剤も多く使われるようになっています。
似たような名前や紛らわしい外観の薬も多いため、
薬剤の種類の間違いに注意しなければなりません。
バイアル・アンプルに入った内服薬を誤って静脈注射し、
死亡させるという事故も起きています。

薬剤師が処方を取り違えることもありますが、
医師の処方ミスや看護師による薬剤の取り違えなども起きています。

与薬の際は、薬剤名と使用方法を確認するひと手間が大切です。

看護の現場で薬剤の投与ミスを防ぐために

薬剤の投与でミスが多いのは、
静脈注射や抹消静脈点滴、内服薬です。
特に、過剰投与は重大な医療事故につながります。

重複処方や指示変更などの確認を怠ったために
投与ミスが起こることも多いようです。

看護師が薬剤を投与する際に量や種類を間違えないために、
患者の状態や疾患により使われる薬剤の名前や
通常使われる量を把握しておきましょう。
診療科ごとによく使われる薬があるので、
薬の使用方法とあわせて、
一般的な投与量などを知っておくことも大切です。

もし処方された薬の名前や量に疑問があれば、
すぐに医師や薬剤師に確認しましょう。
わからないまま自己判断するのは危険です。
薬の投与ミスは重大な医療事故につながります。
患者さんと接する看護師は必ず薬剤の名前や
単位の確認を行い、与薬の間違いを防ぎましょう。
12 件

関連するまとめ

看護師長など管理職の実態とは?!

看護師長など管理職の実態とは?!

| 3,240views
現場と経営陣の橋渡し看護師長の実態とは?!

現場と経営陣の橋渡し看護師長の実態とは?!

| 3,277views
腎不全の原因と症状、看護で注意するポイントは?

腎不全の原因と症状、看護で注意するポイントは?

| 4,177views
ドレッシング材の種類にはどのようなものがある?使い分け方は?

ドレッシング材の種類にはどのようなものがある?使い分け方は?

| 1,775views
摘便の仕方は?看護における摘便ケアの基礎知識

摘便の仕方は?看護における摘便ケアの基礎知識

| 2,626views

このまとめのキーワード