infy [インフィ]

悩んでいた私に自信をくれた患者さんの言葉・・・『青井さんと出会えて良かったよ。』

悩んでいた私に自信をくれた患者さんの言葉・・・『青井さんと出会えて良かったよ。』

『看護師と患者と涙』44話。私が新人だった頃のお話です。初めて癌患者さんの担当になったのですが、自信を持てず悩む日々が続いていたある日のことでした・・・

| 4,027views
お気に入り追加 0
看護師と患者と涙
私が看護師2年目の時に、担当した患者さんの話です。私は初めて癌患者さんの担当をすることになりました。がんと診断され、治療を開始することになったのですが、60代の後藤さんという方でした。
今まで大病をしたことがなく、入院するのも初めてなのですがとにかく前向きな方で、「治して元気に退院する」といつも仰ってました。
癌と診断されると、大半の方は衝撃を受け、なかなか前向きにはなれないと思います。前向きなことは素晴らしことなのですが、当時の私はまだ経験も浅くて自信がなく、「後藤さんは私が未熟だから本音を言えないのでは・・・?」と思っていました。
さらには「自分ではなく、もっと経験豊富な看護師が担当の方が、この患者さんのためなのでは・・・」と、後藤さんを精神的に支えることができてない自分に悩んでいました。
そんなある日、後藤さんが「癌と診断されてそりゃショックだったけどね」と話し始めたのです。やっと本音を語ってくれるのかな、と後藤さんの話を聞いていました。
「癌と診断されて精神的に辛いこともあったけど、悪いことばかりでもないんだよ」「癌にならなければ、入院することもなかった 入院しなければ、青井さんにも出会えなかったから癌になって青井さんと会えて良かったよ」
後藤さんの言葉が嬉しくて、その言葉に励まされ、それからは、どの患者さんとも自信をもって関われるようになりました。
しかし、懸命の治療もむなしく後藤さんは亡くなられてしまいました。今でも仕事で辛いことがあると、あの時の後藤さんの笑顔と言葉を思いだし励まされます。

イラストレーター紹介

このたび、infyさんとご縁がありまして連載をさせていただくことになりました、イラストライターのpuyoyoと申します。

看護師さんが共感できて、感動できるものを作成できればと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アカウント:@puyoyo_net
12 件

関連するまとめ

父と娘の最後の思い出・・・『パパ、今まで育ててくれてありがとう』

父と娘の最後の思い出・・・『パパ、今まで育ててくれてありがとう』

| 1,213views
13歳という若さで失明・・・『突きつけられた厳しい現実に強く立ち向かった女の子の物語』

13歳という若さで失明・・・『突きつけられた厳しい現実に強く立ち向かった女の子の物語』

| 2,438views
長年連れ添った妻との別れ『私が年上なものですから、まさか家内が先に逝くとは・・・』

長年連れ添った妻との別れ『私が年上なものですから、まさか家内が先に逝くとは・・・』

| 3,219views
最後の時に患者さんのそばにいれなかった後悔・・・『いつもありがとうね、あなたの笑顔はげんきになる』

最後の時に患者さんのそばにいれなかった後悔・・・『いつもありがとうね、あなたの笑顔はげんきになる』

| 3,587views
90代とは思えない驚きの回復力で・・・『生死を彷徨っていた患者さんが、退院を迎えられた今でも忘れられない驚きの出来事』

90代とは思えない驚きの回復力で・・・『生死を彷徨っていた患者さんが、退院を迎えられた今でも忘れられない驚きの出来事』

| 7,101views

このまとめのキーワード