infy [インフィ]

人間の可能性は計り知れない・・・『危篤状態からの回復を遂げた患者さんと、患者さんを支えた彼女さんの物語』

人間の可能性は計り知れない・・・『危篤状態からの回復を遂げた患者さんと、患者さんを支えた彼女さんの物語』

ありがとう。看護師と患者の物語。50話。くも膜下出血のため危篤状態で運ばれた患者さん。彼女さんは妊娠中で、来月結婚式を挙げる予定だった中の突然の出来事でした・・・

| 3,378views
お気に入り追加 0
看護師のための病院クチコミサイト

私が脳神経外科に勤めていた時のことです。
ある30代の男性が「くも膜下出血」で運ばれてきました。

患者さんは仕事の帰り駐輪所で突然激しい頭痛がして、婚約者に携帯で電話し「頭が痛すぎるから迎えに来て欲しい」と言いそのまま倒れたそうです。

運ばれた時は危篤状態。
婚約者の彼女さんもすぐに駆けつけて来たのですが、彼女さんがつく頃には手術が開始されていました。

病棟の談話室で彼女は泣いていました。

私が声をかけると,
「来月結婚式を予定してて。明日その打ち合わせにいく予定だったのに。私妊娠してるんです。
どうしたらいいですか?なにをしたらいいんですか?死なないですよね。赤ちゃん生まれるまで頑張ってほしい」と言われました。

私は何を言ってあげたらいいかわからず、彼女さんの隣で背中をさすってあげるのが精一杯でした。

無事手術はうまくいきました。
依然、意識は戻らず彼女さんは毎日面会に来ていましが、手術から1週間後くらいに患者さんの意識が戻りみんなで喜びました。

しかし、失語がでてしまったため、患者さんは話すことができませんでした。
片麻痺も出現しており、介護を要する状態でした。

彼女さんは家に連れて帰ってあげたいと看護師の指導を受けました。

お腹の中に赤ちゃんがいるので無理はさせられないので少しづつ、体位変換の仕方やオムツ交換の仕方を指導していきました。

食事は困難で、鼻からチューブを入れて栄養をいれる流動食が開始となりました。

彼女は諦めず、嚥下マッサージや嚥下訓練調べて面会の時に実施していました。
患者さんは失語はありますが、患者さんも彼女さんの期待に応えようと頑張っていました。

そしてその努力が実を結び、入院から数ヶ月にはペーストになった食事を食べ、自分で立ち上がるまでになりました。

患者さんの頑張りでどこまで回復できるか可能性は未知数です。
しかし、くも膜下出血から半年までが勝負で、それ以降はあまり回復は見込めないというデータもあり、彼女や彼氏もタイムリミットのなか精一杯頑張っていました。

その成果もあってか、症状は落ち着き、リハビリ期となったため入院2ヶ月でリハビリ病棟に転棟となりました。

それから数ヶ月が経ち、患者さんが杖を突いて病棟まで来てくれました。
付き添いの彼女さんの腕の中には、赤ちゃんが抱っこされており、看護師みんなで駆け寄りました。

患者さんはは少し痩せたようでシュッとし、杖を突いて歩き、食事も軟菜ではありますが食べれる
ようになり、失語はありますが単語は話せるまでに回復されていました。

お腹の子が臨月になった時に入籍も無事にできたと、嬉しい報告もありました。

その後無事に退院となったため、退院する前に2人は再び私達に会いに来てくれました。
2人は笑顔に溢れ、とても幸せそうでした。

彼女さんが患者さんをを支え続け、彼の力になり、彼もその気持ちに全力で答えたから、このような結果になることができたと思います。

自分自身が頑張るのも大切ですが、支えになる人もとても重要であることを知ることができました。
人間の可能性は未知数です。
私も諦めることはせず、患者さんの可能性を信じ、彼女さんのように患者さんの支えになれる看護師になりたいと思いました。
看護師のための病院クチコミサイト
看護師のための病院クチコミサイト

【Youtube『infyチャンネル』】多系統萎縮症のお母さんから息子へのメッセージに涙

イラストレーター紹介

イラストレーターのオカ サヤカと申します。
温かいイラストで、皆さまの素敵なエピソードを彩ることができていたら幸いです。
27 件

関連するまとめ

麻薬による傾眠状態やせん妄を乗り越えて・・・『強い母としての生き様を見せてくれたような 気がしました』

麻薬による傾眠状態やせん妄を乗り越えて・・・『強い母としての生き様を見せてくれたような 気がしました』

| 2,057views
やっと病気から開放されて、普通の女の子と同じ生活ができるようになって・・・『本当に嬉しい。涙が出るくらい嬉しい』

やっと病気から開放されて、普通の女の子と同じ生活ができるようになって・・・『本当に嬉しい。涙が出るくらい嬉しい』

| 5,831views
延命治療の苦しみから開放されて・・・『もう十分だ、楽にしてくれ』

延命治療の苦しみから開放されて・・・『もう十分だ、楽にしてくれ』

| 7,702views
最後の親孝行・・・『大好きなお煎餅とりんごジュースを食べさせることができて、感謝の言葉も伝えられました。ありがとうございました。』

最後の親孝行・・・『大好きなお煎餅とりんごジュースを食べさせることができて、感謝の言葉も伝えられました。ありがとうございました。』

| 2,815views
患者さんが初めて見せた涙・・・『俺はこの病気になって後悔してないよ。みんなに良くしてもらって幸せだと思う。本当にみんなには感謝してる。ありがとう。』

患者さんが初めて見せた涙・・・『俺はこの病気になって後悔してないよ。みんなに良くしてもらって幸せだと思う。本当にみんなには感謝してる。ありがとう。』

| 4,785views

このまとめのキーワード