infy [インフィ]

緩和ケアの認定看護師とは? ~総まとめ~

緩和ケアの認定看護師とは? ~総まとめ~

終末期を迎える人に対して1人の人としてのQOL(生活の質)を大切にする緩和ケア。それを支えるために看護師はどのような役割を果たすのでしょうか。

| 3,498views
お気に入り追加 0

緩和ケアとは?

生命の危険をもつ疾患がある患者や家族一人一人の身体や、心の苦痛の予防や緩和、QOL=人生の質の向上及び悲嘆(グリーフ)ケアを行うことです。

緩和ケアは病気を治すことを目的とはしていません。緩和ケアはがんが進行してからではなく、診断された時から必要に行われます。

痛みはがんの早い時期にも、進んだ時期にも見られる症状であるために痛みが強いままでは治療も辛く、生活への影響も大きくなってしまいます。

その時に、適切な治療ケアを受けることは、自分らしさを保つことになります。

緩和ケアとホスピスの違い

緩和ケアとホスピスはどちらも患者の身体的、精神的苦痛を和らげるケアをする目的とされる所です。

しかし、大きな違いは、緩和ケアはがんが早期診断されたとき、病名は問わない病気(エイズなど)の時にも提供され、ホスピスは余命の短いがん患者に提供されるケアになります。

緩和ケアの看護師とは?

緩和ケアの看護師は患者、家族、医療チームを繋ぎ合わせる調整役になります。

医療チームとは医師と薬剤師、臨床心理士、カウンセラー、ソーシャルワーカー、栄養管理士などとチームを作り、患者さんの終末期ケアをしていきます。

患者、その家族と密に連携を取り合いながら意思決定をするための支援をして、体や精神的な苦痛を和らげていきます。状態に合わせた日常生活の援助も行います。死を自然なことと認め、死期を早めたり、引き伸ばしを考えたりしないで、安らかに落ち着く事へと導きます。
そのため、1人の患者にかける看護の時間は長めになっています。

看護師は患者さんの様子や変化、必要とすることに早く気づき、それを医療チームに迅速に情報提供し、治療に繋げていく大切な役目を担うのです。

看護師も死を経験したことがありません。そのため患者の気持ちを完全に理解することは難しいので、それを分かったうえで謙虚な気持ちで接することが大切になっていきます。

病気を治すより、思いやりを持った対応をしていく必要があります。

チーム医療の中心となる存在

緩和ケアの認定看護師は、モルヒネ処方、患者やその家族とのコミュニケーションをとり、体、心、社会的な不安を取り除けるように、根拠に基づく看護実践を行います。

色々な職種との医療チームとの連携が欠かせないので調整役としての役割を担います。

緩和ケアに関わる看護師を育てるために、その看護師への指導、相談も行います。緩和ケアの分野において幅広い知識と経験を得て、高い技術を持っており、チーム医療の中心となる存在になります。

患者や家族の精神的つらさを和らげる

治療の経過、初めてのがん診断、がんの再発や転移が見つかった時など、患者やその家族は多大な辛さやストレスを感じてしまいます。

また、療養中は痛みや吐き気、食欲低下、だるさなどの体調不良や心の問題などが患者さんの日常生活を妨げてしまいます。

その時に、専門の看護師がそれぞれの患者や家族に寄り添い、受け止めながら力になることで精神的な辛さを和らげる存在になります。

緩和ケアの看護師になるためには?

緩和ケアの認定看護師になるには、5年以上の実務経験が必要です。

また、そのうち3年以上は緩和ケアに携わっていること、緩和ケアを受ける患者を5例以上担当した実績を有すること。

その条件を満たして、初めて日本看護協会が指定する教育機関に入学して学習することができます。

また、緩和ケアを受ける患者の多い病院、または在宅ケア領域で勤務していることが望ましいとされています。

教育機関に入学するのも倍率が高く、何回か試験を受けられる方もいます。

入学試験は筆記試験、小論文、面接になります。万が一不合格になると翌年まで試験がないため対策がとても重要になります。

教育機関に入学できて、認定介護士の共通過程、専門基礎科目を学び、緩和ケアの施設で実習訓練を行います。

6か月、615時間以上の教育課程を修了した後、認定審査に合格すれば晴れて認定看護師になることができます。

学費は教育機関によって異なってきますが、受験料、入学金、授業料、実習料、認定審査料など、約100万程度かかるとされています。

しかも、専門の教育機関が少ないため、自宅から通えない人は住むところを借りる必要もあり生活費用も負担が増えるでしょう。

受講中は働けないので、休職扱いになる事もありますが、出張、研修扱いになり、給料をもらいながら学校に通えたり、学費を一部免除してくれたりする施設もあります。

施設を退職したり、給料がもらえない施設で働いていたりする人は、学費も自己負担になる場合もありますので、その時は資金がかかることを見込んで臨む必要があります。

施設によってかなりの差があるので、認定看護師を受けることを考えている人は、就職する際に緩和ケア認定看護師の資格支援制度がある病院や、緩和ケアに力を入れている病院の求人確認をしてみる方が良いでしょう。

認定看護師になった後も、5年ごとの更新を行う必要があります。

しかし、転職する際にも優遇されますし、終末期の患者に対して役に立てる存在になるので、やりがいのある資格と言えるでしょう。
38 件

関連するまとめ

認定看護師になりたい!分野の種類や資格取得方法など徹底解説!

認定看護師になりたい!分野の種類や資格取得方法など徹底解説!

| 2,625views
現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【ひとには言えない看護師の裏技編】

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【ひとには言えない看護師の裏技編】

| 14,628views
看護とは戦いだ!カンゴドリがお届けする連載漫画スタート!

看護とは戦いだ!カンゴドリがお届けする連載漫画スタート!

| 9,062views
なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

| 8,976views
すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

| 6,367views

このまとめのキーワード