infy [インフィ]

「看護師が辛い、辞めたい・・看護師だけがあなたの将来ではありません」

「看護師が辛い、辞めたい・・看護師だけがあなたの将来ではありません」

看護師の仕事に就き、辛く辞めたいと感じながら毎日働いていませんか?資格を取りせっかく看護師として就職できたのに・・。そんな辛い思いをしてまで働き続ける必要はありません。もっと自分自身をいたわり、時には甘える事も必要です。ここからは、看護師の転職事情を紹介していきます。

| 3,944views
お気に入り追加 0

【多くの看護師が辛い、辞めたいと考えるには看護師ならではの理由がある】

医師・同僚看護師との関係性

病院という閉鎖的な職場での人間関係は複雑です。ましてや看護師は女性の職場、同僚や上司のイジメなども実際にあります。

特に多いのが、看護主任や先輩看護師からの嫌がらせです。上司や看護主任に話しかけても無視をされたり、周囲も見て見ぬふりをすることもあります。上司との関係性が上手くとれていれば、働きやすい環境を作ることができます。

また業務を行っていく上で、どうしても避けて通れないのが医師です。看護師を見下している医師も少なくなく、偉そうな口調・その日の機嫌で対応が変わる・明らかに見下した対応など、毎日苦痛な日々を送っている看護師も少なくありません。


しかし、医師に嫌われると後々業務が行いにくくなるため、ある程度は我慢し聞き流せる余裕を持ちたいところです。

患者との関係性

次に患者との関係性も重要になってきます。お年寄りの男性に多いのが「セクハラ」です。

移乗の際に胸に顔を当ててきたり、お尻を触ってきたりと嫌な思いをすることが多々あります。他にも、頑固な人や偉そうな人、けぎらいする人など患者の対応に精神がすり減らされます。

ここで嫌な顔をしたり患者の事を怒らせてしまうとクレーマーになる場合があるので、十分に注意しましょう。

クレーマーになると「この看護師は注射が下手だから他の看護師に変えてくれ!」や、ひどい場合には無視されることもあります。

重要度の高い業務内容

看護師の仕事は、雑務から命に係わる業務まで幅広く毎日多忙を極めます。

責任感の大きな業務内容が多く、少しのミスが患者の命を落とすこともあります。「薬の間違い」や「点滴を別の患者さんにしてしまい死亡」といったニュースをたまに目にします。

一瞬たりとも気を抜けない看護師は、休憩時間や夜勤の仮眠時間でさえ患者さんからのナースコールがあれば駆け付けなくてはなりません。

常にそのようなプレッシャーを背負いながら、多大な業務をこなさなければならないのです。


看護師の仕事は精神的に強くなくては続かないとよく言われますが、その言葉も納得できます。現に看護師の人手不足が蔓延化し、求人は引く手あまたの状態です。

職場環境の不満

看護師は経験を積むにつれ、多角的に広い視野での業務能力が求められだします。結果、残業して業務を終える事や事務仕事を自宅へ持ち帰る事もざらにあります。又、自分自身のキャパシティー7を超えた仕事量を課せられるなど責任感が非常に重くのしかかります。


この仕事量のキャパシティー超えで、部下に当たり散らす上司も多くいます。職場環境の悪化→上司と部下の関係性の悪化と、悪循環に繋がってしまいます。

【今、転職して失敗しないかな?】

病院内での部署移動

部署によって勤務形態や就業内容が全く異なります。病棟勤務の夜勤が辛い人なら日中業務しかしていない、外科や内科などが良いでしょう。

子供が好きであれば、小児科に移動できれば新たなやりがいが見つけられるかもしれません。


上司と関係性が良くないのであれば、他の部署へ移動できれば問題も解決します。どうしても辛くて辞めたいけれど、転職になかなか踏み出せない人は部署移動ができないか相談してみましょう。
51 件

関連するまとめ

「看護師が抱える悩みって?解決策も一緒にご紹介」

「看護師が抱える悩みって?解決策も一緒にご紹介」

| 2,037views
「看護師はなぜストレスが溜まる?理由を徹底解明」

「看護師はなぜストレスが溜まる?理由を徹底解明」

| 2,440views
ストレスが溜まっている看護師のあなたへ 解消するには?

ストレスが溜まっている看護師のあなたへ 解消するには?

| 3,647views
看護師辛いよ・・・少しでも元気がでるように

看護師辛いよ・・・少しでも元気がでるように

| 4,081views
毎日、看護師に向いてないと考えます。ネガティブ看護師の特徴と対策とは

毎日、看護師に向いてないと考えます。ネガティブ看護師の特徴と対策とは

| 7,139views

このまとめのキーワード