infy [インフィ]

ナースシューズの選び方のコツとは!3大タイプの特徴紹介

ナースシューズの選び方のコツとは!3大タイプの特徴紹介

みんながナースシューズに求める機能と、機能別選び方のポイントをまとめました。特に人気のスニーカータイプ、パンプスタイプ、サンダルタイプの特徴やおすすめ商品もご紹介致します。

| 1,096views
お気に入り追加 0
それでは、実際にナースシューズを選ぶ時に気をつけたいことは何なのか確認していきましょう。

クッション性・滑り止めのあるものは疲れにくい!

体重のかかるかかとや土踏まずをサポートしてくれるクッション性は、とても大切な機能です。
特にエアークッションは疲れにくく、足裏が立体になった中敷きのものがおすすめです。
しっかりと踏ん張れる滑り止めがついたものもおすすめですが、滑りにくい素材は通気性がないのが欠点です。

通気性を重視して蒸れにくさアップ!

滑り止め素材を選ぶと避けては通れない蒸れの問題。
これは足を覆うフルカバータイプではなく、群れを逃がしてくれるようなタイプを選ぶことで軽減できます。
つま先が少し開いていたり、サイドがメッシュになったものがおすすめです。
あまりに開口部が多いデザインだと、上からの汚れを防げないので注意しましょう。

いつもより少し小さめのものを選ぶのが吉!

疲れにくい靴の原則は「ジャストサイズ」です。
ナースシューズに関しては、いつものサイズよりやや小さめを選ぶといいようです。
ナースシューズはゆったりさせるため、大きめに作られていることが多いからです。

ただし、これはメーカーや靴のタイプによって差があるので、出来れば試着してジャストサイズを選びたいものです。

動きやすさと人気No.1!スニーカータイプ

とにかく疲れにくい靴を、ということで、ナースシューズの中で一番多くの人が支持しているのが「スニーカータイプ」です。
普段の靴と大きな違いもなく履くことが出来ますね。

疲れにくさと滑りにくさ…靴底の素材選びも大切なポイント

スニーカータイプの何よりの利点は、本体と一体型のしっかりした靴底です。
疲れにくさをとる方はEVA素材の靴を選びましょう。
樹脂素材でとても軽く、耐久性・弾力性・柔軟性に富んでいます。

滑りにくさ重視の場合は定番のゴム底がおすすめです。
EVA素材、ゴム素材どちらも水を吸わないため丸洗いできます。

欠点は蒸れやすさ… メッシュのものを選ぼう!

靴底がしっかりしている分、水分が通らないのでどうしても蒸れやすくなるのがスニーカータイプの欠点です。
これをカバーするには、甲やサイドがメッシュ素材のスニーカーを選ぶようにしましょう。

ただし、メッシュは小さな隙間がたくさん開いている構造なので、汚れやすくなります。
こまめに洗う方がいいでしょう。

スニーカータイプのおすすめ商品はコレ!

52 件

関連するまとめ

奥が深い!自分に合ったナースシューズを選びましょう!

奥が深い!自分に合ったナースシューズを選びましょう!

| 3,378views
靴を変えただけで仕事が変わる!?ナースシューズ相談会を限定で開催!

靴を変えただけで仕事が変わる!?ナースシューズ相談会を限定で開催!

| 4,149views
看護師なら持っておきたい!便利なおすすめグッズ

看護師なら持っておきたい!便利なおすすめグッズ

| 8,177views
【面倒くさがり必見】臭い靴の臭いを“簡単“しっかり消臭な⽅法まとめ

【面倒くさがり必見】臭い靴の臭いを“簡単“しっかり消臭な⽅法まとめ

| 746views
これで脱コンビニ飯!今すぐ試したくなる”作り置きごはん”レシピ♪

これで脱コンビニ飯!今すぐ試したくなる”作り置きごはん”レシピ♪

| 727views

このまとめのキーワード