infy [インフィ]

食べ過ぎた次の日にやるべきこと、NG行動を紹介します!

食べ過ぎた次の日にやるべきこと、NG行動を紹介します!

歓送迎会や友達との飲み会などでつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。そんなときに肥満を防ぐための方法をご紹介します。食べ過ぎた翌日に何をすればいいのか、どんなものを食べればいいのかも紹介しています。

| 2,885views
お気に入り追加 0

【食べ過ぎたときの体重変化のメカニズム!】

≪重くなった原因の正体は水分と胃腸の内容物≫

友達や会社の食事会などで食べ過ぎてしまったという経験は誰にでもあるでしょう。
翌日体重計に乗ってみると体重が増えているなんてことも。

しかし、翌日に体重が増えてしまったという現象は前日の食べ過ぎで全てが脂肪に変わってしまったわけではありません!

実はこの時体重が増える原因となっているのは前日に摂取した水分や食べ物なのです。

前日のうちに消化しきれなかった水分は身体のむくみとして、食べ物は胃の中に貯留している場合があり、この二つが体内に貯留しているために翌日体重が増えてしまうのです。

≪脂肪になるまでの48時間が重要!≫

食べ過ぎてしまったとき、余分となったものはまず肝臓に蓄積されます。
余分な糖質やタンパク質は肝臓の脂肪細胞に蓄積され、アミノ酸は尿として排出されます。
この時肝臓に蓄えられた糖質やタンパク質は48時間後に脂肪に変化します。
つまり、食べ過ぎてしまったときは2日以内の食事に気をつけていれば太る可能性は低いのです!

しかし、その分食べなければ良いのではという考えはNGです。
この2日間は肝臓に余分なエネルギーが蓄積された状態なので、これらを消費するように心掛ける必要があります。
また、体内に蓄積された水分も体外に排出する必要があります。
身体を動かしたり温めたりして代謝をアップさせたり脂肪にや水分の排出に必要な栄養素を摂取するように心掛けましょう。

【食べ過ぎた次の日に摂取すべきもの】

≪ビタミンB群≫

レバー、うなぎ、カツオ、納豆、ピーナッツなどの食品に多く含まれているビタミンです。

脂質や糖質を取り過ぎたときはこの中のビタミンB2が脂質と糖質を消費するために大量に消費されているので、食べ過ぎたと感じた翌日は意識して摂取するようにしましょう。
また、ハードワークやストレスの多い現代社会では偏った食生活をすることでこのビタミンの摂取量が少ない傾向にあるので日頃から摂取しておくことで普段の代謝アップや脂肪燃焼にも効果的です。

≪カリウム≫

食べ過ぎによって翌日太った!?と感じる方がいますが、これは前日食べた食事に含まれる水分が身体のむくみとなって残っているためです。
このむくみを解消するためにカリウムが必要となってきます。

体内のミネラルバランスは細胞内のナトリウムとカリウムによってコントロールされていますが、食べ過ぎで体内に大量に入ってきた水分をナトリウムが細胞内に溜め込んでしまうことでむくみが起きてしまいます。
この水分の排出を促すのがカリウムなのです。
カリウムは納豆、生のほうれん草、昆布などに多く含まれているので食べ過ぎた翌日におすすめです。

≪食物繊維≫

食物繊維は、大まかに水溶性と不溶性の2つに分けられますが、このうちの水溶性食物繊維が食べ過ぎた後の対策として大切な栄養素なのです。
水溶性食物繊維は胃の中に蓄積された脂肪分を包み腸での消化スピードを遅めることで脂肪の吸収を抑制し、便として排出されるようになります。

水溶性食物繊維は主にキャベツ、大根、玉ねぎ、オクラなどの野菜に多く含まれているので、これらの野菜を中心としたサラダにして食べると良いでしょう。

≪タウリン≫

摂取された脂質や糖質は一旦肝臓に蓄積されますが、食べ過ぎたときは普段よりも脂質や糖質を多く蓄積することで肝臓にダメージを与えています。

ダメージを受けた肝臓を元気に再生してくれる栄養素がタウリンなのです。
タウリンを摂取して肝臓を再生することで蓄積された脂質や糖質の代謝をアップしてデトックス効果が期待できます。

青魚、しらす、いか、たこ、牡蠣、ホタテ、しじみ、あさりなどに多く含まれていますが、肝臓を再生してくれるからと過剰に摂取するとカロリーオーバーで太ってしまう原因にもなりますので注意が必要です。

≪酵素≫

摂り過ぎた食べ物を消化するために体内では消化酵素が体内で多く作られます。
この時、食べ物の消化のために体内のほとんどの酵素が消化酵素となることで代謝を流すための代謝酵素が不足してしまいます。

酵素ドリンクなどを摂取して消化で疲れた胃を休めると同時に代謝酵素を多く作ることで代謝を上げて体内に蓄積された脂質や糖質を消費していきましょう。

また、酵素を摂取して胃を休めてあげることで疲労回復の効果も期待できます。

【代謝アップのビタミンB群】

≪ビタミンB1≫

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きを持ったビタミンです。

このビタミンが不足すると糖質が代謝されずに体内に蓄積し脂肪に変化して太ってしまいます。
ビタミンB1を十分に摂取すると糖質がエネルギーに変換されて体内に蓄積される糖質の量が減り、エネルギーとして変換されることで元気に身体を動かすこともできるようになります。
また、粘膜や皮膚を正常に保つ効果もあるので美容目的にもぜひ摂取しておきたいビタミンです。

これらは豚肉、たらこ、うなぎ、豆類などの食品に多く含まれており、ニンニクや玉ねぎ、ニラなどと一緒に摂取するようにするとより効果を発揮します。

≪ビタミンB2≫

主に脂質の代謝を促す働きをしてくれるのがビタミンB2です。脂質を取り過ぎた時はこのビタミンを十分に摂取すると肝臓に蓄積された脂質をエネルギーに変えてくれるため活発に活動できるようになり脂肪として蓄積するのを防ぐことができます。

ビタミンB2は別名「美容ビタミン」とも呼ばれ、肌のターンオーバー周期を整えたり皮膚や粘膜を健やかにする効果も期待されます。

主に豚や牛や鶏のレバー、卵、うなぎの蒲焼、カレイ、牛乳、納豆などに多く含まれています。
注意したいのは、調理の際に熱でビタミンが壊れることはありませんが水や煮汁に溶け出してしまうため、それらも活用したレシピを心掛けましょう。

≪ビタミンB6≫

ビタミンB6はタンパク質を代謝することで筋肉や血液を作る働きを支えてくれるビタミンです。

このビタミンは他と違い、腸内細菌によって産生されるビタミンですが、食べ過ぎによってタンパク質を取り過ぎてしまった時にはビタミンB6を外部からも摂取することで代謝をアップさせ体内に蓄積するのを防ぐことができます。

主ににんにく、マグロ、イワシ、カツオ、鮭、アジ、さんまなどに含まれています。

【食べ過ぎに効くその他栄養素がとれる食べ物たち!】

ベジタリアン朝食ほうれん草ルッコラアボカド種子もやし丼 - 健康的な食事のストックフォトや画像を多数ご用意 | iStock

≪カリウムを摂取できる食べ物≫

カリウムは体内のナトリウムとの相互作用で体内に溜まった水分を尿として水分や塩分を排泄する効果があるため、食べ過ぎでむくんだ身体に効果を発揮します。

またお酒をよく飲む人はアルコールを摂ることで利尿作用が働いてトイレが近くなりますが、この時に尿としてカリウムを排泄してしまい、翌日カリウム不足になっていることがあるので翌日には摂取して起きたい栄養素の一つです。

カリウムを多く含む食品としては以下のものが挙げられます。

豆類…大豆、納豆
海藻類…わかめ
イモ類きのこ類…エリンギ、しめじ
野菜類…ホウレンソウ、モロヘイヤ
果物類…バナナ・パイナップル・キウイ・グレープフルーツ

カリウムは水溶性であり調理で煮たり茹でたりすることで食品から溶け出てしまいます。
摂取する方法としては生野菜のサラダや果物から摂取すると効率よく摂取できるためおススメです。
また、同時に水分不足となっていることもあるので、カリウムを多く含む野菜や果物でスムージーとして摂取すると水分不足を補い、胃腸を休めてあげることにもつながります。
48 件

関連するまとめ

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【白衣の下の秘密編】

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【白衣の下の秘密編】

| 30,530views
結論見た目じゃなかった?誰もが憧れるいい女の条件とは。

結論見た目じゃなかった?誰もが憧れるいい女の条件とは。

| 2,539views
どんな男も魔性の女には敵わない?魔性の女の特徴とは

どんな男も魔性の女には敵わない?魔性の女の特徴とは

| 24,632views
新年度に向けて変わりたい!失敗しないイメチェン方法

新年度に向けて変わりたい!失敗しないイメチェン方法

| 1,635views
モテる女の特徴まとめました!!これであなたも今日からモテ女!

モテる女の特徴まとめました!!これであなたも今日からモテ女!

| 4,223views

このまとめのキーワード