infy [インフィ]

介護保険制度の基本と申請方法、受けられるサービスについて

介護保険制度の基本と申請方法、受けられるサービスについて

介護保険制度が良く分からないという人、多いのではないでしょうか。ここでは最低限知っておきたいこと、実際に介護サービスを受けるために必要な申請の方法、どんなサービスがあるのかについて分かりやすく解説します。

| 1,470views
お気に入り追加 0
日本は世界的に見ても長寿国です。

厚生労働省によると、65歳以上の高齢者数は2025年には3657万人、そして2042年にはピークを迎え3878万人になると推計されています。
さらに75歳以上の高齢者の割合は増加し、2055年には全人口に占める割合が25%を超える見込みです。

高齢化が進むなか、介護はもはや家族間の問題ではなく、社会問題であるといえるでしょう。

その「介護」を社会全体で支えるための軸となるのが「介護保険制度」なのです。

参考:
厚生労働省 今後の高齢者人口の見通しについて 
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link1-1.pdf

介護保険制度の基本

GATAG|フリー写真・イラスト素材集

介護保険制度はなぜ、何を目的に作られたのでしょうか。

まずは介護保険制度制定の経緯と仕組み、保険料についてご説明します。

介護保険制度とは

「介護は家族がするもの」
以前はこのような考え方が一般的でした。

介護保険制度制定前は、介護サービスを個人が自由に選択して利用することは出来ませんでしたから、そうするしかなかった背景もあるでしょう。

自宅での介護が困難になると、治療の必要がないのに長期間入院させる、いわゆる社会的入院が多くなり、大きな問題になっていたのです。

少子高齢化、核家族化が進み、介護を家族だけでするのは無理である、介護が必要な人を社会全体で支えようという目的のもと、介護保険制度は生まれました。

介護保険制度の仕組み

介護保険の加入者(被保険者)が保険料を出し合い、介護が必要な状態になったら要介護認定を受け、介護サービスを利用するという制度です。

保険料の支払い方法は

自分自身が介護保険料を払っているのか分からないという人は案外多いものです。

介護保険料の支払いが必要になるのは40歳になってからです。
40歳になったその月から支払いが発生します。

40~64歳までの人は医療保険に応じて介護保険料が徴収されています。

65歳以上の人は年金額に応じて特別徴収(年金からの天引き)、普通徴収(納付書か口座振替)で支払うことになります。

介護保険の加入者は2種類

GATAG|フリー写真・イラスト素材集

介護保険に加入するのは40歳からとお話ししましたが、加入者は年齢によって2期に分けられています。
それぞれの受給要件は違いますので確認しましょう。

第1号被保険者(65歳以上)

65歳以上の人は、要介護、要支援状態になれば介護保険サービスを受けることができます。
要介護、要支援になった原因は問いません。
48 件

関連するまとめ

介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

| 1,472views
介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

| 1,926views
介護の仕事の志望動機を書くときのポイント、面接での伝え方とは

介護の仕事の志望動機を書くときのポイント、面接での伝え方とは

| 1,812views
介護の求人サイト、カイゴワーカーとは。メリット、デメリットまとめ

介護の求人サイト、カイゴワーカーとは。メリット、デメリットまとめ

| 1,750views
介護現場の夜勤のホントのところ。やりがいと悩みとは。

介護現場の夜勤のホントのところ。やりがいと悩みとは。

| 1,466views

このまとめのキーワード