infy [インフィ]

仕事も育児もハード。看護師を続けながらママも続けるコツ。

仕事も育児もハード。看護師を続けながらママも続けるコツ。

看護師の仕事を続けながら育児をすることはとてもハードです。自分の健康も気にしつつ両立するためには、ライフスタイルに合わせて働き方を替えたり、トワイライトステイなどの制度を上手に活用しましょう。

| 7,068views
お気に入り追加 0

看護師という仕事の現実

働くママが必ず直面するのが、「育児と両立するためにはどうしたらいいか?」という問題です。
どちらかの親と同居をしていたり近距離同居や敷地内同居の場合、子どもを預かってくれる両親または義両親がいます。

しかし、今では孫の子守りよりも働いたり自分たちの時間を大切にしたいと考える親も多いため、頼む難しいこともあります。当然、どちらの親も遠い場合には頼れません。

看護師の勤務は不規則でハードな仕事です。
育児と仕事の両立をするには、覚悟と夫がどれぐらい協力をしてくれるかがポイントです。
まず、看護師の仕事と育児を両立した場合、現実にはどのような問題があるのでしょうか、ご紹介します。

子どもの不調や行事に合わせられるほど、職場の融通がきかない

子どもはいつ体調を崩すかわかりません。
特に小さい頃は体調を崩してばかりという子どもも珍しくありません。
そんな時には、体調を崩した子どもを1人にすることはできないので親のどちらかが休みを取って看病することになります。

看護師と言う仕事は人手不足であったり、とても忙しい仕事であるため、職場によっては子どもの不調や行事に合わせられるほど、融通が利かないこともあります。
女性の職場だから理解してもらえる環境と考えていては、現実を知ったときに落胆してしまいます。

看護師が仕事と家庭を両立するのは異常なほどハード

特に大きな病院の看護師は夜勤や呼び出しもあるため、仕事と家庭を両立するのは異常なほどハードです。
手のかかる小さな子どもがいるママは、一日中仕事で動き回って帰宅してからもなかなか言うことを聞かない子どもと時間との勝負です。

帰宅する前は何時までに何をやってとスケジュールを考えますが、現実はうまくいきません。特にワンオペのママは、イライラが止まらない状況になることも少なくありません。

長期休暇明けから復職しようとしてもブランクがあり難しい

産前産後休暇や育休は人によっては年単位で取得します。
さらに、続けて出産をした場合は何年も現場から離れてしまいます。
その間に医療は進歩し、自分の腕も鈍ってしまう可能性があるため、長期休暇明けから復職を考えるとブランクがあり抵抗を感じてしまいます。

長期休暇明けの復職が出来ないわけではありませんが、長期休暇を取得する前と後では医療の常識が代わっている可能性があるため、自己学習を必ずしましょう。

看護師が仕事と家庭を両立するとき直面する問題点とは?

ママが仕事と家庭を両立するときにはいろいろな問題に直面しますが、看護師も例外ではありません。
看護師として働いている場合、どのような問題に直面するのでしょうか?

保育園の需要が高すぎて簡単には入園できない

保育園は地域によってなかなか入園できません。
また、年齢によっては途中入園が出来ない保育園も少なくありません。
保育園の募集は年に1回のみで、そのタイミングで申し込みをしなければ入園をすることがさらに難しくなってしまいます。

働くママが増加している現代では、保育園の需要が高すぎて簡単に入園できない状況が続いています。
さらに、人気のある保育園であれば競争率が高くなり、必ず希望する園に入園できるとは限りません。
中にはきょうだいで別々の保育園に通園している家庭もあります。
少しでも希望する保育園に入園できるように、保活は早め早めに行動しましょう。
51 件

関連するまとめ

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

| 5,508views
すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

| 5,281views
看護師だってたくさん食べたい!私は食べることを愛するのだ!!

看護師だってたくさん食べたい!私は食べることを愛するのだ!!

| 6,862views
仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

| 7,078views
本当にきつい!看護師の5連勤の実態と看護師の声、5連勤を避ける方法ってある?

本当にきつい!看護師の5連勤の実態と看護師の声、5連勤を避ける方法ってある?

| 5,517views

このまとめのキーワード