infy [インフィ]

【実はこんなにあった!】看護師の種類とは

【実はこんなにあった!】看護師の種類とは

看護師にはどんな仕事をして、どれだけの種類があるのか疑問に感じる方もいます。

| 292views
お気に入り追加 0
看護師には認定看護師などが存在しており、
それぞれの得意とする分野で活躍できます。

今回は看護師にはどれだけの種類があるのか、
その特徴は何かついて説明します。

馴染みがあるのは正看護師

多くの方がイメージする看護師は
正看護師と呼ばれるものです。

一般的に病院や施設などで医療行為や
介護を行ったりします。

大学や看護学校、短期大学を出て
国家試験に合格しないといけないです。
医療現場でも需要が上がってきています。
患者や高齢者など体の不自由な人たちの身のまわりの世話や介助を行ったり、医師の行う医療行為の補助的役割を果たす人たちの事を指しています。

看護師の補助をする准看護師

准看護師は医師や正看護師の指示の下で
医療行為の補助を行っていきます。

こちらも准看護学校を卒業した後に
准看護士の資格試験を合格するとなれます。

高校を卒業してから看護師になるより、
1年早く正看護師の免許を取得できるメリットがあります。
准看護師は看護師とは違い、短い期間で資格が取れるため、忙しい主婦や共働きをしたい女性にとっては、魅力的な資格であるようです。

看護全体を見ていく専門看護師

1994年から始まった資格で大学院を卒業すること、
実務研修が5年以上が条件です。

看護全体をマネジメントしていくことが目的です。
小児や慢性疾患、感染症など11の分野に分かれており、
教育や研究といったことを行います。
大学院での修士課程修了となると、2年の期間は要する事になるため、専門看護師資格を取得するために一旦退職をしたという看護師も多いのです。

より高度な看護を行う認定看護師

30 件

関連するまとめ

看護師の必需品!マスクの正しい付け方のポイント

看護師の必需品!マスクの正しい付け方のポイント

| 34views
夜勤してても痩せたい!看護師におすすめのダイエット法

夜勤してても痩せたい!看護師におすすめのダイエット法

| 55views
一体いくらかかるの?看護師になるために必要な学費

一体いくらかかるの?看護師になるために必要な学費

| 62views
看護師としてまだまだ働きたい!定年退職後の働き方とは

看護師としてまだまだ働きたい!定年退職後の働き方とは

| 140views
どう使い分けたらいいの?看護士と看護師の違いとは

どう使い分けたらいいの?看護士と看護師の違いとは

| 114views

このまとめのキーワード