infy [インフィ]

押さえておこう!看護師の30代からの転職ポイント。

押さえておこう!看護師の30代からの転職ポイント。

30代になってそろそろ転職を考え始めた看護師が、気をつけたいことをご紹介します。

| 373views
お気に入り追加 0
結婚、出産などライフステージの変化が起こりやすい30代。
働きやすさを求めて転職を考える看護師も増えてきます。

30代からの転職を考えたとき、押さえておきたいポイントをまとめました。

30代の看護師は頼りにされる

ある程度の経験を積み、まだまだ働き盛り真っ只中である30代の看護師は、
雇用側から見ると採用したいと思う年代なんだそうです。

定年を60歳とすると、30代はまだ勤続年数の前半。
それまで違う診療科に勤務していたとしても、
抵抗なく新しいことを学んでいけるとみなされますし、
同じ診療科であるなら即戦力として頼りにされます。

それまでの勤務経験から、仕事上でのコミュニケーション能力も
ある程度ついているので、職場の人間関係だけでなく、
患者さんへの対応についても安心感があると判断されることが多いんだそうですよ。

ライフステージの変化を考慮に入れての転職

30代の看護師は転職に有利なことが多い、
ということを押さえたうえで、
考えたいのは転職先にどのような職場を選ぶかということです。

結婚や妊娠、出産といったライフステージの変化があり、
家庭を優先するには、夜勤もある病棟勤務は少々きついですよね。

最先端の医療を行っている大規模な総合病院や大学病院は、
給与をはじめとする待遇が良かったり、
キャリアアップのための資格取得を支援してくれたり
という面はあります。

反対に、仕事をセーブしたい場合は、
土日が休みのことが多く夜勤もないクリニック、
または患者さんの自宅を訪れて看護をする訪問看護ステーション
という働き方もあります。

訪問看護ステーションは、基本的に一人で患者さんへのケアを行いますが、
30代の看護師ならそれまでの経験を生かし、
安心して仕事ができるのではないでしょうか。

また、急性期病棟と、療養型病棟の両方があるケアミックス型の病院は、
看護師のライフステージによって、
病棟を移動し働き方を変えることが可能なところもあります。

出産後は療養型の病棟に移動したり、ある程度子供の手が離れたら、
急性期病棟に戻るといった働き方もできるのです。

子供が小学校に上がったら

出産や育児のために働き方を変えたい、
という30代看護師の場合、
子供が未就学児の間は夕方以降も保育園に預けることができたり、
24時間対応の院内託児所を利用することが可能です。

ですが、子供が小学校に上がると、
学童保育に預けたとしても、基本的に18時には
お迎えに行かなければなりません。

介護施設やデイサービスは、日勤だけでよく
残業も少ないのが特徴ですので、
小学校低学年の子供がいる看護師も、
仕事と家庭との両立もしやすいのではないでしょうか。
看護師の職場はバラエティーが豊富ですので、
実はライフステージによって働き方を柔軟に変えやすい職種でもあります。

20代のうちに、将来転職に有利になるように、ということを視野におきながら
しっかり経験を積んでおくのが大切ですね。
11 件

関連するまとめ

あなたは大丈夫?30代の看護師に訪れる人生最大の2つの選択肢!

あなたは大丈夫?30代の看護師に訪れる人生最大の2つの選択肢!

| 3,050views
知って得する!30代看護師が転職するメリット・デメリットとは?!

知って得する!30代看護師が転職するメリット・デメリットとは?!

| 718views
看護師は30代が分岐点!?夜勤をする看護師しない看護師。

看護師は30代が分岐点!?夜勤をする看護師しない看護師。

| 1,552views
いつもピリピリ…!怖い先輩看護師への接し方

いつもピリピリ…!怖い先輩看護師への接し方

| 10views
資格取得後にステップアップは?看護師になるには

資格取得後にステップアップは?看護師になるには

| 101views

このまとめのキーワード