infy [インフィ]

働く場所は病院だけじゃない!看護師のさまざまな就職先

働く場所は病院だけじゃない!看護師のさまざまな就職先

看護師さんが働くことのできる、病院以外の場所を探してみました。

| 375views
お気に入り追加 0
看護師さんと言うと
病院やクリニックでの勤務が当たり前
のように感じられますが、
実はそれ以外にも就職できる場所があるんです。

もちろん一般職ではなく看護師として。
どこが該当するのかを見てみましょう。

病気を未然に防ぎたいなら保健所

問診するドクター03|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

病院は、病気やケガにかかった人の手当てをする場所ですが、
保健所で予防のためのお手伝いをするのも看護師さんの仕事です。
保健師さんの職場というイメージが強いですが、
看護師さんを募集するケースもあります。

主な仕事は、インフルエンザなどの予防接種や、
日常生活の上で防ぐための指導ですね。
健康診断や相談に応じることもあります。

血を採るだけなら楽?献血ルーム

献血をしよう|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

こちらも医療関係という意味では妥当かもしれませんね。
献血ルームや移動採血車でも
看護師さんを募集しています。

採血という技術は
素人がいきなりできるものではありませんから、
経験者という意味で看護師さんが求められるのかも?

ハードな業務は無いですが、
事務作業などを別にすれば採血だけが仕事なので、
退屈に注意と言われることも。

イメージとしては保健室の先生をする保育園

園児|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

もう1つ紹介、保育園でのお仕事もあります。
と言っても保育士さんに混じって園児のお世話をするのではなく、
彼らの健康管理が主な業務。
園児が一定数以上いる保育園では、
看護師さんの配置が義務付けられているんです。

ケガをした園児に適切な治療を施したり、
保健所での業務のように、事前の健康チェックなどを行います。
小学校以上で言うところの、保健室の先生ですね。
園児に限らず、先生方の健康管理を任されることもあります。
ほかにも、もっと幼い乳児の向けの施設や、
高齢者向け介護センターでの勤務、
企業の中にある医務室でのケアなど、
職場は多岐にわたっています。

病院だけに目を向けるのではなく、
どの年齢層に対して、どのような看護をしてあげたいかで、
就職先を考えても良いかもしれません。
11 件

関連するまとめ

看護師の必需品!マスクの正しい付け方のポイント

看護師の必需品!マスクの正しい付け方のポイント

| 34views
夜勤してても痩せたい!看護師におすすめのダイエット法

夜勤してても痩せたい!看護師におすすめのダイエット法

| 55views
一体いくらかかるの?看護師になるために必要な学費

一体いくらかかるの?看護師になるために必要な学費

| 62views
看護師としてまだまだ働きたい!定年退職後の働き方とは

看護師としてまだまだ働きたい!定年退職後の働き方とは

| 140views
どう使い分けたらいいの?看護士と看護師の違いとは

どう使い分けたらいいの?看護士と看護師の違いとは

| 114views

このまとめのキーワード