infy [インフィ]

超重要!外しちゃいけない【スタンダードプリコーション】の基本

超重要!外しちゃいけない【スタンダードプリコーション】の基本

看護師、ひいては医療従事者にとって必至となるスタンダードプリコーションについて紹介します。

| 2,464views
お気に入り追加 0
医療現場において、感染予防は特に重要なことのひとつです。そこで、感染予防に関連した、看護師として働くときに必ず身につけておくべき知識「スタンダードプリコーション」についてご紹介します。

スタンダードプリコーション(標準予防策)とは

手術・医療系の服装|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

スタンダードプリコーション(Standard Precaution:標準予防策)は感染症病原体の存在が疑われるかどうかにかかわらず,すべての人に分け隔てなく行う感染予防策です。
院内での感染を予防するには、検査で判明した感染症だけでなく、表面化していない感染源にも注意することが大切です。スタンダードプリコーションでは、患者の血液や汗以外の体液(唾液、腹水、胸水、心嚢液、脳脊髄液など)、排泄物、分泌物、傷ついた皮膚や粘膜などが、すべて感染源になりうるとしています。スタンダードプリコーションを適切に行うことで、患者、そして医療従事者の両方を感染症から守ることができるのです。

スタンダードプリコーションの基本は手指衛生

手を洗う|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

すべての医療行為の基本となり,感染防止に対して一番大きな役割を果たすのが手指衛生(手洗い,または手指消毒)である。
手指衛生は、医療従事者にとってもっとも基本となる大切な行為です。手指衛生を行うタイミングは、患者との接触する前後、無菌操作をする前、患者の体液や周囲のものに触れた後などとされています。また、汚れが目に見える場合は石鹸を使用した手洗いを行い、汚れが目に見えない場合はアルコール製剤による消毒をすることも徹底しましょう。

そのほかの具体的な予防策

注射器|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

● スタンダードプリコーションの具体的方法
1)適切な手指衛生(手洗い)
2)防護用具の使用
3)鋭利器材の適切な取り扱い
4)患者ケアに使用した器材や環境などの取り扱い、患者配置
患者に触れるとき、また患者の体液が触れる可能性があるときは、マスクや手袋、ゴーグル、ガウンなどの防護用具を適切に着用し、徹底的に接触を防ぐことが大切です。また、場合によっては汚染物質を広げる可能性もあるので、着脱の順番にも気をつけてください。そのほか、注射手技用器材の安全な取り扱い、患者が使用済みのリネン類や器材の処理、感染症の拡散を防ぐための患者の隔離なども、スタンダードプリコーションに含まれます。
スタンダードプリコーションは、日々働く上できちんと実践することが重要です。ちょっとした気の緩みが、患者や自分たち医療従事者を危険にさらすことになりかねません。しっかりと知識を身につけましょう。
14 件

関連するまとめ

看護師長さんの人柄が職場を作る!大同病院が「働きやすい」と言われる理由とは!?

看護師長さんの人柄が職場を作る!大同病院が「働きやすい」と言われる理由とは!?

| 10,281views
【担当別】病棟看護師の仕事内容は?

【担当別】病棟看護師の仕事内容は?

| 405views
コーディネーター業務の実態

コーディネーター業務の実態

| 221views
【抑制廃止宣言】ってなに!?患者さんに寄り添う看護の「信愛病院」に行ってきた!

【抑制廃止宣言】ってなに!?患者さんに寄り添う看護の「信愛病院」に行ってきた!

| 5,688views
ロンドンでは看護師に監視カメラをつけさせているって本当?

ロンドンでは看護師に監視カメラをつけさせているって本当?

| 340views

このまとめのキーワード