infy [インフィ]

看護師になって克服!人見知りを治して患者さんと接する方法

看護師になって克服!人見知りを治して患者さんと接する方法

患者さんと上手にコミュニケーション行って、人見知りをカバーする方法をご紹介します。

| 1,117views
お気に入り追加 1
患者さんと密に接する看護師なのに、
人見知りな性格だと辛いですよね。

人とのコミュニケーションがうまくなる、
とっておきの方法を3つご紹介します!

話すときは視線が大事!人見知りなら視点は〇〇に…

人と話すことが苦手な場合、
会話中、つい視線を下げてしまっていませんか?

目は言葉以上にモノを言うといわれますが、
視線次第で、印象は大きく左右されます。

人と話すときは、
しっかりと相手の顔を見ることが大前提です。

とはいっても、
どうしても目を合わすことが苦手だという場合は、
相手の鼻を見るようにしましょう。

視線を合わすよりも抵抗がなく、
少しだけ相手よりも目線が下がることで、
威圧感を与えない
優しい表情を演出することができますよ。

話し上手でなくても大丈夫。聞き上手であれば良し!

患者さんと会話していても、
気の利いた話ができなくて悩む…。

いえ、話すことが上手である必要はありません。

現在辛い思いをしている患者さんはとくに、
自分の話を聞いてほしいと思っています。

看護師の立場としては、
その話をたくさん引き出してあげられるよう、
聞き上手である方が大事なのです。

相手が話しやすいように、
相づちはしっかりと、丁寧に打ちましょう。

最初はオウム返しでも良いので、
興味津々な姿勢で聞くことが大事です。

自分の話を心置きなくすることができた患者さんは、
きっと気持ちの良い会話だったと思うはずですよ。

笑顔ひとつで、人見知りは卒業…!

会話をしているときだけでなく、
一人で歩いているときでも、
口角を上げた優しい表情が理想ですね。

患者さんが看護師に、
声をかけやすい雰囲気を作ることが大事です。

コミュニケーション下手であっても、
素敵な笑顔があれば、
それだけで好感度が上がります。

作り笑いではなく、
日頃から癒しの笑顔でいられるといいですよね。
1人の人の笑顔に全力を注げるようになれば、

そこから、多くの人の笑顔に
力を注げるように拡大していくことは
想像以上に簡単です。
人とのコミュニケーションが仕事
といっても過言ではない、看護師の日常。

ご紹介した3つのポイントを押さえて、
患者さんや、まわりのスタッフからも
素敵に思われる、
癒し系看護師になってみませんか…!
12 件

関連するまとめ

人見知りでも大丈夫!看護師が患者さんとすぐに打ち解けるためのコツ

人見知りでも大丈夫!看護師が患者さんとすぐに打ち解けるためのコツ

| 222views
看護師がプレッシャーを感じるときってどんなとき?乗り越える方法

看護師がプレッシャーを感じるときってどんなとき?乗り越える方法

| 46views
看護師の90%がパワハラを受けている?

看護師の90%がパワハラを受けている?

| 80views
看護師の目標管理は大切!上手な目標の設定方法

看護師の目標管理は大切!上手な目標の設定方法

| 83views
清潔感のある顔って?看護師が今すぐ真似したくなるメイクを紹介!

清潔感のある顔って?看護師が今すぐ真似したくなるメイクを紹介!

| 112views

このまとめのキーワード