infy [インフィ]

離島で働きたい人必見!看護師派遣制度「離島応援ナース」の内容とは?

離島で働きたい人必見!看護師派遣制度「離島応援ナース」の内容とは?

地域医療に興味のある人、離島でリフレッシュしたい人におすすめ!「離島応援ナース」ってどんな制度?

| 3,288views
お気に入り追加 0
挑戦する事で自信となりました! | 看護師のひろば|看護師求人ならナースパワー

地域医療に興味があって、”離島で働いてみたいな”と思っている人って結構多いんですよね。

しかし、慣れない土地でうまくやっていけるか心配…。

そこで看護師と離島をつなぐ「離島応援ナース」という制度が話題になっています。

期間限定で離島の医療を支える仕事

期間は3〜6ヶ月程度

期間は3〜6ヶ月程度

もちろん延長もできます。
「離島応援ナース」は、看護師が不足している離島地域に期間限定で看護師を派遣し地域医療を支えるという制度です。

期間は半年が目安で状況に応じて延長することもできます。

なかには島での暮らしに魅力を感じてそのまま永住する人も…!?

また、給料も通常の病棟勤務に比べて応援ナース制度の方が高く、月収50万円近くもらえる案件もあります。

”お金を出してでも人手が欲しい”ということかもしれませんね。

交通費・引越し代はかかりません!

これは大きい!!

これは大きい!!

一気にハードル下がりますね。
離島に引っ越す上で気になるのが交通費や家賃、そして引越し代。

ご安心ください。その手の費用は全くかかりません。

離島での住まいは病院の寮や病院がマンションを借りてくれるため、家賃や光熱費も一切負担しなくていいのです。

交通費や引越し代もかからないので、ものすごい勢いで貯金が貯まります。

サーフィンもできる!地域医療に貢献しながら島生活を満喫♪

休日は島を満喫!

休日は島を満喫!

のんびりするのもよし、
車や船舶の免許を取るのもよし
離島で仕事がしたい!という人のなかには、

「島生活を満喫したい」
「離島でリフレッシュしたい」

などといった希望も多く、実際に島で車や船舶の免許を取ったりサーフィンを始めてみたり…と、島生活を楽しんでいる方もいらっしゃるようです。

休日に気分をリフレッシュして仕事のモチベーションを高める…魅力的ですね!!

実際に「離島応援ナース」に応募した人の声

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

離島での生活ってなんとなく想像はつくけど実際どうなんだろう?

ということで、離島で仕事をしている人の声を紹介します。
私は、離島医療に携わりたくて実家からも行き来しやすい大島を選択しました。

こちらの病院では、幅広い分野の知識を学ぶことができ、また、経験したことのない分野にも挑戦することで自信につながりました。

また、病院とは異なり、診療所なので限られた資源、スタッフの中で患者様を対応してきました。

そのため、責任感は強くなり、一人の患者様と密に関わることが出来ました。

プライベートではダイビングの免許取得、マラソン大会、地域のイベントに参加して島生活を満喫できます。
24 件