infy [インフィ]

【報告】第1,2回目の医療英語セミナーが開催されました!

【報告】第1,2回目の医療英語セミナーが開催されました!

記念すべき1回目の医療英語セミナーが開催されました。その様子をレポート させていただきます。

| 2,380views
お気に入り追加 0
2月12日、26日に開催された「医療英語セミナー」を、私たちinfy運営局がレポートさせていただきます!セミナーの雰囲気を知ってもらい、「次回は私も参加したい!」と皆さんに思ってい
ただければ幸いです。

医療英語セミナー

まずは、簡単に今回のセミナーの概要を説明します。
日本を観光で訪れたり、移住したりする外国人の数が増えているのにも関わらず、医療の現
場では、彼らを受け入れる体制ができていません。2020 年には東京オリンピックの開催も
あります。この流れを受けて医療の現場でも英語の必要性は急激に高まるといわれています。
そこで、英語を勉強するきっかけを作れれば、と思い医療英語セミナーを開催させて
いただきました!

講師として来て下さったのは、Belinda Jane(べリンダジェーン)さん。オーストラリア
最大の大学の1つでもある、QUT(クイーンズランド工科大学)で医学とビジネスマーケテ
ィングを学ばれておりました。当日は、なんと息子さんもお手伝いに来てくれました。

外国人から見た日本の医療現場

ベリンダさんが登場して、ついにセミナーがスタート!!とてもユーモアのある方で、1分
間に1回はジョークを言っていたように感じます(笑)

まずは、ベリンダさんが感じた日本の医療現場についてお話を聞かせていただきました。
ベリンダさんが日本に来た時、日本語は全く喋れないし、読み書きもできなかったそうです。
その時に困ったことが病院へ行く時。行った先の病院内には、英語を話せる日本人看護師も、
日本語を話せる外国人の看護師もおらず、曖昧な対応で治療が進んでいったそうです。自分
がベリンダさんの立場だったらとても不安ですよね。
オーストラリアの病院では、英語を話せない日本人のために日本語を話せるスタッフがい
たり、日本語クリニックというものがあるそうで、日本の医療現場がグローバル化の中で遅
れているようにベリンダさんは感じています。

どこの症状?ゲーム

その後もベリンダさんの講義は続き、参加者の皆さんが眠くなってきたかな?というとこ
ろでゲーム形式のグループワークに突入。

それぞれのグループのテーブルの上にはムーミン谷のミイが…!どこに症状があるかを英
語で言ってもらい、症状のあるミイの部位にシールを貼っていきます。英語で問題を出して
くれるのは、お手伝いに来てくれた息子の「カズマ」くん!!イケメンです!!

例えば「I have a rash on my back.」だとどこに症状があるでしょうか?またどんな症状で
しょうか?
この場合、問題のある部位は「背中」。症状は「発疹」です。みなさん分かりましたか?
このように、ゲームを通して英語でいろいろな症状を何て言うのかを楽しく学びました。ほ
~、へ~っていう声がよく聞こえてきました(笑)
私も、運営の立場を忘れて本気で解いていましたが、なかなか悲惨な結果に…。勉強します。
22 件

関連するまとめ

「実は英語が話せます」看護師が英会話の能力を活かして働く方法

「実は英語が話せます」看護師が英会話の能力を活かして働く方法

| 1,225views
【報告】ヨガ初心者向けレッスン@infyが開催されました!

【報告】ヨガ初心者向けレッスン@infyが開催されました!

| 415views
【3/18限定開催】将来に不安のある「看護師のためだけ」の大反響セミナーとは??

【3/18限定開催】将来に不安のある「看護師のためだけ」の大反響セミナーとは??

| 2,021views
【参加費無料】3年間で1,000名以上の女性が来場した、大人気のマネーセミナー! この度、看護師向けに3月18日(土)開催決定!

【参加費無料】3年間で1,000名以上の女性が来場した、大人気のマネーセミナー! この度、看護師向けに3月18日(土)開催決定!

| 855views
看護師としてスキルアップ!研修・セミナー当日のポイント3つ

看護師としてスキルアップ!研修・セミナー当日のポイント3つ

| 787views

このまとめのキーワード