infy [インフィ]

目指せ年収600万以上!看護師が年収を上げるには何が必要?

目指せ年収600万以上!看護師が年収を上げるには何が必要?

年収600万以上なんて無理と思っていませんか?年収600万の壁を破る方法をご紹介します。

| 203views
お気に入り追加 0
年収600万円以上と聞くと、普通は
師長や看護部長などの管理職が
もらえるお給料の額だと言われています。
でも、決して手が届かない額ではないんです。
年収600万以上を目指せる方法をご紹介します。

働く場所は公的な病院や大学病院などの大病院!

大学病院|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

一番てっとり早く年収を上げる方法といえば、
働く場所を変えることです。

平成27年の賃金構造基本統計調査では、
従業員が1000人以上の病院での
看護師の平均年収は509万円、
10人~99人の病院では441万円と、
70万円ほどの差がありました。

とはいえ、大病院でも1年目から
高額なお給料がもらえるわけではありません。
大病院でお給料が増えだすのは、
経年加算が増える5年目以降からだと
言われています。

大病院では経年加算が一般の法人の病院よりも
多いと言われていますが、管理職以外の看護師が
年収600万以上もらうためには、長い目で見て
継続して勤務することも必要です。
大学病院や公的な病院で20年以上勤務をすると、一般職員であっても経験加算などで年収が600万付近になることが結構あります。

夜勤手当が多くなる職場を選ぶ

都会の夜景|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

一般看護師が年収600万以上を稼ぐのは、
並大抵のことではありません。
夜勤のある職場と日勤のみの職場では、
平均年収は60万円近く変わってきます。
年収をアップしたければ、夜勤手当が
多い職場を選びましょう。

2006年から72時間ルールというものが
導入されて、夜勤の時間が
制限されるようになりましたが、
例外とされている部署もあります。
救命救急センター、ICU、認知症治療病棟、
緩和ケア病棟などです。

これらの部署で多く夜勤をこなせば、
年収600万以上も夢ではありません。
夜勤手当はほとんどの施設で支給されますが、実はその金額には差があります。施設によっては、深夜割増分と夜勤手当の両方を支払ったり、夜勤の回数が多い人や夜勤専従者には特別手当などを支払うことがあるんです!

資格を取得してスキルアップする

ファイルを持つ日本人OL26|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

専門的な資格を取得してスキルアップ
することで、年収を上げることもできます。

認定看護師や専門看護師の資格を
取得すれば、資格手当もつきますし、
転職する際には大きな武器にもなり、
条件の良い就職先を見つけることも
可能でしょう。

また、救急救命士や助産婦といった
資格を取得して、業務の幅を
広げるのもおススメです。

特に助産師の平均年収は530万円ほどと、
正看護師の平均年収よりも
50万円近く高くなっています。
病院の中でも大学病院や公的な病院、総合病院などでは、積極的に専門看護師や認定看護師を採用しています。
そして、専門分野の指導などを行う役割を担うことで、高収入を得ることになります。
管理職でなければ難しいと言われる
看護師の年収600万以上。
決して不可能ではありませんが、
コツコツと努力しなければ
たどりつけないようですね。

無理をしすぎず、体調に気を配りながら
頑張りましょう!
14 件

関連するまとめ

実際どうなの?男性看護師のメリット・デメリット

実際どうなの?男性看護師のメリット・デメリット

| 20views
【参加費無料】3年間で1,000名以上の女性が来場した、大人気のマネーセミナー! この度、看護師向けに3月18日(土)開催決定!

【参加費無料】3年間で1,000名以上の女性が来場した、大人気のマネーセミナー! この度、看護師向けに3月18日(土)開催決定!

| 66views
知らなきゃ損!看護師ができる在宅ワーク3選

知らなきゃ損!看護師ができる在宅ワーク3選

| 91views
老人ホームでの働き方ってどんな感じ?看護師の仕事内容

老人ホームでの働き方ってどんな感じ?看護師の仕事内容

| 90views
3/18(土) 看護師のキャリアについて考える日

3/18(土) 看護師のキャリアについて考える日

| 106views

このまとめのキーワード